Secret Messages

日記 | ニュース | グルメ | ラーメン | ドラマ | 映画 | パソコン | ウェブ
熊木杏里 | 紀行 | 写真 | モノ | こだわり | おすすめソフト | ピックアップ

魚の目

どうでもいい話を一席。
10年以上前、ひょっとしたらもう20年近く前からのことだが、魚の目に悩まされてきた。
右足の裏、人差し指と中指の付け根から数センチ内側にある。

合わない靴を履いていたことが原因なのか、はっきりしたことは分からないが、いつの間にかできていて完全に寄生されてしまったようだ。

角質が固まったものなので、とくに痒いわけでもないし膿んだり傷になっているわけでもない。
でもこいつが成長してくると、なかなかに痛い。

靴下をはいて靴を履いているときはそれほどでもないのだが、ひどいときは裸足だとまともに歩くことができない。

そこでスピール膏の出番である。
シール状の薬剤を患部に貼り付けて、硬くなった角質ごと除去してくれるという魚の目の代名詞的治療薬である。

しかし魚の目というのは芯を取らなければしつこく居座って完治しないから厄介なのである。

一度あまりの痛みに病院へ行ったことがあるのだが、液体窒素で瞬時に痛みは取れたものの結局根本的な治癒には至らず。
医者にも自分で削っていくしかないと言われる始末である。

それからも痛みがひどくなるとスピール膏を貼って表面の角質を剥がし、とりあえず痛みを和らげる。
これを幾度となく繰り返してきたわけだ。

スピール膏は「患部←薬剤シール←保護パッド←固定用テープ」の順に貼り付けて使用する。
しかし1箱に入っている内容物の分量が微妙で、要となる薬剤シールを使い切る前に、固定用テープや保護パッドの方が先になくなるのだ。

仕方なくドラッグストアや100均で代りになりそうなものを探してくる。
仕舞いには布絆創膏を買ってきて、患部をぎっちぎちに固めてしまうのだが、それでもずれるときはずれるもんである。

そんなこともあってかなかば完治は諦めて、堪えられないほど痛くなったときだけスピール膏を貼ってその場を凌ぐというスタンスでいた。

   ◇

そんな状態で何年魚の目を踏み続ける日々を過ごしただろうか。
最近になってふと、固定用テープの代わりにテーピングを使ったらどうだろうかと思いついた。
テーピング本来の使い方とは異なるが、伸縮・防水タイプもあるとのことで、試しに100均で買ってきたものを貼ってみたところ……。

これが全然ずれない。
ペラペラのテープ1枚なのに、恐るべき吸着力である。
風呂に入っても一向に剥がれる気配はない。
うーん。
もっと早く出会いたかったよ。

人生初のテーピングだが、スポーツ選手が使うものはやっぱり違うもんだねえ。
存在を知っていても、じっさいに使ってみないとその真価は分からないということか。

ああ。
やっぱりどうでもいい話になっちゃったな。
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

 

PIECE

tokufan

管理者 : tokufan
フチ子増殖中。
プロフィール
過去のトップイメージ
管理者ページ
バナー
© 2002- TOKUFAN

Since 2002/04/10

新着記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

リコメンド

熊木杏里 Private
虚構新聞社
こよなく夜景を愛する人へ
さんそな日常
全国ロケ地ガイド
そこからが無限
ソフトコレクション
ちょっと便利帳
東京アメッシュ
日本映画データベース
日本道路交通情報センター
日本標準時
ブタネコのトラウマ
林檎の木
Creazy!
everything is gone
iタウンページ
OnlineSoft VersionUp.info
PROJECT PICASSO
sunset terminal

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2Ad

Template by たけやん