Secret Messages

日記 | ニュース | グルメ | ラーメン | こだわり
ドラマ | 映画 | 紀行 | IT | ピックアップ

熊木杏里×ユニクロ

寒いのはかなり嫌いなので、冬場は結構厚着をする。
ここ数年はモンベルのジオライン(ZEO-LINE)というハイテク素材の恩恵を被っていて、だいぶ楽になっていた。
加えて今年は同じくモンベルのU.L.ダウンインナージャケットを導入したので、もう2月の寒さもおそるるに足らずだ。

しかしいずれにしても下半身への配慮が足りなかったことに気付かされた。
熊木さんの歌声とともに流れるユニクロのヒートテックインナーのCMのおかげである。

「吐く~、息よりも白~く」というフレーズで始まり、若い世代へババシャツやももひきの素晴らしさを訴えるユニクロのイメージ戦略はさすがに影響力がありそうだ。
麻生久美子と松田龍平のバージョンがあって、男女の隔てなく下着から暖まろうという主旨はストレートだが、見せ方がなかなかうまい。

UNIQLO ヒートテックインナー 冬のテラス篇 麻生久美子 大森南朋


UNIQLO ヒートテックインナー 雪の駅編 松田龍平


私自身どんなに寒くてもももひきに手を出そうと思ったことはなかったが、ユニクロのおかげで敷居が低くなったことは認めざるを得ない。
でも流行りものに飛びつくのが嫌な天の邪鬼な性格と、脛まである丈の長いのにもやっぱり抵抗があった。
パンツは絶対BVDというポリシーも変える気になれなかったのでその筋で探したところ、お誂え向きのを見つけてしまった(クリック注意!! モデル付きパンツ画像)

膝上までのスパッツに妥協点を見つけ、保温効果も得られるという。
さっそく履いてみたが、たしかにこれは快適だった。
綿100%の生地でペラペラのトランクスに比べたら雲泥の差がある。
何よりも、締め付けるほどでもなく適度に肌に密着することが冷気の侵入を防ぐ上でいかに重要であるかを知った。

初めて履いた日、寒い夜空に飛び出した時の感覚は想像以上だった。
これはじつに「ありえるわぁ」と呟く心の声が、しばらくのあいだ「密かに」やまなかった。
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

 

PIECE

tokufan

管理者 : tokufan
ウイスキーをちびちびと
プロフィール
過去のトップイメージ
管理者ページ
バナー
© 2002- TOKUFAN

Since 2002/04/10

新着記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

リコメンド

流通ニュース
上野優華 オフィシャルサイト
熊木杏里's Official Website
虚構新聞社
こよなく夜景を愛する人へ
サイエンス チャンネル
全国ロケ地ガイド
ソフトコレクション
ちょっと便利帳
東京アメッシュ
日本映画データベース
日本道路交通情報センター
日本標準時
Creazy!
everything is gone
iタウンページ
OnlineSoft VersionUp.info
PICASSO SITE
sunset terminal

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Template by たけやん