Secret Messages

日記 | ニュース | グルメ | ラーメン | こだわり
ドラマ | 映画 | 紀行 | IT | ピックアップ

交渉人 真下正義

仕事を終えて職場を出ると、どうにも中途半端な時間である。
せっかくの休みであるが、買い物に行けるような時間でもなく、その上電車が込みだす時間である。

同僚とご飯でも食べていこうかという話も出たが、ラーメン屋が開いているわけもなく、かといって牛丼にも飽きてきていたので、きた通路入り口ですったもんだ。
結局きょうのところはそのまま電車に乗って帰ることになった。

2分差で連続する各駅停車の2本目に乗ったので、すぐに座ることができた。
あまりの眠さに同僚のことを忘れて眠りに落ちる。
かろうじて先に降りる彼を見送ることはできた。

次に目が覚めたときには新逗子に着いていた。
久しぶりである。
決まりが悪いので、意味もなく降りて別の車両に乗りなおす。
あたかもここから乗りましたという風に。

短時間とはいえ熟睡したので、さっぱりした気分だ。
金沢八景に戻って下り電車に乗り換えると、結構いい時間になっていた。
平日でもあるし、タイミングもよいので、このまま映画を見に行くことにした。
『交渉人 真下正義』である。

1998年 『踊る大捜査線 THE MOVIE』
2003年 『踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』

映画館へ足を運んだ直近の2作品がこれだから、ここ7年で3回目となる。
織田裕二、深津絵里といったメインキャストの出てこないスピンオフ・ムービーだという。
簡単に言えば本編とは一線を画した派生映画と言うことである。

予告編がうまくできていて面白そうだなとは思っていたが、前売り券を買っているわけではないので、正直1,800円は高いよなあと二の足を踏む気持ちはあった。
テレビシリーズからスペシャル版、2本の映画版と、出ているDVDをすべて持っているわけだから、やっぱり『交渉人 真下正義』もDVDで発売されれば買ってしまうだろう。
それがおそらく4,000円台くらいだから、DVD価格のほぼ半分が映画館で1回見るためにかかってしまうわけである。

でも昔から何となくユースケ・サンタマリアには親しみを感じていたので、彼の初主演映画を祝福する意味でも見に行ってあげようかなとは思っていた。

しかしこれが、予想以上に楽しめる映画に仕上がっていた。
クリスマスイブの東京とその地下を舞台にテンポ良く進むストーリーとセンスのある映像。
部分的にはありえないだろうという設定があったり、腑に落ちないシーンがないわけではないが、見ようかどうしようか迷っていたことなんかすっかり忘れて、最後まで飽きずに楽しむことができた。
好き勝手なことを言わせてもらえば、『THE MOVIE2』より好きな部類に入るといってもいい。

中学生のころ以降、映画館に見にいったら必ずパンフレットを購入していたのだが、とうとうその個人的しきたりを止めてみた。
インターネット全盛の時代にあの程度の情報に600円とかをいちいち払うのも馬鹿らしいし、その映画を見た証しにしては高すぎる。
それほど気に入ったのなら、DVDを買ってしまうほうがはるかに建設的だ。

ちなみに上映時間を確認したくて映画館の携帯サイトを見ていたら、割引クーポンを発見。
200円OFFで見ることができた。
探してみるものだ。

しかしこれで、ことしはもう1本見にいくことが確定した。
『容疑者 室井慎次』の公開は8月27日だそうだ。
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

 

PIECE

tokufan

管理者 : tokufan
ウイスキーをちびちびと
プロフィール
過去のトップイメージ
管理者ページ
バナー
© 2002- TOKUFAN

Since 2002/04/10

新着記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

リコメンド

流通ニュース
上野優華 オフィシャルサイト
熊木杏里's Official Website
虚構新聞社
こよなく夜景を愛する人へ
サイエンス チャンネル
全国ロケ地ガイド
ソフトコレクション
ちょっと便利帳
東京アメッシュ
日本映画データベース
日本道路交通情報センター
日本標準時
Creazy!
everything is gone
iタウンページ
OnlineSoft VersionUp.info
PICASSO SITE
sunset terminal

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Template by たけやん