Secret Messages

日記 | ニュース | グルメ | ラーメン | こだわり
ドラマ | 映画 | 紀行 | IT | ピックアップ

新や

久しぶりに夜中ラーメンの旅に出た。
しかし気がつけばもう午前4時だ。

頭の中では、24時間営業の「一蘭」か「さつまっ子」、午前5時まで開いている「しゅん」などが浮かんでいた。
ふと信号待ちをしているときに横を見ると、ラーメン屋と思しき黄色い幟が目に入った。
木の陰になって見えにくいが、「角煮らーめん」と書いてあるようだ。
同乗していた小食なキヨヤマ君(仮名)に教えると、それならぜひ行ってみようということになった。

神奈川県横浜市中区伊勢佐木町7-151 (Google マップ)

近くのコインパーキングに車を止めて店に入る。
心の中では角煮ラーメンを食べる気満々でいたのだが、メニューを見てネギ塩ラーメンというのにも惹かれた。
悩んだ。
朝っぱらからいい大人がこんなことで悩んでどうするというくらい悩んだ。
そして結局当初の予定どおり特製角煮らーめん(850円)を頼むことにした。

じつは注文してからも、ライスを頼めばよかったかなと悩み続けていた。
これについては量を見てから足りなそうだったら頼もうと思っていた。

先客はひとりもいなかったが、わりと時間をかけてラーメンは出てきた。
驚いたことにどんぶりの下には鉄製のプレートが敷かれていた。
さらに角煮が大きな1枚ものだったことにもびっくり。
具は、ネギやのりのほかに、わかめが結構入っていた。

麺はストレートで、スープはふつうのしょうゆとんこつ。
いたってふつうのスープである。
角煮もまずまずといったところで、特筆すべき点といったら遅い時間まで開いているということくらいだろうか。
飲んだ後に小腹が空いたら来る店ということのようだ。

結局ライスは頼まなかった。
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

 

PIECE

tokufan

管理者 : tokufan
ウイスキーをちびちびと
プロフィール
過去のトップイメージ
管理者ページ
バナー
© 2002- TOKUFAN

Since 2002/04/10

新着記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

リコメンド

流通ニュース
上野優華 オフィシャルサイト
熊木杏里's Official Website
虚構新聞社
こよなく夜景を愛する人へ
サイエンス チャンネル
全国ロケ地ガイド
ソフトコレクション
ちょっと便利帳
東京アメッシュ
日本映画データベース
日本道路交通情報センター
日本標準時
Creazy!
everything is gone
iタウンページ
OnlineSoft VersionUp.info
PICASSO SITE
sunset terminal

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Template by たけやん