Secret Messages

日記 | ニュース | グルメ | ラーメン | こだわり
ドラマ | 映画 | 紀行 | IT | ピックアップ

ビクター ハイビジョン液晶テレビ「EXE」

日記の更新が滞りがちだが、特別な理由はまったくない。
ただ単に忙しいだけだ。

購入からまもなく丸4年になる愛用のPCは、いまだにたいした不具合もなくちゃんと動いてくれているが、さすがに時代との隔たりを感じるようになった。
DVD±Rドライブが欲しくていろいろ調べていたのだが、アイ・オー・データの製品はWindows98SEに対応していないときたもんだ。
MEが良くてSEがダメとは……。
コロコロとWindowsを着せ替えてくるマイクロソフトが恨めしい。

そろそろ本格的にPC本体の買い換えを考えるときが来たのかな?

2週間ほど前、家のリビングに新しい顔がやってきた。
BS・110度CS対応デジタルハイビジョン液晶テレビだ。
ビクターの「EXE」シリーズで26V型。

CSには加入していないが、BSデジタルだけでも結構見ごたえがある。
ふだんあまりテレビを見ないからなおさらだ。
ハイビジョン映像はやはり文句の付け所がない美しさ。

もちろん自分で買ったわけではないが、多少の下調べは手伝い、若干のアドバイスはしておいた。
たしかに液晶パネルの技術は格段に進歩している。
一昔前の、ちょっと角度を変えただけでまともに見られなくなる液晶とは別物だ。
明るさや発色もかなりブラウン管(CRT)に近づいたと言っていいだろう。

40インチを越えるディスプレイならプラズマと言われるが、早くあらゆる面において、プラズマと液晶(もしくは有機EL)がブラウン管を凌いで欲しいと思う。
ブラウン管の技術的な完成度の高さに敬意を払って。

ちなみに赤いドット抜けをひとつ発見。
近くで凝視しなけりゃ見つけられないレベルですけど。
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

 

PIECE

tokufan

管理者 : tokufan
ウイスキーをちびちびと
プロフィール
過去のトップイメージ
管理者ページ
バナー
© 2002- TOKUFAN

Since 2002/04/10

新着記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

リコメンド

流通ニュース
上野優華 オフィシャルサイト
熊木杏里's Official Website
虚構新聞社
こよなく夜景を愛する人へ
サイエンス チャンネル
全国ロケ地ガイド
ソフトコレクション
ちょっと便利帳
東京アメッシュ
日本映画データベース
日本道路交通情報センター
日本標準時
Creazy!
everything is gone
iタウンページ
OnlineSoft VersionUp.info
PICASSO SITE
sunset terminal

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Template by たけやん