Secret Messages

日記 | ニュース | グルメ | ラーメン | こだわり
ドラマ | 映画 | 紀行 | IT | ピックアップ

日清紡績 コットンフィール

突然ではあるが、ティッシュペーパーは生活に欠かせないものである。

鼻をかむ。
メガネを拭く。
汚れを拭き取る。

あまり使わないというひともいるようだが、自分の人生とは切っても切れない深い絆で結ばれている。
幼いころからアレルギー性鼻炎に悩まされてきたので、これまでに使用してきた量も平均よりははるかに多いはずだ。

基本的に自分で銘柄を選んで買うことはほとんどないが、通常購入される価格帯のティッシュのなかでは、クレシアのクリネックスがほどよい質感で安心できる。
ティッシュというのは、やわらかければいいというわけではない。
すぐに破けてしまっては使い物にならないし、かといってかたくては肌に負担がかかる。
薄すぎたり、厚すぎてもいけない。
製品としてこのあたりのバランスがいちばんいいと感じるのがクリネックスというわけだ。

しかし花粉症の時期ともなると話は別だ。
今年こそ花粉の飛散量が極端に少なくて、かなりの軽症で済んだものの、この猛暑で来春はきっと大変なことになるだろう。
1年のうちの数ヶ月の間、破滅的に起こる鼻炎に対しては万全に迎え撃つ態勢を整えていたい。
だから普段から使ってはいないけれども、あまりに使用量が増えるときには、多少高価でも高級ティッシュを使うことになるのである。

各社からさまざまな高級ティッシュが出ている。
最近は保湿タイプのものや、3枚重ね、アロエエキスを配合したものまで出ている。
ただ個人的に保湿タイプはどうもなじめない。
なんとなくベタ付く感じがして、サラッとしたやさしさが感じられない。
メガネなんかを拭くのにも適していないと思う。
銘柄指定でいちばん買いやすいのは、クレシアのスコッティカシミヤだろう。
これはたしかによくできたティッシュで、とくに大きな不満はないのだが、いちばん好きな高級ティッシュといえば日清紡績のコットンフィールだ。

クリネックスよりは若干厚手だが、鼻炎のひどいときにはこれがなんとも頼もしい。
やわらかさ、肌触り、2組重ねても手中に感じるたしかな感触。
春先になると活気付くこの業界の中で、何年も前から変わらない品質を保ち続けているコットンフィールには、小手先の珍しさで次々と現れる無数の高級ティッシュのなかにあって、その存在感はかけがえのないものである。

昔からコットンフィールが好きだったことは紛れもない事実である。
しかし、何で突然こんなことを言い出したのかということと、最近この製品のCMに出ている娘とはなんら関係はないので気にしないでください。
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

 

PIECE

tokufan

管理者 : tokufan
ウイスキーをちびちびと
プロフィール
過去のトップイメージ
管理者ページ
バナー
© 2002- TOKUFAN

Since 2002/04/10

新着記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

リコメンド

流通ニュース
上野優華 オフィシャルサイト
熊木杏里's Official Website
虚構新聞社
こよなく夜景を愛する人へ
サイエンス チャンネル
全国ロケ地ガイド
ソフトコレクション
ちょっと便利帳
東京アメッシュ
日本映画データベース
日本道路交通情報センター
日本標準時
Creazy!
everything is gone
iタウンページ
OnlineSoft VersionUp.info
PICASSO SITE
sunset terminal

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Template by たけやん