Secret Messages

日記 | ニュース | グルメ | ラーメン | こだわり
ドラマ | 映画 | 紀行 | IT | ピックアップ

常吉亭

神津島での島キャンプ。
滞在2日目は、テントで年賀状を書き上げ、投函するために町へ出た。
海沿いの道から山へ向かう緩やかな斜面へ入り込むと、狭く入り組んだ路地のなかに集落が形成されている。
平坦な土地が少ないというのもあるだろうが、海に近すぎると建物が潮にやられたり風が強かったりということがあるのだろう。
いま思い出してみると、宮崎駿の世界に近いものが感じられる。

民宿や民家、食料品店や雑貨店が混在する町中で、やっと見つけたポストに年賀状を滑り込ませる。
朝8時頃に集荷されるようなので、早ければあしたの船で本土へ送られるかもしれない。
さすがに元旦は無理のようだ。



神津ストアで買い物をしたり、町中をぶらぶら散歩していると当然腹が減る。
すでに午後3時だから不思議なことではない。
潮の香りに満たされていると海産物かラーメンを食べたくなるのは条件反射のようなものだろう。
きのう島に着いたときにづけ丼を食べているので、きょうはラーメンにしようと思った。
しかも醤油ラーメンが食べたいと思った。
昔ながらのあっさりとしたスープのラーメンだ。

観光マップを見ながら中華料理店がある辺りを目指す。
あった。
ラーメンの暖簾が出ている。


東京都神津島村神津島村998 (Google マップ)

店内を覗き込むと先客がいるようだ。
しかし、どこかで見た出で立ちをしている。
天上山に行くといって出かけていった友人たちのようだ。
私に内緒でこんなところでラーメンを食べているとは。
悪いことは出来ないものである。

店に入って、正油ラーメン(700円)を頼む。
彼らのすぐ隣のテーブルに座るが、すぐには気づかない。
しばらくしてやっと私に気がつき、狐につままれたような顔をしていた。
風が強かったので山頂までは行かずに戻ってきたらしい。

テレビでは再放送されているキムタクのドラマが流れている。
見るとはなしに見ているうちに、ラーメンが運ばれてきた。
具は、もやし、ネギ、チャーシュー、コーン、ニラ、なるとである。
思っていたとおりの細麺に、懐かしの醤油スープがじつにおいしい。
求めていた味、食べたいと思っていたラーメンがそのまま目の前に出される嬉しさといったらない。
しかも旅先で選択肢が少ないなかでは貴重な思い出になりそうだ。

次の日にもよっぽど入ろうかと思ったくらいなのだが、せっかく神津島に来たのだからと違うものを食べることにした。
探し当てたのは島で唯一というホームメイドの焼きたてパンであるが、これもなかなかおいしかった。
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

 

PIECE

tokufan

管理者 : tokufan
ウイスキーをちびちびと
プロフィール
過去のトップイメージ
管理者ページ
バナー
© 2002- TOKUFAN

Since 2002/04/10

新着記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

リコメンド

流通ニュース
上野優華 オフィシャルサイト
熊木杏里's Official Website
虚構新聞社
こよなく夜景を愛する人へ
サイエンス チャンネル
全国ロケ地ガイド
ソフトコレクション
ちょっと便利帳
東京アメッシュ
日本映画データベース
日本道路交通情報センター
日本標準時
Creazy!
everything is gone
iタウンページ
OnlineSoft VersionUp.info
PICASSO SITE
sunset terminal

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Template by たけやん