Secret Messages

日記 | ニュース | グルメ | ラーメン | こだわり
ドラマ | 映画 | 紀行 | IT | ピックアップ

Sleipnir

*以下は旧バージョンについての記述です。

■ Sleipnir とは?
IE コンポーネントブラウザです。
InternetExplorer がインストールされている環境で動作します。
IEがないと生きていけないソフトウエアです。
そのため IE のセキュリティホールとは無関係!とはいきません。
IE の不具合は継承するはずです。
使用条件に同意すれば無料で使えるフリーソフトです。

タブブラウザです。
IE はウインドウを増やしていくとタスクバーがすごいことになります。
でもタブブラウザならひとつのウインドウのなかにタブが増えるだけです。
ワードやエクセルでシートが増えるような感じで、同時に見たいページを増やしていけます。

ツールバーは新規で作る。
さまざまな動作をアイコン状のボタンで並べたツールバー。
デフォルトではちょっと多すぎます。
[ツール]→[カスタマイズ]から新規に立ち上げ、自分で必要なものだけを並べて自作しましょう。
ツールバーやアドレスバー、検索バーは好きな場所に移動できます。
ツールバーを左側面に縦に置けば、ブラウザの表示領域を広くできて、無駄がありません。

クセになるマウスジェスチャー。
マウスの動きに特定の動作を割り当てることができます。
マウスを右クリックしながらちょっと左にずらすと、ブラウザの表示が前のページに戻ったり、右クリックしながらちょっと下にずらすと、いま見ているタブを閉じたり、という具合です。
これはホントにクセになります。
ウインドウズ標準機能にして欲しいくらいです。

■主なメニュー項目
とにかく多機能です。
ヘルプのメニューリファレンスに一通りの機能の説明があります。

ファイル-最近閉じたページ
あっ、いま閉じたページ、もう一回見たい!
どうしよう。
というときに使います。
設定次第で履歴数は変えられます。

ファイル-インポート
ファイル-エクスポート

IE のお気に入りをインポート・エクスポートします。
Sleipnir のお気に入りは、 IE とは完全に独立しています。
併用したい人はこの機能を使えば、同期がとれます。

ファイル-新規作成-クリップボードから作成
ファイル-新規作成-選択文字列を開く

URL が、クリップボードにあるか選択状態にあれば、ボタンひとつで開きます。
リンクがはられていないときに便利です。
いわゆる "ttp://www~" こんな文字列でも、平気で開いてくれます。

編集-検索バーの文字列をハイライト
検索バーに入力された文字列を、色付きで表示してくれます。
自分が検索したかった文字列が、そのページのどこにあるかが一目瞭然。

表示-ステータスバーに URL のみ表示

カーソルをリンクがはられた場所に持っていくと、左下に URL が表示されますよね?
Java Script を使って、ここにメッセージを表示したり、逆に言うと URL を表示してくれないページありますよね?
そんな時、便利です。

表示-移動-上のディレクトリに移動
http://www.tokufan.com/hontoha/naiyo/
というページから、ひとつ上の階層である、
http://www.tokufan.com/hontoha/
というページにジャンプしてくれます。

お気に入り-このフォルダを開く
お気に入りを、フォルダ単位で一気に開いてくれます。
まめにチェックしているサイトを登録しておくと楽ですね。
ただし開きすぎは注意です。
タブの最大数を設定しておけば、ちょっと安心です。
ブラウザクラッシャー対策にもなるかな?

セキュリティ-ダイアログの抑制
サイトや環境によっては、スクリプトエラー頻発のページとかありますよね?
そんなのどうでもいいよって時は、これです。
エラーダイアログを自動で閉じてくれます。

ツール-スタートアップ URL に追加
起動と同時に開きたいページを登録しておけます。
いくつでも登録できますが、あんまり多いのはおすすめしません。

ツール-禁止 URL の追加
ツール-禁止タイトルの追加

ポップアップ広告抑止機能です。
ガンガン登録してください。
さらに、ワイルドカード(*)なども使えます。
たとえば、 "*POPUP*" というのを登録しておけば、 URL に "POPUP" を含むページはすべて閉じてくれます。

