Secret Messages

日記 | ニュース | グルメ | ラーメン | こだわり
ドラマ | 映画 | 紀行 | IT | ピックアップ

靴のヒカリ

最近は雨の降る日も多い。
このまま雨が染み込む靴しかないというのも困りものだ。
そこで最終手段をとることにした。

靴のヒカリ
電車の車内広告でおなじみのビッグサイズ専門店だ。
川崎に本店があって、「大きな男の大きな靴」というキャッチフレーズは目にしたことがあるひとも多いだろう。

一度行ってみたいなとは思っていたのだが、とうとうその日が来たという感じだ。
仕事が遅くまでかかり、まっすぐ向かってももう開店している時間だ。
川崎駅から見てチネチッタの少し先に店があるので、京急よりはJRで行くほうがよさそうだ。
しかも横浜~川崎は210円で、京急の横浜~京急川崎より10円安い。
たまにJRに乗ると、自動改札をタッチ&ゴーで通過していくひとの多さに驚く。
「杉田家」に行くときなどに使うこともあるし、自分もSuicaを買おうかと思ってしまう。

靴のヒカリ川崎本店は、スニーカー館とビジネス&カジュアル館に分かれている。
スニーカーも欲しいのだが、きょうのところは革靴に狙いを絞る。
店内には28cmや29cm、30cmオーバーの靴が整然と並んでいる。
思わず涎を垂らしそうになるが、よく考えると30cmの靴にはさすがに用がない。
落ち着きを取り戻しつつ、店内を物色。

店の奥がビジネスシューズで、手前がカジュアルシューズのコーナーになっている。
さらに大まかな種類ごとに分かれたうえでサイズごとに陳列されている。
たとえば28cmの什器の前に行けば、そこにあるものはすべて28cmの靴だ。
上段は24cmからはじまって、最下段にやっと27cmが並ぶということではない。
当たり前に思えるが、これはすごいことだ。
まさに選り取りみどり。

特徴的なのは、店内に箱入りの在庫が見当たらないこと。
もちろん倉庫がないわけではないだろうが、基本的にはすべての靴が容易に試し履きできる状態にあるのだ。
これはありがたい。
床置きの箱入り在庫の中から目的のモデルの目的のサイズの箱を探し出すという必要がない。
店員の手を煩わすこともなく、心行くまで靴選びに没頭できる。
さらに店員は積極的に客に近づいてくることもないし、背後に張り付いて離れないというのでもない。
適当に自分の仕事をしていてくれる。
もちろん何か聞きたいことがあれば答えてくれるだろうが、こんなふうに勝手に見させてくれるというのはありがたい。
これだけの数の靴があっても、やっぱり靴選びというのは時間がかかるものだ。
自由に好きなだけ選んでいられる環境というのは本当にありがたい。

結局28cmで4Eの黒い革靴を購入。
こんどはスニーカーを買いに来よう。
そう心に誓って店を後にしたのだった。
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

 

PIECE

tokufan

管理者 : tokufan
ウイスキーをちびちびと
プロフィール
過去のトップイメージ
管理者ページ
バナー
© 2002- TOKUFAN

Since 2002/04/10

新着記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

リコメンド

流通ニュース
上野優華 オフィシャルサイト
熊木杏里's Official Website
虚構新聞社
こよなく夜景を愛する人へ
サイエンス チャンネル
全国ロケ地ガイド
ソフトコレクション
ちょっと便利帳
東京アメッシュ
日本映画データベース
日本道路交通情報センター
日本標準時
Creazy!
everything is gone
iタウンページ
OnlineSoft VersionUp.info
PICASSO SITE
sunset terminal

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Template by たけやん