Secret Messages

日記 | ニュース | グルメ | ラーメン | ドラマ | 映画 | パソコン | ウェブ
熊木杏里 | 紀行 | 写真 | モノ | こだわり | おすすめソフト | ピックアップ

Secret Messages ドラマ大賞 2014

勝手にドラマ大賞の第7回である。
昨年1年間に放送されたドラマの中から、私自身が最後まで視聴した国内制作のドラマを対象に選んだ。
なお今年からは単発ドラマも含めて選考対象とした。

リスト03 対象作品

リスト クール別
2014年冬ドラマ【1月期】
2014年春ドラマ【4月期】
2014年夏ドラマ【7月期】
2014年秋ドラマ【10月期】
2014年1月~2014年6月の単発ドラマ
2014年7月~2014年12月の単発ドラマ

リスト 評価別
★★★★★
隠蔽捜査 BORDER ペテロの葬列 ごめんね青春! 素敵な選TAXI

★★★★
今夜は心だけ抱いて 三匹のおっさん なぞの転校生 僕のいた時間 ルーズヴェルト・ゲーム 花咲舞が黙ってない そこをなんとか2 孤独のグルメ アオイホノオ 昨夜のカレー、明日のパン さよなら私 私の部下は50歳 ボーダーライン
(単発) 眠りの森 孤独のグルメSeason4 真夏の博多・出張スペシャル 東京にオリンピックを呼んだ男 リーガルハイ・スペシャル


★★★
その日のまえに チーム・バチスタ4 螺鈿迷宮 相棒 season12 足尾から来た女 下町ボブスレー 珈琲屋の人々 花子とアン MOZU Season1 ~百舌の叫ぶ夜~ 続・最後から二番目の恋 死神くん リバースエッジ 大川端探偵社 HERO 聖女 おわこんTV ゼロの真実~監察医・松本真央~ おそろし~三島屋変調百物語 深夜食堂 第三部 きょうは会社休みます。 Nのために
(単発) リアル脱出ゲームTV 最後の仕事 最高の離婚Special2014 苦くて、甘い~希望の茶~ 生きたい たすけたい そんじょそこら商店街 人生は“サイテーおやじ”から教わった~漫画家・西原理恵子~ 東京が戦場になった日 お父さんは高校生 刑事 お葬式で会いましょう ダンナ様はFBI ~愛のミッション~ 事件救命医2~IMATの奇跡~ 殺人偏差値70 白銀ジャック 遺留捜査(8月) なぜ少女は記憶を失わなければならなかったのか?~心の科学者・成海朔の挑戦~ 月に行く舟 霧の旗 途中下車 このミステリーがすごい!


★★
S -最後の警官- ごちそうさん ロストデイズのひみつ ロストデイズ 東京ガードセンター リアル脱出ゲームTV アリスの棘 おやじの背中 終の棲家 花子とアン 僕らはみんな死んでいる ST 赤と白の捜査ファイル 若者たち2014 家族狩り すべてがFになる MOZU Season2 ~幻の翼~ ジョナ散歩
(単発) 鍵のかかった部屋 HAMU -公安警察の男- 木曽オリオン 星新一ミステリーSP 希望の花 悪夢ちゃんスペシャル 磁石男 奇跡の教室 ママが生きた証 マルモのおきてスペシャル2014 朝市の嫁さん 遺留捜査(10月) ヒガンバナ~女たちの犯罪ファイル 鵜飼いに恋した夏 坂道の家 隣のレジの梅木さん


なし

リスト コメント

昨年にも増して見るドラマの量は減った気がする。
時間的な理由もあるが、惰性で見続けるくらいなら録り貯めてある映画を見たいという気持ちが大きかったからだ。
さらに言えば、昨年ほど各賞に突出した存在が見られなかったので、選考作業は難航を極めた。

