Secret Messages

日記 | ニュース | グルメ | ラーメン | こだわり
ドラマ | 映画 | 紀行 | IT | ピックアップ

海辺でキャンプで地震で津波で

新年明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

神津島からは大晦日の夜に戻ってきました。
行きは竹芝からの夜行客船かめりあ丸。
帰りは下田への定期船あぜりあ丸に乗って、伊豆急下田駅から踊り子で帰ってきました。

船の欠航に見舞われることもなく、滞在中はずっと天気も好かったのですが、初日と2日目は猛烈な風に吹かれ続けていました。
気象庁のデータベースによると、12月28日と29日の神津島の最大風速は16メートル毎秒(m/s)でした。
しかも1日の平均風速が2日とも12メートル毎秒前後というから、本当に1日中風のなかにいたという感じでした。
調べてみると1年のうち何日かはこんな日があるようです。

神津島は平坦な土地が少なく、人が住んでいる場所もごく限られています。
伊豆半島から目と鼻の先(50kmほど)にありながら海の色は南国で、静かな過ごしやすい島という印象でした。
機会があったら撮ってきた写真も載せようと思っています。

何事もなく平穏な日々だったのですが、最後の夜に最初で最後のアクシデントが起こりました。
ふだん私は、一度寝てしまうと途中で目が覚めることはほとんどないのですが、そのときふと目が冴えてしまったのです。
困ったなと思っていると、1、2分もしないうちに唐突に地面が揺れだしたのです。
瞬間的にまずいなと思いました。
体感的には震度4くらいに感じたうえに、いま自分たちが寝ている場所は海岸まで数10メートルしか離れていない場所だったからです。

海抜は8メートルほどでしたが、そこそこの津波が来たらテントなんかひとたまりもありません。
しかも海岸線から100メートルも行かないうちに急峻な山に隔てられたこの場所では、即座に逃げられる場所もありません。
考えられる唯一の道は、すぐ近くの老人ホーム脇の急坂を駆け上がることくらいでした。

とりあえず飛び起きてトレッキングシューズを履き、海へ向けてヘッドランプの明かりを照らします。
即座に潮が引いていくような津波の兆候は見られません。
連れが持ってきていたラジオを点けると、震度3という気象庁の発表が伝えられました。
念のため気をつけるように言っていた津波の心配もないことがまもなく知らされたのです。
そのときはじめて私たちのキャンプは戦慄の数分間から解放され、ひとまずは安堵感に包まれたのです。

いままで私はキャンプにラジオを持ってくることには否定的でした。
ラジオやテレビ、携帯電話から離れて過ごす時間がたまにはあってもいいんじゃないかと思っていたからです。
でもこのときラジオがなかったら、どんなにか不安だったことでしょう。
役場の防災無線も沈黙しているなかで、来るのか来ないのか分からない目の前の災害を案じながら一夜を過ごすことになっていたかもしれないのです。

あらためてふだんの自分たちが社会のシステムによって守られているかを感じることができました。
簡単に持ち運べ、乾電池から電力を賄えるラジオの存在感がこんなにも大きく感じられたこともありませんでした。
2006年12月31日2時28分頃のことでした。

じつはこのあとにも何度か地震が発生しましたが、慣れとは恐ろしいもので、寝袋から飛び出すことはそれ以来ありませんでした。
朝が明けてみると何事もなかったかのように日は昇り、波も穏やかで、暢気に食後のコーヒーなど飲みながら撤収作業を終え、神新汽船のあぜりあ丸にぐわんぐわん揺られながら下田港に帰り着きました。
特急電車に乗りながら、徐々に現実に引き戻されていくいつもの感覚に満たされていきました。



話は変わり、年頭ということでひとこと。
ことしはひょっとしたらサーバーの移転を考えなくてはいけないかもしれません。
載せている写真の量が溜まってきて、近い将来容量不足になる恐れがあるからです。
もし本気になったら、そのときには早めにお知らせしようかと思っています。
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

 

PIECE

tokufan

管理者 : tokufan
ウイスキーをちびちびと
プロフィール
過去のトップイメージ
管理者ページ
バナー
© 2002- TOKUFAN

Since 2002/04/10

新着記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

リコメンド

流通ニュース
上野優華 オフィシャルサイト
熊木杏里's Official Website
虚構新聞社
こよなく夜景を愛する人へ
サイエンス チャンネル
全国ロケ地ガイド
ソフトコレクション
ちょっと便利帳
東京アメッシュ
日本映画データベース
日本道路交通情報センター
日本標準時
Creazy!
everything is gone
iタウンページ
OnlineSoft VersionUp.info
PICASSO SITE
sunset terminal

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Template by たけやん