Secret Messages

日記 | ニュース | グルメ | ラーメン | こだわり
ドラマ | 映画 | 紀行 | IT | ピックアップ

文庫カバーと背表紙

会社の同僚のひとりは、昔から文庫本には必ずある特定の書店のブックカバーを被せなくては気が済まないのだという。
カバー自体は「大事な本を日焼けなどから守るために付けている」というから、至極まっとうだ。

しかしそれだけでは飽き足らず、本棚にそうした文庫本が並ぶときてんでバラバラなカバーでは許せなくなり、もっともよく利用する書店のものに統一することにしたのだという。
以後彼は、新刊を購入するときには必ずこの決まった書店のチェーンへ通い詰めることになる。
ときにはレジで、カバーを余分に下さいとお願いすることもあるという。

これはかなり極端な一例ではあるが、やはり本が好きなひとは本棚に並んだときの見栄えを多少なりとも気にするようである。

書店において文庫本というのは、まず出版社別に什器を分け、その中で著者順に並べるというのが一般的なようだ。
そんな中でも、ときには完全なる著者順で並べている書店に出くわすことがある。
ある著者の棚には、新潮文庫から講談社文庫、角川文庫などなどが一纏めにされている。
次の著者の棚にも、各出版社の文庫が纏まっている。
欲しい著者が決まっているならば、たしかにこのほうが目的の本は探しやすいかもしれない。
しかしこうした並べ方をされた本棚は、見た目にはどうしようもなく乱雑に見えるものだ。

文庫本の背表紙は、各出版社ごとに統一されたデザインを持っている。
だから例えば新潮文庫だけが並んだ棚は、なかなかきれいに見える。
もちろん著者ごとにカラーも統一されているので、こだわりとそれなりの蔵書量を持っていればそれは壮観な眺めに違いない。

そこでもしもある日突然に、出版社側がデザインを変更したらどうなるであろう。
出版社別に纏めていればそれだけで一定の統一感を持っていた本棚は、混乱の渦に巻き込まれる。
同じ出版社で同じ著者の文庫本なのに、隣に並べても整然としないのではたまったものではない。

だからほとんどの出版社の文庫本は、デザインを大きく変更することはめったにない。
角川文庫が少し前に一新したが、私は幸いにもたいした実害を被らなかったし、いまではすっかり入れ替わってしまっている。

しかし私がわりと好きで読み続けている松岡圭祐の「催眠」や「千里眼」シリーズを出版している小学館文庫が数年前にこれをやってしまった。
色合いは似通ったままであるが、著者名と書名の配置がまったく逆になってしまった。
あわせて紙質も光沢のないものに変わり、経年変化で汚れが目立ちやすくなってしまった。
これはいったいどうしたことか。
消費者を置き去りにした勝手なリニューアルで誰がどんな利益を得たのであろうか。

自慢の本棚?

文庫本の中ではかなり後発であり、1997年に創刊されたばかりである。
それがほんの数年で文庫本のいちばん大事なところに手を加えてしまった。
もちろん書店でも、小学館文庫は大変なことになっている現状がある。
如何ともし難いこの事態に、どこに救いを求めればよいのか。

書店のカバーをかけることに統一感を見出したとしても、私には透視能力はないので検索性が著しく低下してしまう。
こんなとき買う側の立場はなんと弱いのだろうか。
迷える子羊を誰か助けてくださいな。
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

 

PIECE

tokufan

管理者 : tokufan
ウイスキーをちびちびと
プロフィール
過去のトップイメージ
管理者ページ
バナー
© 2002- TOKUFAN

Since 2002/04/10

新着記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

リコメンド

流通ニュース
上野優華 オフィシャルサイト
熊木杏里's Official Website
虚構新聞社
こよなく夜景を愛する人へ
サイエンス チャンネル
全国ロケ地ガイド
ソフトコレクション
ちょっと便利帳
東京アメッシュ
日本映画データベース
日本道路交通情報センター
日本標準時
Creazy!
everything is gone
iタウンページ
OnlineSoft VersionUp.info
PICASSO SITE
sunset terminal

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Template by たけやん