【1月期】冬ドラマ
  • 「今夜は心だけ抱いて」は、最終回までしっかり描かれていた点が好印象だった。
  • 「三匹のおっさん」は、三根梓がおっさん視聴者のハートを鷲づかみにしていった。
  • 「なぞの転校生」は、桜井美南のぽっと出感が悪くなかった。
【4月期】春ドラマ
  • 「東京ガードセンター」は、高梨臨さまのキャラが至福だった。
  • 「死神くん」は、原作のテイストを台無しにしていた。30分深夜枠のほうがいい物ができたんじゃないかな?
【7月期】夏ドラマ
  • 「僕らはみんな死んでいる」は、半分くらいの長さで終わっていれば、広瀬アリス鑑賞にはちょうど良かった。
  • 「アオイホノオ」は、原作者やその周辺を巻き込んで、キャストおよびスタッフの苦労が窺える意欲作だった。
【10月期】秋ドラマ
  • 「ごめんね青春!」は、クドカンの濃縮型スピード感と、用意周到な泣き笑いに溢れる何が起こるか分からない面白さでいっぱいだった。

すったもんだのあげく各賞は次の通りに決まった。
各賞下段は序列なしの次点作品。



リスト05 作品賞 隠蔽捜査
BORDER
ペテロの葬列
ごめんね青春!
素敵な選TAXI

完全に予想を裏切る面白さだった。あらためて感じたのは、見る前からつまらなそうと決めつけてはいけないと言うことだった。終始続く緊迫感。1話たりとも見逃せない連続性。いかにも警察組織で繰り広げられていそうな現実感に満ちあふれていた。


リスト05 主演男優賞 小栗旬 (BORDER)
小泉孝太郎 (ペテロの葬列)
竹野内豊 (素敵な選TAXI)
三浦春馬 (僕のいた時間)
松重豊 (孤独のグルメ Season4)
柳楽優弥 (アオイホノオ)
小林薫 (深夜食堂 第三部)

「素敵な選TAXI」が直近の放送だったので、竹野内豊のあのとぼけた運転手っぷりはいまだに頭から離れない。しかし、常にドラマの中心で物語を引っ張っていく力を感じたのは「BORDER」の小栗旬だったと思う。


リスト05 主演女優賞 波瑠 (おそろし~三島屋変調百物語)
土屋太鳳 (今夜は心だけ抱いて)
本仮屋ユイカ (そこをなんとか2)
仲里依紗 (昨夜のカレー、明日のパン)
木南晴夏 (私の部下は50歳)
吉高由里子 (花子とアン)
榮倉奈々 (Nのために)

仲里依紗と木南晴夏と波瑠の3人でとくに迷った。仲里依紗は何とも思わないときもあるのだが、抑えた演技の中で憂いが垣間見えたりするとやっぱり悪くないなと思う。木南晴夏も、年相応のふつうの女の子の役が妙に新鮮に写るときがある。波瑠が時代劇で主演と聞いた時は正直ちょっと違和感を感じたものだが、見てみたらこれが結構はまっていた。ふだん時代劇をほとんど見ないので、主演が波瑠でなければまず予約録画すらしなかったであろうことを考えると、その功績の大きさを感じずにはいられない。


リスト05 助演男優賞 安田顕 (隠蔽捜査/アオイホノオ)
オダギリジョー (S -最後の警官-)
千葉哲也 (ペテロの葬列)
長塚京三 (ペテロの葬列)
マキタスポーツ (ルーズヴェルト・ゲーム)
小出恵介 (Nのために)
ムロツヨシ (ごちそうさん)

問題は多いけどやるべきことはやる刑事役。芸大生時代の庵野ヒデアキ。どんな役にものめり込んで演じる姿が強烈に印象的。ふつうの役もふつうじゃない役も全身全霊で表現するヤスケンすごい。


リスト05 助演女優賞 波瑠 (BORDER/ごめんね青春!)
満島ひかり (ごめんね青春!)
高梨臨 (花子とアン/東京ガードセンター)
吉田羊 (HERO/素敵な選TAXI)
広瀬アリス (僕らはみんな死んでいる♪)
朝倉あき (東京が戦場になった日)
石橋杏奈 (朝市の嫁さん)

