Secret Messages

日記 | ニュース | グルメ | ラーメン | こだわり
ドラマ | 映画 | 紀行 | IT | ピックアップ

謹賀新年

平成最後の新年のご挨拶です。
本年もマイペース更新ですが、よろしくお願いします。

平成標識

最近はドラマや映画、ニュースやスポーツだけでなく、少しはバラエティ番組も見るようになった。
タモリ倶楽部やじゅん散歩は録画するようになって久しいが、昨年から毎週楽しみに見るようになったのが「迷宮グルメ異郷の駅前食堂」(BS朝日)だ。



異国を旅するヒロシが駅前をブラブラしつつ適当に人々と触れ合いながら食堂を探す旅番組である。
片言の英語でコミュニケーションを取りながら現地料理をいただくというスタイルのグルメ番組でもある。

街を歩いても人々の生活を見ても飾らない言葉で感想を述べ、何を食べても好き嫌いを隠さない食レポに終始する。

1時間の放送時間は前半と後半に分かれており、アジア圏とヨーロッパ圏の2か国が毎週放送される仕組みである。
時にリピート放送(再放送)が混ざることもあるが、ほぼ休止なく放送されるのも嬉しい限りである。

ふだんお笑い番組をほとんど見ないので、正直ヒロシのことは存在は認識していたもののこれといって興味を持っていたわけではなかった。
しかしほぼ同時期にBS-TBSで「ヒロシのぼっちキャンプ」という番組を見つけ、かつてよくキャンプに行っていた自分と重なる部分もあり、瞬く間にヒロシに共感を覚えてしまったようだ。



以下は蛇足である。
近況報告と筆者の備忘録的な意味合いも兼ねてつらつらと書き連ねてみただけなので、よっぽど暇な方以外はそのままページを閉じていただくことをお薦めします。


   ◇


   ◇


年内にあまり時間がなかったので、改めて2018年を振り返りたいと思う。
というのも昨年1年間は個人的にいろいろと変化の多い年だったからである。

6月下旬には長い間の懸案であった財布を買い替えた。
そこまでに思い至る過程があって、まず財布をパンツの尻ポケットに入れるのが嫌になったことがきっかけである。
車の運転中や椅子に座っている時の違和感に今更気がついてしまったのだ。
それが原因でカード類が割れたこともあり、とくにキャッシュカードの再発行は面倒だった。
でもやはり財布を鞄に入れっぱなしにはしたくない。
でも尻ポケットには入れたくない。
そこで考え出したのが、小さなポーチに入れて肩から提げて持ち歩くスタイルである。
なるべくかさばらず軽くて丈夫という条件に最適だったのが、モンベルの「U.L.MONO ポーチ S」である。


1年以上前からこのポーチを導入しており、二つ折り財布と小銭入れ、スマホをまとめて入れられるので重宝していた。
こうなってくると歴代30年近く使い続けてきた二つ折り財布の存在に疑問を抱くようになった。
「ポケットに入れないなら、もう二つ折りにこだわる必要はないんじゃないか」
そう、もうポケットからはみ出すことなど気にしなくても良いのだ。
入りきらなかったカード類も入れられるし、ピン札を保持できるしでメリットしかない。
ということで長財布を探すこと数ヶ月。
ついに理想の一品を見つけることができた。
いちばんこだわったのは、ファスナーがなめらかに動くこと。
財布にとっていちばん必要なのは、レジでもたつかずに取り出しやすいことだからだ。
電子マネーが普及し始めたいまだからこそ必要なことだと考える。

   ◇

7月上旬には、仕事へ行く途中愛車が悲鳴を上げた。
人生初のレッカー移動。
詳細は「プリウス(NHW20)が突然ピーッと泣き出した!」に詳しい。

   ◇

わが家のネット環境はテレホーダイに始まり、自宅が提供エリアになると同時にADSLに乗り換えた。
光ファイバーが当たり前となった21世紀になってもフレッツ・ADSLで通してきたが、2023年にはサービスが終了するという。
固定ネット回線なしの生活は考えられないのでいつかはフレッツ光かなとか、いまならNURO光なんてのもいいなと考えていた。
7月中旬のある日、NTTの方からサービス終了間近ですという案内が来たのでいい機会だからフレッツ光に申し込んでみた。
プロバイダは、@niftyとDIONを利用してきたが、NTTのフレッツ光でDION(現au one net)を使おうとするとさすがに商売敵だからか他のプロバイダに比べて割高なので継続利用は断念した。
そこでIPv6接続にも対応したBIGLOBEを使うことにした。
メールアドレスは変わることになるが、今時はGmailもあるので問題ないだろう。
8月下旬、晴れてFTTH(Fiber To The Home)が開通した。
いままで使っていたイーサネットコンバータセットの無線ルーターも有効活用しながらパソコンやテレビ、レコーダーなどとともにホームネットワークを構築。
さっそくスピードテストサイトを訪れる。
それまでは下りで5、6Mbpsだった速度も、常時40Mbpsを越えている。
何よりも上りが格段に速くなったことが素晴らしい。
クラウドの時代にはこれは有益だなと思った。

