Secret Messages

日記 | ニュース | グルメ | ラーメン | こだわり
ドラマ | 映画 | 紀行 | IT | ピックアップ

Secret Messages ドラマ大賞 2008

年の瀬ということで、ことし1年間のドラマを表彰してみたくなりました。
2008年にテレビ放送された国内制作の連続ドラマのうち、私が視聴した作品の中から、完全に個人的趣味で選考しました(何様だ?)。

では、勿体振らずにさっそく発表!!(以下、敬称略)


作品賞
鹿男あをによし

悠久のロマン溢れる歴史ミステリー。
といっても舞台は現代の奈良。
女子校に赴任してきた男が、しゃべる鹿からある大役を任される。
いにしえの謎に包まれた儀式。
儀式のために必要とされる「サンカク」。
壮大なスケールの謎が後半へ向けて徐々に明らかになっていく様は、見応え十分。
下宿先のセットは、もともと旅館だった場所をいまは小料理屋として使っているという設定。
奈良という町のイメージに合った古き良き佇まい。
日本酒やかりんとう、勾玉といった小道具も奈良の町ならでは。
恋愛の要素も多分にあり、物語の世界観を壊すことなく絶妙に織り交ぜられている。
ひとたびはまれば、奈良へ行って鹿せんべいを食べたくなること請け合いだ。


主演男優賞
内野聖陽(ゴンゾウ 伝説の刑事)

第1話で見せたのは、強烈に能天気なキャラクター。
しつこくて暑苦しい男を、体全体で表現した。
物語が進むに連れて次第に暗い影を見せ始める主人公の裏表を、巧みな役作りで演じたきった姿は圧巻。
舞台の仕事が多いようだが、勝手なことを言わせてもらえば、映画などでももっと見てみたい。


主演女優賞
夏川結衣(トップセールス)

女性の社会進出が稀だった時代に、自動車ディーラーでトップセールスに上り詰めていく主人公を気丈に演じた。
時にはコミカルに、時には弱さを見せ思い悩みながらも生き抜いていく女性の一代記を、幅広い年代に渡ってひとりで演じきった。


助演男優賞
緒形拳(風のガーデン)

遺作となった本作で見せた存在感には、ただただ驚くばかり。
表情のひとつひとつ、頭の天辺から足の先まで、あらゆる立ち居振る舞いに魂を感じたのは、私だけではないはず。
とくに中井貴一とふたり、親子として、医者と患者として接するシーンは、ドラマの中でも最大の見せ場であったと言える。


助演女優賞
和久井映見(ちりとてちん)

おおらかで楽観的な母親役を軽妙なテンポで演じきった。
どんな苦境でも持ち前の明るさと、天然ボケ気味のキャラクターで乗り切る姿は、ドラマにおいては重要な役割を担っていた。
これが素の私ですと言わんばかりの自然な振る舞いは、このドラマが視聴率以上の人気を博した一因といえる。


脚本賞
古沢良太(ゴンゾウ 伝説の刑事)

各回毎に山場を設けながら、最後までひとつの事件を追い続ける刑事たちの群像劇を見事に構成した力作。
内野聖陽の演技も迫力があったが、あの演技を引き出したのもこの脚本あってのこと。
相互に引っ張り合って物語の面白さをうまく増幅させていた。


音楽賞
佐橋俊彦(鹿男あをによし)

DVDのオーディオ・コメンタリーで玉木宏も言っていたように、無駄に豪華なエンディング・テーマ曲が印象深い。
鹿の群れが林の中を走り抜けていくスローモーション映像と相俟って、悠久な歴史の流れを感じさせる。
美しい奈良の街並みを見かける度に、このサウンドトラックの数々を思い出すことだろう。


主題歌賞
小谷美紗子『Who -08-』
(ゴンゾウ 伝説の刑事)

ドラマ各回のラストシーンに絶妙にかぶさってくるこの曲のイントロが、何とも切ない。
おざなりにタイアップされた曲ではなく、ドラマの雰囲気に合ったこの曲の存在感は大きい。
耳の奥に絡みついてくるようなボーカルは、音としてではなく脳へ直接働きかけてくるような濃厚さ。


新人賞
水沢奈子(スミレ 16歳!!)