これはもう全員に賞を差し上げたいくらいお気に入りの女優さんたちなのだが……。「スミレ16歳!!」の頃から気になっていた波瑠が着実に実力を付けて目覚ましい活躍を見せてくれているのが嬉しいので、まさかの主演&助演のダブル受賞にすることとした。「BORDER」の検視官役は新鮮だったし、「ごめんね青春!」での儚くも悲運な少女役。どんな役でも確実に存在感を増している姿に天晴れ。


リスト05 脚本賞 バカリズム、オークラ (素敵な選TAXI)
中澤圭規・嶋田うれ葉・松本美弥子・熊本浩武 (隠蔽捜査)
金城一紀 (BORDER)
神山由美子 (ペテロの葬列)
宮藤官九郎 (ごめんね青春!)
清水友佳子、谷岡由紀、半澤律子 (今夜は心だけ抱いて)
木皿泉 (昨夜のカレー、明日のパン)
岡田惠和 (さよなら私)

「隠蔽捜査」や「BORDER」、「ごめんね青春!」なんかでも脚本の役割は大きかったと思うが、今年いちばん脚本そのものの構成力に唸らせられた作品だった。見終わった後なら誰でも考えつきそうな気もしてしまうが、原作なしのオリジナルで作られた点も評価に値する。すべてを完全にひとりで書き上げたわけではないだろうから、この脚本に携わったすべての人を讃えたい。


リスト05 音楽賞 菅野祐悟 (MOZU Season1~百舌の叫ぶ夜~/Season2~幻の翼~)
なし

ちょっとお手上げ。今年印象に残ったのはこれくらいだった。


リスト05 主題歌賞 柴咲コウ「蒼い星」 (アオイホノオ)
aiko「あたしの向こう」 (素敵な選TAXI)
桜井美南「今かわるとき」 (なぞの転校生)
プリシラ・アーン「ベスト・アイ・キャン」 (そこをなんとか2)
家入レオ「Silly」 (Nのために)

結局自分好みの曲が残るわけだけど、「蒼い星」に関しては、強烈な印象を残す本編をもう一度頭の中で反芻しながら聴くのにちょうど良かった。キャストやスタッフのエンドロールに、歩いていく背景画など、情報量の多い中でも耳に残る曲だった。


リスト05 新人賞 黒島結菜 (ごめんね青春!/アオイホノオ)
清水富美加 (ペテロの葬列)
三根梓 (三匹のおっさん)
桜井美南 (なぞの転校生)
萩原みのり (さよなら私)
早見あかり (すべてがFになる)

これまたぶっちゃけてしまえば自分の好みにも左右されるわけで、だからといって演技力を完全に度外視しているわけでもない。黒島結菜はドコモのCMで見たのが最初だと思うが、独特の存在感を持っていると思うので、これまた成長が楽しみな逸材である。