スピードテスト

   ◇

9月の初めこれまたいい加減買い替えなきゃなと思っていたマットレスを購入した。
それまで使っていたマットレスは20年以上前に親戚にベッドフレームと共に貰ったもので、少なく見積もっても使用開始から30年は経っている代物であった。
マットレスというのは重いし、内部を掃除できるものでもない。
年に1回くらいは陽に当てるようにはしていたが、スプリングにもムラがあり腰痛の原因にもなっている気がしていた。
これも数年前からリサーチはしていて、ニトリ辺りで買ってしまうのが手っ取り早いのは分かっていたが、長く使うものだし腰痛が悪化しても困るので慎重に調べを進めていた。
島忠ホームズなんかではしきりにシモンズを薦めてくるが、これはなかなか高価だし、腰痛にはシモンズは柔らかすぎる気がしていた。
結果としてフランスベッドのやや硬めのマットレスを選んだ。
島忠ホームズに行けばじっさいに寝てみることもできたし、硬さもちょうど良かった。
あとは買うタイミングだったが、シマホネットを頻繁に訪れていたら8月のお盆の時期にまさに欲しいと思っていたモデルだけがセールで安くなったのですかさずポチッとな。
ギリギリだったサイズ感もぴったりだった。

   ◇

10月頭には愛車を乗り換えた。
もともとお下がりだったものが新たなお下がりに変わっただけとも言える。
プリウスNHW20からプリウスZVW30だが、結果として燃費は1km/lくらい良くなったかな。
一般道路ばかり年間13,000km~14,000km走るので、燃費は大事である。
乗り換えた直後のいいタイミングだったので2週間ほど乗ったところでドライブレコーダーを取り付けた。
保険みたいなものなので、衝撃映像が録画されないことを祈るばかりである。

ドライブレコーダー

   ◇

12月中旬にはとうとうテレビを買った。
それまで24インチのPCモニタでテレビを見ていたが、年内にはなんとかしたいと思っていた。
いくつか候補に挙がった機種を、ヨドバシやらアマゾンで頻繁に価格チェックしていたが、当然思うようには下がってくれない。
テレビを設置するためのスチールラックを買い、準備万端で時を待つ。
安い機種で妥協しようかとも思ったが、有線LANのみで無線LANがなかったり、テレビに内蔵されたアプリでYouTubeが直接見られる機能が捨てがたい。

だいたいヨドバシで値動きがあると、それを見てアマゾンや価格comの値も動くようである。
テレビを設置すれば余っている外付けHDDを使って予約録画できるようになるから、年末年始に掛けてレコーダー以外にも録画アイテムを得ることができてより便利になるのだが。
あるとき思い立って、いちばんに狙っている機種の型番をそのままGoogle先生に投げてみた。
ショッピング検索に切り替えると、ひときわ安値をつけているサイトがある。
これが聞いたこともない店舗なら素通りするところだが、知らない店ではない。
dショッピングって、ドコモが運営しているやつじゃないだろうか?
それなら得体の知れない怪しさは消えてなくなる。
そろそろ寝ようと思っていたところだが、さっそく詳細を確認。
いままでまったく利用しようと思ったことはなかったが、どうやらモール型サイトのようでじっさいに家電製品を販売しているのは上新電機のようだ。
それなら一度ネット通販でブラウンのシェーバーを買ったことがある。
これなら問題はないだろう。
しかし確認してみると、上新電機が運営しているJoshin webで同じ商品の価格を調べてみると、ヨドバシやらアマゾンと変わらない価格だ。
どうやらdショッピングサイトを経由して買うと、実勢価格より1万円以上安く買えるようだ。
これは勝手な憶測だが、他社の値動きに連動して価格を変えやすい公式ショップと違って、dショッピングという他社(ドコモ)運営サイトでは簡単に価格変更ができないがために他とはかけ離れた金額設定のままで販売していたのではなかろうか。
おかげで考えていたよりずいぶん安い買い物ができたと思う。

ベッドと壁の間にぴったり収まるスチールラックの上に結束バンドで固定したので、地震対策もばっちりである。
スピーカーとUSB HDDを接続して設置も完了。
USB HDDからレコーダーへのダビングができることも確認できたので、ほぼ完成である。
パソコンを弄りながらテレビを見ることができる理想的環境が整ったと言える。
何よりも嬉しいのは、それまでテレビ代わりだったモニタを、これからは純粋にパソコンのマルチモニタとして縦置き利用できることだ。
かねてより私はWebブラウジングの時間が長いので、下方へスクロールしていくWebページを閲覧するには昨今流行りの横長画面というのは不向きなのである。
そこでいつかはこうするつもりで縦回転(ピボット)機能付きモニタを導入していたのだ。
こうして1画面の情報量が格段に増えたPC環境と、テレビの視聴&録画環境も整い、ますますインドア志向を強めていく2019年でありました。

縦画面
【参考】縦置き1080×1920のモニタで1画面に表示できる領域
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

 

PIECE

tokufan

管理者 : tokufan
ウイスキーをちびちびと
プロフィール
過去のトップイメージ
管理者ページ
バナー
© 2002- TOKUFAN

Since 2002/04/10

新着記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

リコメンド

流通ニュース
上野優華 オフィシャルサイト
熊木杏里's Official Website
虚構新聞社
こよなく夜景を愛する人へ
サイエンス チャンネル
全国ロケ地ガイド
ソフトコレクション
ちょっと便利帳
東京アメッシュ
日本映画データベース
日本道路交通情報センター
日本標準時
Creazy!
everything is gone
iタウンページ
OnlineSoft VersionUp.info
PICASSO SITE
sunset terminal

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Template by たけやん