Secret Messages

日記 | ニュース | グルメ | ラーメン | こだわり
ドラマ | 映画 | 紀行 | IT | ピックアップ

野茂英雄の引退

2008年7月17日木曜日、ネットでニュースを読んでいた私の目に「野茂引退」の文字が飛び込んできた。
とうとうこの日が来たかという感じだった。

ドラフトで史上最多の8球団競合の末、近鉄バファローズに入団してから、渡米し、数々の球団を渡り歩いてきた日本人メジャーリーガ―の先駆けであった野茂の長い選手生活にピリオドが打たれた。
数え切れないほどのタイトルと記録、2度のノーヒットノーランなど、栄光の証しはわざわざここに列挙するまでもないだろう。
これだけの選手が、引退試合もセレモニーもなく、現役生活を終える。

引退に際して行われたインタビューで、「悔いが残る」と答えたそうだ。
あれだけの偉業を成し遂げながら、彼の後ろ髪を引くものはなんだったのか。
ピッチャーとしては考えられるありとあらゆる数字と結果を残しながら、彼が常々口にしていたワールドシリーズ制覇は叶わなかった。
ワールドシリーズのマウンドに登ることすらなかった。

結局野茂は、心底野球が好きだったのだ。
ワールドシリーズのマウンドで活躍する自分の姿を夢見ていたこどものような気持ちを、ついいましがたまで持ち続けていたに違いない。

彼の活躍に野球の素晴らしさ、スポーツの醍醐味を感じた多くのファンのひとりとして、私は「ありがとう」という言葉を彼に贈りたい。

極東の島国を飛び出し、最高峰の舞台で三振を取り続けてきた一陣のトルネードは、いま収束の時を迎えた。
次はどこで、どんな風が吹き荒れるのだろうか。
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

 

PIECE

tokufan

管理者 : tokufan
ウイスキーをちびちびと
プロフィール
過去のトップイメージ
管理者ページ
バナー
© 2002- TOKUFAN

Since 2002/04/10

新着記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

リコメンド

流通ニュース
上野優華 オフィシャルサイト
熊木杏里's Official Website
虚構新聞社
こよなく夜景を愛する人へ
サイエンス チャンネル
全国ロケ地ガイド
ソフトコレクション
ちょっと便利帳
東京アメッシュ
日本映画データベース
日本道路交通情報センター
日本標準時
Creazy!
everything is gone
iタウンページ
OnlineSoft VersionUp.info
PICASSO SITE
sunset terminal

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Template by たけやん