Secret Messages

日記 | ニュース | グルメ | ラーメン | こだわり
ドラマ | 映画 | 紀行 | IT | ピックアップ

ブックカバー

ちょっと前のことだが、文庫判のブックカバーを購入した。
本皮のやつが欲しいなと思っていたのだが、本の厚みに対して融通が利かないらしいことが判明。
仕方なく合成皮革のもので妥協した。

実際に読んでる文庫本に装着。
持った手触りも悪くはない。
600円くらいだったが、しばらくは使ってみようと思っている。

外に持ち歩く本の体裁は、ひとによって様々だ。

  • 書店のカバーを掛ける(カバーにカバー)
  • 売っている状態のまま(小細工不要)
  • 表紙を外した剥き出し状態(裸一貫)
  • 表紙を裏返して掛ける(乙女の恥じらい)
  • 市販のブックカバーを掛ける(大人になったら……)

学生の頃まではカバーにカバーが基本であった。
しかしこれだと古本で買ったものの対処に困る。
書店のカバーをストックしておくのも億劫だ。
それ以後は裸一貫方式を採ることが多かった。

裸一貫方式の利点は、本のタイトルが周りから一見して判りにくいというのがひとつ。
電車内で読むことが多いので、これは大事。
やっぱりちょっと小っ恥ずかしいしね。
装幀家には申し訳ないが……。
もうひとつは表紙が痛まないという点。
それほど神経質にこだわっている訳ではないが、できれば読んだ後もきれいな状態のままで保管したい。

それなら裸一貫方式でいいのではないか?
なぜ突然文庫カバーなど買ったのか?

じつは高校生の頃にもカバーを使っていたことがある。
岩波文庫の表紙の返し部分のマークを10枚集めて貰ったものだ。
送られてきたのは深緑色をした皮革調のもので、おそらくはビニール製品だろう。
しかしこれもなかなか手触りが良く、手にしっくり馴染んで扱いやすいものだった。

なんとなく大人っぽい調度品が自分の生活に突然飛び込んできて、どぎまぎとさせられたものだ。
文庫本にそいつを掛けて外に持ち歩くのが、少し嬉しくて少し恥ずかしかったのを覚えている。
そしていつのまにか遊び飽きたおもちゃのように、どこかへいってしまった。

あの頃に比べたら、自分もずいぶん歳だけはとった。
けれども、大人の持ち物に堪え得る人間になれているだろうか?
自問自答。

読んでいるのは偏狭な好み丸出しの小説ばかりだ。
読書という行為自体に憧れを感じていた初心に戻ってみたくなった。
文庫カバーを購入した。
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

 

PIECE

tokufan

管理者 : tokufan
ウイスキーをちびちびと
プロフィール
過去のトップイメージ
管理者ページ
バナー
© 2002- TOKUFAN

Since 2002/04/10

新着記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

リコメンド

流通ニュース
上野優華 オフィシャルサイト
熊木杏里's Official Website
虚構新聞社
こよなく夜景を愛する人へ
サイエンス チャンネル
全国ロケ地ガイド
ソフトコレクション
ちょっと便利帳
東京アメッシュ
日本映画データベース
日本道路交通情報センター
日本標準時
Creazy!
everything is gone
iタウンページ
OnlineSoft VersionUp.info
PICASSO SITE
sunset terminal

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2Ad

Template by たけやん