演技経験の少ない14歳の女の子が、四谷スミレという人形役で見事に主演を務めた。
正統派美人の彼女が開き直って演じたからこそ、作り物の人形まで生き生きと栄えた気がする。
この役柄は今後大きな壁になるだろうが、いつかまたどこかで一皮剥けて成長した姿を見せて欲しい。
間違った方向へ行かないことを切に願う。


ノミネート(以下放送順)

作品賞 スミレ16歳!!/ゴンゾウ 伝説の刑事/風のガーデン/流星の絆
主演男優賞 玉木宏(鹿男あをによし)/中井貴一(風のガーデン)
主演女優賞 永作博美(四つの嘘)/水川あさみ(夢をかなえるゾウ)
助演男優賞 渡瀬恒彦(ちりとてちん)/三浦友和(薔薇のない花屋/流星の絆)/蟹江敬三(トップセールス)/要潤(キミ犯人じゃないよね?/流星の絆)/音尾琢真(スミレ 16歳!!)/尾美としのり(あんどーなつ/流星の絆)/古田新太(オー!マイ・ガール!!/夢をかなえるゾウ)
助演女優賞 綾瀬はるか(鹿男あをによし)/多部未華子(鹿男あをによし)/ミムラ(斉藤さん)/深津絵里(CHANGE)/比嘉愛未(コード・ブルー)/戸田恵梨香(流星の絆)
脚本賞 相沢友子(鹿男あをによし)/及川拓郎(スミレ 16歳!!)/倉本聰(風のガーデン)
音楽賞 吉俣良(薔薇のない花屋)/川井憲次(七瀬ふたたび)/羽毛田丈史(オー!マイ・ガール!!)/中塚武(夢をかなえるゾウ)
主題歌賞 山下達郎『ずっと一緒さ』(薔薇のない花屋)/夏川りみ『あの花のように』(フルスイング)/トータス松本『涙をとどけて』(ホカベン)/Perfume『セラミックガール』(スミレ 16歳!!)
新人賞 南沢奈央(栞と紙魚子の怪奇事件簿/赤い糸)/蓮佛美沙子(七瀬ふたたび)


選考対象作品

NHK フルスイング/刑事の現場/ちりとてちん/トップセールス/監査法人//七瀬ふたたび
日本テレビ 斉藤さん/1ポンドの福音/栞と紙魚子の怪奇事件簿/ホカベン/学校じゃ教えられない!/正義の味方/ヤスコとケンジ/オー!マイ・ガール!!
読売テレビ 夢をかなえるゾウ
TBS 猟奇的な彼女/Tomorrow~陽はまたのぼる~/あんどーなつ/魔王/流星の絆/ブラッディ・マンデイ
フジテレビ 薔薇のない花屋/ハチミツとクローバー/鹿男あをによし/ロス:タイム:ライフ/絶対彼氏~完全無欠の恋人ロボット/CHANGE/太陽と海の教室/シバトラ/コード・ブルー/33分探偵/風のガーデン
関西テレビ あしたの、喜多善男/チーム・バチスタの栄光
BSフジ スミレ16歳!!/枯れオヤジ~カレセンと呼ばないで~
テレビ朝日 キミ犯人じゃないよね?/ゴンゾウ 伝説の刑事/四つの嘘/小児救命
※2008年に最終回を迎えた作品が対象。早期に脱落したドラマは選考外とした。

関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

 

PIECE

tokufan

管理者 : tokufan
ウイスキーをちびちびと
プロフィール
過去のトップイメージ
管理者ページ
バナー
© 2002- TOKUFAN

Since 2002/04/10

新着記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

リコメンド

流通ニュース
上野優華 オフィシャルサイト
熊木杏里's Official Website
虚構新聞社
こよなく夜景を愛する人へ
サイエンス チャンネル
全国ロケ地ガイド
ソフトコレクション
ちょっと便利帳
東京アメッシュ
日本映画データベース
日本道路交通情報センター
日本標準時
Creazy!
everything is gone
iタウンページ
OnlineSoft VersionUp.info
PICASSO SITE
sunset terminal

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Template by たけやん