Secret Messages

日記 | ニュース | グルメ | ラーメン | こだわり
ドラマ | 映画 | 紀行 | IT | ピックアップ

うまかもん九州ラーメン(厚木戸田)

仕事の後、所用のため車で海老名まで出た。
連れとふたりで、ラーメンでもということになった。
近辺の地理には明るいはずもなく、おのずと新規開拓を目指すことに。
めったに来る土地ではないので、一期一会の精神で挑むことになる。

どこをどう走ったのかはうろ覚えだが、気がつくと厚木に入っていた。
時間は午前3時近くになっていた。
通りがかりに開いているラーメン屋は見当たらない。
このままでは食いっぱぐれてしまう。
その場の雰囲気は、見つけたら即突入という緊迫感に支配されつつあった。

不意に道路の両端にトラックの路上駐車車両が多い場所に出た。
どうやら工業団地に入り込んでしまったらしい。
突然助手席の連れが叫んだ。
「あれは!」
トラックの陰の向こうに赤い看板が見え隠れしていた。
ラーメン屋だ。
しかも九州ラーメンとある。

いったん通り過ぎてからUターンして戻る。
どうやら24時間営業のようだ。
ちょうど車が1台出ていくところだった。
空いた店前の駐車スペースに車を滑り込ませる。
外壁にいきなり品書きが張られていた。
「とんこつラーメン」
「味噌ラーメン」
「スタミナラーメン」
なんでもありか?
ちょっと雲行きが怪しい。
連れは他を当たりたかったらしいが意思の疎通がうまく諮れず、勢いで入店。

足を踏み入れた瞬間、臨戦態勢がとられた。
いざというときのための心構えができたということだ。
メニューはなかなか豊富だ。
チャーハンや餃子、水餃子に炒め物もある。
ラーメンの味もひととおり揃っている。
ふつうどこの店にも中核となるお薦め商品があるはずなのだが、どうも的を絞りきれない。
店内には大きな水槽がふたつあって、中では何十匹もの金魚が所狭しと泳いでいる。
結局、鴨ネギ中華そば(900円)を注文。

トラックの運転手や工場関係のひとたちだろうか?
結構客の出入りは多い。
期待感とは別の感情が胸を高鳴らせていた。
山と積まれたマンガ雑誌や座敷と大テーブルに分かれた場末感が、形容しがたい感情を本能的に察知していた。

出てきて驚いたのは、中華そばというわりには色のついたスープであった。
飲んでみるとそれは、しょうゆでも鶏がらでもなく、どこにでもあるような薄口のとんこつスープであった。
麺は鹹水を含んだ細麺。
この辺りが九州ラーメンの名を掲げる所以か。
具は、のり、鴨肉6枚、青ネギ、白ネギ、底深くに沈んだ味付けゆで玉子など。

総括すれば、全体的には平均レベルなのだろう。
ひとつひとつの食材を活かすためにも、もう少しスープに気を配ってほしいところ。

スタミナラーメンを頼んだ連れの苦々しい顔と、一向に減らないどんぶりの中身が、印象的。

国道129号と県道22号の交差する戸田交差点を西に進み、厚木流通団地にさしかかる辺り右手。
24時間営業。
ただし日曜日の5:00~11:00は休み。
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

 

PIECE

tokufan

管理者 : tokufan
ウイスキーをちびちびと
プロフィール
過去のトップイメージ
管理者ページ
バナー
© 2002- TOKUFAN

Since 2002/04/10

新着記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

リコメンド

流通ニュース
上野優華 オフィシャルサイト
熊木杏里's Official Website
虚構新聞社
こよなく夜景を愛する人へ
サイエンス チャンネル
全国ロケ地ガイド
ソフトコレクション
ちょっと便利帳
東京アメッシュ
日本映画データベース
日本道路交通情報センター
日本標準時
Creazy!
everything is gone
iタウンページ
OnlineSoft VersionUp.info
PICASSO SITE
sunset terminal

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Template by たけやん