Secret Messages

日記 | ニュース | グルメ | ラーメン | こだわり
ドラマ | 映画 | 紀行 | IT | ピックアップ

風のハルカ

10月から始まった朝ドラがなかなかおもしろい。
前作『ファイト』もよかったが、新作『風のハルカ』もなかなかの滑りだしである。

月曜から土曜まで毎日放送しているドラマなので、さすがに1回も見逃さずに見られるわけではないが、見られる限りはできるだけ見るというスタンスはいままでと変わりない。

朝ドラは、昼の再放送などもあるが、基本的には朝のNHKの番組なので元気でさわやかという既定路線がある。
またオーディションを経て起用される若手女優が主人公の場合がほとんどで、物語の核に演技の未熟な俳優が多い傾向もある。

こうした点からはなから敬遠しているひとも多いかもしれない。
でもその辺りは温かい目で見守ってあげると、これが結構楽しく見られるのである。

『風のハルカ』の主人公ハルカは、幼少時を大阪で過ごしたが9歳のときに父親と妹とともに大分県湯布院に移り住んでくる。
短大卒業後、妹の学費を稼ぐために父とは離婚した母親のいる大阪へふたたび出てくることになる。

このハルカの喋り方がなんかいい。

「なんちゃそれ」
「なんね」
「だっちゃ」
「なんち」
「くれるっち」

語尾が、「~だっちゃ」とか「~なんちゃ」とか言うのだ。
当然ラムちゃんを思い出したが、本気でこういう喋り方をしていくらしい。

どうやらこれが湯布院、というか大分辺りの方言のようなのである。
女の子が使うとなんかいいねこれ。

貧乏で能天気なキャラクターもあるが、台詞回しがマンガチックで全体的にコミカルな作りになっている。
シリアスなシーンももちろんあるが、いまのレベルで脚本が進んでくれれば大いに期待できそうだ。

余談だが、母親の恋人役の別所哲也がはちきれていい味を出している。
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

 

PIECE

tokufan

管理者 : tokufan
ウイスキーをちびちびと
プロフィール
過去のトップイメージ
管理者ページ
バナー
© 2002- TOKUFAN

Since 2002/04/10

新着記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

リコメンド

流通ニュース
上野優華 オフィシャルサイト
熊木杏里's Official Website
虚構新聞社
こよなく夜景を愛する人へ
サイエンス チャンネル
全国ロケ地ガイド
ソフトコレクション
ちょっと便利帳
東京アメッシュ
日本映画データベース
日本道路交通情報センター
日本標準時
Creazy!
everything is gone
iタウンページ
OnlineSoft VersionUp.info
PICASSO SITE
sunset terminal

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Template by たけやん