Secret Messages

日記 | ニュース | グルメ | ラーメン | こだわり
ドラマ | 映画 | 紀行 | IT | ピックアップ

DLNAへの道のり

無線ルーターを替えたという5か月前の記事がある。
この記事の最後に「ブルーレイレコーダーを無線LANでネットに繋いでみたけど詳細は次回」と言い放ったままで、ずいぶんと季節も移ろいでしまった。
いまさらではあるが、結論から言うとリビングにあるDIGAで録画した番組を別の部屋でも見られるようにしたかったのである。

DIGA(1階)──(LAN)──[録画番組]──(LAN)─→ノートPC(1階とか2階)

   ◇

これを実現するのは、DLNAという規格である。
パナソニックの場合は「お部屋ジャンプリンク」と謳っている。
これはAV機器やPC、周辺機器をネットワークで簡単に繋げるようにするものらしい。
あんまり難しいことを語るとボロが出るので省くが、つまりは無線・有線のLANで繋がれた機器同士なら動画や音楽のやりとりができるというすばらしい規格である。

リビングで録画したドラマを別の部屋のPCで見たり、PCに保存してある動画や音楽を寝室のテレビで見たり聴いたりできるようになる。
もちろんそれぞれの機器がDLNAに対応した機器であることは必須で、PCの場合は新たにソフトが必要になることもある。

さらに気をつけなければいけないのは、地デジやBS/CSなどの録画番組は著作権保護されているため再生機器がDTCP-IPに対応している必要がある。
そしてもし再生したいのがデスクトップPCであり、本体とモニタがケーブルで繋がれたものならば、双方がHDCPに対応していなければならない。

なにを言っているのか分からないかもしれないが、これが現実である。
その他にもいくつもの関所が用意されているので、私と同じような夢を持っている人は個別にググって欲しい。
こういった数々の苦難を乗り越えることができたものだけが、晴れてお部屋ジャンプできるのである。

これだけではいくらなんでも不親切なので、私が四苦八苦した環境を提示しておく。

   ◇

DIGAは、2010年2月に発売されたBW780という機種。
対してノートPCは、2011年1月発売で、Windows 7 Home Premium、Core i5プロセッサーに4GBメモリ搭載の標準的なモデル。

PCにDiXiM Digital TV plusというソフトを入れれば何とかなりそうであることは、体験版でチェック済みだった。
グラフィックはオンボードだが、体験版で動いている点を拠り所としてこのソフトの購入に踏み切った。
体験版の再生時間が30秒に制限されていることは、気にしないことにした。

いざ製品版をインストールしてみると、きちんとLAN経由でDIGAを認識した。
よしよし、行けそうだなと思ったのもつかの間……。
試しに「梅ちゃん先生」とか「ゲゲゲの女房(再)」を再生してみるが、これがなかなか最後まで再生しきることができない。
30秒ほどで止まることもあるし、1、2分してDiXiM Digital TV plus自体が落ちたりもした。
まれに最後まで見ることができたこともあるが、それは1度だけだった。

これは騙されたかと不安が脳裏をよぎった。
DiXiM Digital TV plusの設定を見直したり、セキュリティソフトを疑ってみたりした。
グラフィックの設定をいじったりして、もやもやとした日々がしばらく続いた。

DLNAとか何とか言っても、しょせんこの程度かっ!!」と自棄にもなった。

気を取り直し、この際だからDLNAはきっぱり諦めて、アンテナケーブルも来ていない部屋にDIGAを買い足そうかとも思った。
でもその前に、今一度基本に返ってみようと思った。

DiXiM Digital TV plusの動作条件を確認。
OSやCPUは問題ない。
グラフィックは「インテル G965 Express チップセット以降(Windows 7、Vistaのみ対応)」となっていて、自信はないがたぶんこれもクリアしているはずだ。

メモリとHDD必要容量も余裕。
サウンドデバイス、オッケー。
ディスプレイ、OK。
インターネット接続環境も整ってるのに、やっぱりダメ……。

で、モウイチドよく見直してみる。
OSの欄に「.NET Framework3.5 SP1以上がインストールされている必要があります」とある。
まさかこれか?
Windows 7ともなれば最初から入っているものだとばかり思っていたが……。

上書きインストールすることになるかもしれないが、一応入れてみるか。
インストーラーをダウンロードできるところを探してインストール。
DiXiM Digital TV plusを起動して、適当な動画を再生っと。
どうせ途中で止まるんだろうという気持ちと、止まるな止まってくれるなという気持ちがせめぎ合う。
せめぎ合うせめぎ合うせめぎ合う……でも止まらな~い。
いやっっほう~!!

見れる見られる見ることができる。
DIGAで録画したドラマや映画が、ノートPCで見られる~。
こうして華やかなDLNA生活が始まるのでありました。

   ◇

ちなみにネット回線はADSLのままである。
DLNAはあくまでLANの中でデータをやりとりする規格なので、インターネット(LANの外)との接続速度が遅くても、動画の視聴には遜色がないようである。

しかし人間の欲望には際限がないようで、今度はタブレットでDLNAに対応したものが欲しくなっている。
それこそベッドに横たわりながらリビングで録画したドラマを鑑賞とか……ますますダメになっていくかも。

リスト04 DTCP-IP のお話
リスト04 Lanhome(ランホーム)
リスト04 お部屋ジャンプリンク | Panasonic
リスト04 ソニールームリンク | ソニー
リスト04 LNAでもっと楽しむ|ハードディスク(HDD) | IODATA アイ・オー・データ機器
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

 

PIECE

tokufan

管理者 : tokufan
ウイスキーをちびちびと
プロフィール
過去のトップイメージ
管理者ページ
バナー
© 2002- TOKUFAN

Since 2002/04/10

新着記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

リコメンド

流通ニュース
上野優華 オフィシャルサイト
熊木杏里's Official Website
虚構新聞社
こよなく夜景を愛する人へ
サイエンス チャンネル
全国ロケ地ガイド
ソフトコレクション
ちょっと便利帳
東京アメッシュ
日本映画データベース
日本道路交通情報センター
日本標準時
Creazy!
everything is gone
iタウンページ
OnlineSoft VersionUp.info
PICASSO SITE
sunset terminal

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2Ad

Template by たけやん