Secret Messages

日記 | ニュース | グルメ | ラーメン | こだわり
ドラマ | 映画 | 紀行 | IT | ピックアップ

『宇宙戦争』予告編

先日『交渉人 真下正義』を見に行ったとき、何本か流れた予告編のなかのひとつが『宇宙戦争』だった。
そのなかで入るナレーションの一文にこんなものがあった。

「地球最後の戦争は、人類が起こしたものではない。」

最初このフレーズを耳にしたとき、違和感を感じた。
「地球最後の戦争は、人類が起こしたものではなかった。」とするのが自然のような気がしたからだ。

映画の予告編やテレビCMというのは、これまでにたくさん見てきている。
そのなかに印象的なコピーや映像が使われることが多いのは当然だが、こういう感覚は初めてだ。

予告編という立場ならば、「人類が起こしたものではなかった」と多少は大仰な表現になるのがふつうだ。
無意識に予想していたはずの言葉尻を、ここでは見事に裏切られてしまったわけだ。
尻つぼみとも思える形で「人類が起こしたものではない」と言い切ることで、結果的には余計耳に残る言葉になってしまったのである。

さてどんな映画に仕上がっているのだろうか。
映画館へ行くかどうかは別として、見てみたい作品のひとつに急浮上したのは間違いない。
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

 

PIECE

tokufan

管理者 : tokufan
ウイスキーをちびちびと
プロフィール
過去のトップイメージ
管理者ページ
バナー
© 2002- TOKUFAN

Since 2002/04/10

新着記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

リコメンド

流通ニュース
上野優華 オフィシャルサイト
熊木杏里's Official Website
虚構新聞社
こよなく夜景を愛する人へ
サイエンス チャンネル
全国ロケ地ガイド
ソフトコレクション
ちょっと便利帳
東京アメッシュ
日本映画データベース
日本道路交通情報センター
日本標準時
Creazy!
everything is gone
iタウンページ
OnlineSoft VersionUp.info
PICASSO SITE
sunset terminal

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Template by たけやん