Secret Messages

日記 | ニュース | グルメ | ラーメン | こだわり
ドラマ | 映画 | 紀行 | IT | ピックアップ

CDケースよもやま話

最近はCDの音楽データをPCに取り込む作業で忙しい。
所有している200枚以上のCDはあらかた取り込んでしまったのだが、こうなると昔売り払ってしまったため手元に残っていないCDに未練を感じてしまうのだ。

まことにバカらしいことではあるが、そんななかでもほどほどに聴いていた何枚かのCDを中古で買い戻したりしている。
場所をとって仕方なかったから売ったのに、これでは元の木阿弥というやつだ。

iTunesでのシャッフル再生の楽しさに取り憑かれると、とにかくミュージック・ライブラリの充実を図ることがこのうえないしあわせとなる。
所蔵曲数が増えれば増えるほど、偶然に再生される曲のインパクトはより強くなる気がするからだ。
それは結局、かつて持っていたCDだけではなく、純粋に中古CDを買ったりレンタルしてくる頻度が増えることを意味する。
もちろん新品を定価で買ってもいいのだが、安い値段なら、ちょっと聴いてみようかな程度にしか興味のなかったアーティストにも入り込みやすくなるからだ。

そんなわけで中古CDを買う機会が増えているのだが、安く買ってきたCDのケースというのは割れたり汚れたりしていることが多い。
これは中古だから仕方のないことである。
そんなときはCDケースを取り替えればいいだけだ。

替えのCDケースはCDショップやホームセンターなどでも売っているし、最近ではCD-RやDVD-Rを買えば勝手に付いてくる。
スリム型では市販の音楽タイトルの替えには使えないが、通常の12cmディスク用のジュエルケースなら基本的な規格は同じだ。
なかに入っている歌詞カードとバックインレイ(トレイカード)を取り替えるだけで、いかにも中古だったはずのCDは新品のように生まれ変わるのだ。
これは結構気分のいいものなのである。

[参考] プラケースの分解方法 (music supply shop)

ただし気をつけないといけないのが、トレイの隅に「COMPACT disc」とか「DVD」と書かれている点だ。
細かいことだが、CDの替えにDVDケースを使うと、もし万一CDを売ろうとしたときにケースを替えたことがばれてしまう可能性がある。
それが査定にどのような影響を与えるかは分からないが、CDとDVDで違いがあることは覚えておきたい。

もうひとつ付け加えておきたいのは、CD-RやDVD-Rといったメディアに付いてくるケースはトレイの部分も含めて完全に透明なケースであることがほとんどだということ。
市販のタイトルも最近はクリア(透明)ケースが大多数だが、一昔前のCDを中古で買ってくるとトレイが白のものや黒のものが当たり前のように存在する。
CDが出始めた頃にはまだクリアケースは出回っていなかったのだから、これは当然だといえる。

つまりトレイが白や黒の場合は自分で買ってこなくてはいけない。
まれに周辺機器やソフトウェアを購入したときにドライバやインストール用CDの入っているケースが白トレイだったりすることはあるのだが。

前置きが長くなったが、きのう仕入れてきた中古CDのなかに白トレイのタイトルが多くてケースのストックがなくなってしまったのできょう買いに走ったのだが、案外これが置いていないのである。
クリアケースはいくらでもあるが、白トレイのケースを探しまわって5軒目でやっと見つけたしだいである。
しかも買いだめしようかと思っていたのに3枚入りのがひとつしか置いていなかった。
思わぬところで危機感を抱かざるを得なかった。
こんどどこかで見つけたら即買ってストックしなくてはいけないなと心に誓ったのである。

[参考] いまさら聞けない?! CDケース「本当」の開け方! (All About)
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

 

PIECE

tokufan

管理者 : tokufan
ウイスキーをちびちびと
プロフィール
過去のトップイメージ
管理者ページ
バナー
© 2002- TOKUFAN

Since 2002/04/10

新着記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

リコメンド

流通ニュース
上野優華 オフィシャルサイト
熊木杏里's Official Website
虚構新聞社
こよなく夜景を愛する人へ
サイエンス チャンネル
全国ロケ地ガイド
ソフトコレクション
ちょっと便利帳
東京アメッシュ
日本映画データベース
日本道路交通情報センター
日本標準時
Creazy!
everything is gone
iタウンページ
OnlineSoft VersionUp.info
PICASSO SITE
sunset terminal

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Template by たけやん