ツール-URL の抽出
ツール-選択部分の URL を抽出

アクティブなページにはられているリンクを抽出してくれます。
リンクを一気に開くこともできます。
ただしあまり無茶はしないように。
抽出したリンクの URL をクリップボードにコピーすることもできます。
選択した範囲で URL を抽出することもできます。

これらのメニュー項目は、それぞれ自由にショートカットキーを割り当てることができます。
また、ほとんどの項目に固有のアイコンが用意されています。
新規で作成したオリジナルのツールバーに、よく使う項目のアイコンを登録しておけば使い勝手もよくなります。

■ショートカット(デフォルト)
とくに覚えておくと便利なものです。
閉じる
最後に閉じたページを開く
お気に入りの編集
ページの検索
選択文字列の検索
フォーカス-アドレスバー
フォーカス-検索バー
前に戻る
次に進む
上のディレクトリに移動
ホームページ
前のウインドウ
次のウインドウ
更新
タスクトレイに入れる
全画面表示
Sleipnirオプション
Ctrl+W
Ctrl+L
Ctrl+B
Ctrl+F
Ctrl+Shift+F
Alt+D
Alt+S
Alt+←
Alt+→
Alt+↑
Alt+Home
F2
F3
F5
F9
F11
F12

[閉じる]は、Sleipnirのウインドウを閉じるのではなく、ひとつひとつのタブを閉じるときに使います。
[選択文字列の検索]は、選択状態の文字列を検索バーで指定された検索エンジンにかけ、結果を新しいタブで開きます。
[フォーカス]は、カーソルの位置を移動します。
[前のウインドウ][次のウインドウ]は、複数のタブを開いているときに、アクティブなタブを左右に切り替えます。

■お気に入りの扱い
IE のお気に入りとは別個のファイルを形成します。
そのため独自のお気に入り管理ソフトを内包します。

Sleipnir でお気に入りを追加しても、 IE には反映されません。
そのため、 Sleipnir の
ファイル-インポート
ファイル-エクスポート

を使って同期を取ります。

初回起動時にお気に入りをインポートするかどうか訊かれます。
インポートの際は、[’InternetExplorerのお気に入り’フォルダを作成し、そこにお気に入りをインポートしますか?]のダイアログのとこで、「いいえ」を選ぶようにすると、 Sleipnir のお気に入りから、直接ファイルが展開されます。

エクスポートの際は、ファイルがたんに上書きされるだけなので注意が必要です。
たとえば、 IE では[リンク]というフォルダに入れていたお気に入りを、 Sleipnir で[メディア]というフォルダに移しかえていた場合です。
エクスポートすると当然、[メディア]というフォルダにお気に入りはコピーされますが、[リンク]というフォルダにあったお気に入りはそのまま残ります。
さらに Sleipnir で削除したお気に入りがあっても、エクスポートを繰り返しているだけでは、 IE のお気に入りから消えることはありません。

このため Sleipnir からのお気に入りのエクスポートを正しく反映させるためには、[Favoritesフォルダ]の中身を削除してからのエクスポートが、いちばん手っ取り早い方法になります。
ただしちょっと恐いぞというかたは、いったん別の場所にエクスポートしてから、削除→コピーするようにしてください。

Sleipnir 1.66 公式ページ 
© 1981-2007 柏木泰幸
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

 

PIECE

tokufan

管理者 : tokufan
ウイスキーをちびちびと
プロフィール
過去のトップイメージ
管理者ページ
バナー
© 2002- TOKUFAN

Since 2002/04/10

新着記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

リコメンド

流通ニュース
上野優華 オフィシャルサイト
熊木杏里's Official Website
虚構新聞社
こよなく夜景を愛する人へ
サイエンス チャンネル
全国ロケ地ガイド
ソフトコレクション
ちょっと便利帳
東京アメッシュ
日本映画データベース
日本道路交通情報センター
日本標準時
Creazy!
everything is gone
iタウンページ
OnlineSoft VersionUp.info
PICASSO SITE
sunset terminal

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Template by たけやん