Secret Messages

日記 | ニュース | グルメ | ラーメン | こだわり
ドラマ | 映画 | 紀行 | IT | ピックアップ

ホスクリーン

もう3、4か月も前の話だが、突然母上から「ホスクリーンを取り付けるのだ」との命令が下った。
仕事が忙しい時期だというのに、寝耳に水である。
ホスクリーン?なにそれ?って感じだったが、どうやらそれをネットで探して買うのも私の仕事らしい。

(極わずかの)暇を見て、ホスクリーンとやらへの攻略法を練った。
そもそもそれは何かというと、物干しのことであった。
今回取り付けるのは、室内で洗濯物を干すために天井からぶら下げる形の器具である。

リスト01 川口技研 - ホスクリーン

ホスクリーン

ふだんは火災報知器のような目立たないものだが、専用のポールを取り付けると洗濯ハンガーを吊したり、2本のポールに物干し竿を渡すことができるようになるのである。

たしかに乾燥機のないわが家では、冬場の寒い時でも洗濯物を干すために外へ出なくてはならない。
室内で仮に吊す場所があれば外にいる時間は短時間で済むし、雨の日にも便利だろう。

ホスクリーンポール取り付け

そこで「室内用ホスクリーン スポット型SPC-W」2本をネットで購入。
ホームセンターでは洗濯用品ではなく、DIYコーナーに置いてあったが、さすがにネットのほうが安かった。

   ◇

繁忙期もそろそろ終わりという頃になって、ついに取り付け作業に入った。

ある程度の重量に耐えるためには、天井の中の野縁と言われる下地材が入った部分にネジ止めしなければならない。
その場所だけは事前に調べてあったので、あとはキリでちょっと下穴を開けてからドライバーでねじ込めばいいと思っていた。
しかしこれがそう簡単には行かなかった。

まず第一に、家にあったキリでは満足な下穴を開けることはできなかった。
第二に、耐荷重8kgの製品を取り付けるには、ドライバーで手回ししたぐらいではネジは入っていかないと言うことだった。

ましてや天井である。
脚立に登った無理な体勢での作業は想像以上に捗らない。
下穴を開けるだけならそれなりのドリルを買ってきて少しずつ時間をかけてできないことはないが、ネジを押し込んで行くには非力な私の腕ではトルクが足りないことが分かった。

業者に頼むという手もあったが、乗りかかった船である。
電動ドリルがあれば何とかなるだろうと踏んで、追加投資を要請した。

近所のホームセンターをいくつか回って買ってきたのが、リョービのドライバドリルキットFDD-1010KTである。

ドライバドリルキット

充電式のほうが使いやすいようだが高くつく。
天井での作業だから本体が軽いほうがいいだろうという考えがあった。
ドリルやドライバーがセットになっていて、初心者向けなのもポイントが高かった。
ただホスクリーンの本体取付ネジは、TP4×50というもので、そこそこ長い。
下穴はφ3mmでそれなりの深さまで必要になるため、付属のドリルでは長さが足りなかった。
そこで長さのある替えのドリルも追加で購入してきた。

電動工具は初めて使ったが、素人でも何とかなるものである。
真上に向かって真っ直ぐに押し込むのは難しかったが、何とか2か所にホスクリーンを取り付けることができた。
仕事では味わえない達成感である。

しかしこれから自分でホスクリーンを取り付けようと思っている人は、素直に業者に頼むことをおすすめしたい。
必要な機材が揃っているならいいのだが……。
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

 

PIECE

tokufan

管理者 : tokufan
ウイスキーをちびちびと
プロフィール
過去のトップイメージ
管理者ページ
バナー
© 2002- TOKUFAN

Since 2002/04/10

新着記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

リコメンド

流通ニュース
上野優華 オフィシャルサイト
熊木杏里's Official Website
虚構新聞社
こよなく夜景を愛する人へ
サイエンス チャンネル
全国ロケ地ガイド
ソフトコレクション
ちょっと便利帳
東京アメッシュ
日本映画データベース
日本道路交通情報センター
日本標準時
Creazy!
everything is gone
iタウンページ
OnlineSoft VersionUp.info
PICASSO SITE
sunset terminal

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Template by たけやん