Secret Messages

日記 | ニュース | グルメ | ラーメン | こだわり
ドラマ | 映画 | 紀行 | IT | ピックアップ

ワールド・ベースボール・クラシック前夜

今年3月に初めて開催される野球の国別対抗戦、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)へ向けて、やっと日本の布陣が整った。

イチローや松坂大輔のように当初から前向きに参加を表明していた選手もいれば、松井秀喜や井口資仁のように結局参加を辞退した選手もいる。

初の開催であり、まだまだ問題点も多く残されている大会だ。
選手個人や所属チームの都合もあり各国ともベストとは言えないメンバーで臨むことになる。
開催時期や、投手の投球数制限など今後への問題は山積している。
むしろ真の課題は、大会が終了した後にいくつも湧き出てくることだろう。
だから今回辞退した選手を非難することはできないというのが実情だ。

メジャーリーグ主導で立ち上げられた大会であることに、様々な軋轢もあるだろう。
それでも、名実ともにベースボールの本場であるメジャーが音頭を取ったからこそ開催にこぎつけることができたとも言える。

とにかく私は、楽しみにしたいと思う。
参加資格に条件の付くオリンピックとは異なり、その国を代表する一流選手同士がぶつかり合い世界一を決めるのだから、ファンならば見てみたいと思うのが心情だ。
ファンは――少なくとも私は、ずっとこんな大会を待ち望んでいた。

サッカーのワールドカップを見ても分かるように、国対国の戦いには独特の面白さがある。
それが選手に無用なプレッシャーをかけてしまっては元も子もないが、プロフェッショナルばかりの試合の数々にファンの熱い視線が集まるのは致し方のないことだろう。

いままでこういう場が設けられていなかった以上、まず開催にこぎつけられたことは評価したい。
大会の価値はこれから高めていけばよい。
まず開催ありきである。

いつの日か、選手にも所属球団にとってもこの大会で活躍することが目標となってくれれば、ファンにとってはさらに楽しみが増すことになるであろう。

ワールドベースボールクラシック (MAJOR.JP)
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

 

PIECE

tokufan

管理者 : tokufan
ウイスキーをちびちびと
プロフィール
過去のトップイメージ
管理者ページ
バナー
© 2002- TOKUFAN

Since 2002/04/10

新着記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

リコメンド

流通ニュース
上野優華 オフィシャルサイト
熊木杏里's Official Website
虚構新聞社
こよなく夜景を愛する人へ
サイエンス チャンネル
全国ロケ地ガイド
ソフトコレクション
ちょっと便利帳
東京アメッシュ
日本映画データベース
日本道路交通情報センター
日本標準時
Creazy!
everything is gone
iタウンページ
OnlineSoft VersionUp.info
PICASSO SITE
sunset terminal

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Template by たけやん