リスト05 過去の受賞作・受賞者
Secret Messages ドラマ大賞 2013
作品賞 あまちゃん
主演男優賞 松重豊 (孤独のグルメSeason3)
主演女優賞 戸田恵梨香 (書店員ミチルの身の上話)
助演男優賞 尾美としのり (あまちゃん/太陽の罠)
助演女優賞 江口のりこ (名もなき毒)
脚本賞 宮藤官九郎 (あまちゃん)
音楽賞 大友良英 (あまちゃん)
主題歌賞 小泉今日子「潮騒のメモリー」 (あまちゃん)
新人賞 刈谷友衣子 (メイドインジャパン/激流~私を憶えていますか?~)
Secret Messages ドラマ大賞 2012
作品賞 高校入試
主演男優賞 堺雅人 (リーガル・ハイ)
主演女優賞 尾野真千子 (カーネーション)
助演男優賞 阪田マサノブ (高校入試)
助演女優賞 小島藤子 (カーネーション)
脚本賞 湊かなえ (高校入試)
音楽賞 The Screen Tones (孤独のグルメ Season2)
主題歌賞 プリシラ・アーン「アイル・ビー・ヒア」 (そこをなんとか)
新人賞 本田翼 (Piece)
Secret Messages ドラマ大賞 2011
作品賞 鈴木先生
主演男優賞 長谷川博己 (鈴木先生)
主演女優賞 多部未華子 (デカワンコ)
助演男優賞 佐藤二朗 (JIN-仁- 完結編/勇者ヨシヒコと魔王の城)
助演女優賞 木南晴夏 (犬飼さんちの犬/勇者ヨシヒコと魔王の城)
脚本賞 坂元裕二 (それでも、生きてゆく)
音楽賞 辻井伸行 (それでも、生きてゆく)
主題歌賞 薫と友樹、たまにムック。「マル・マル・モリ・モリ!」 (マルモのおきて)
新人賞 瀧本美織 (てっぱん/美男(イケメン)ですね)
Secret Messages ドラマ大賞 2010
作品賞 熱海の捜査官
主演男優賞 加瀬亮 (SPEC ~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿~)
主演女優賞 松雪泰子 (Mother)
助演男優賞 遠藤憲一 (不毛地帯)
助演女優賞 満島ひかり (モテキ/ブラッディ・マンデイ Season2)
脚本賞 山本むつみ (ゲゲゲの女房)
音楽賞 坂口修 (熱海の捜査官)
主題歌賞 いきものがかり「ありがとう」 (ゲゲゲの女房)
新人賞 朝倉あき (とめはねっ!鈴里高校書道部)
Secret Messages ドラマ大賞 2009
作品賞 行列48時間
主演男優賞 阿部寛(白い春)
主演女優賞 加藤ローサ(恋して悪魔 ~ヴァンパイア☆ボーイ~)
助演男優賞 岸部一徳(再生の町)
助演女優賞 ミムラ(銭ゲバ/コールセンターの恋人)
脚本賞 樫田正剛(行列48時間)
音楽賞 澤野弘之、林ゆうき、上原ひろみ(トライアングル)
主題歌賞 かりゆし58『さよなら』(銭ゲバ)
新人賞 桜庭ななみ(ふたつのスピカ)
Secret Messages ドラマ大賞 2008
作品賞 鹿男あをによし
主演男優賞 内野聖陽(ゴンゾウ 伝説の刑事)
主演女優賞 夏川結衣(トップセールス)
助演男優賞 緒形拳(風のガーデン)
助演女優賞 和久井映見(ちりとてちん)
脚本賞 古沢良太(ゴンゾウ 伝説の刑事)
音楽賞 佐橋俊彦(鹿男あをによし)
主題歌賞 小谷美紗子「Who -08-」(ゴンゾウ 伝説の刑事)
新人賞 水沢奈子(スミレ 16歳!!)

最近見た映画

リスト アウトレイジ ビヨンド ★★★
現実感がなくて良かったと思うべきか。
リスト 鈴木先生 ★★★★
太鳳ジャンプはさすがにちょっとあれだけど……。その分差し引いても十分面白かった。どこの学校でも起こってそうな現実感は薄れたけど。
リスト 誰も守ってくれない ★★★★
映画の前日譚であるドラマ「誰も守れない」を見てからほぼ6年。ずっとこの映画がテレビで放送される日を待っていた。それはなぜか製作に携わったフジテレビではなくNHKでの放送だったが、やっと見ることができて嬉しい。そしてなかなか面白かった。
リスト 映画 ひみつのアッコちゃん ★★
恐るべし吉田里琴。
リスト しあわせのパン ★★★★
森カンナがやっぱりいい。
リスト 深呼吸の必要 ★★★
誰が主役と言うのでもなく、淡々と進んでいく感じは、作り物っぽさを感じさせない。「この中にお医者さまはいらっしゃいませんか~?」的な時に名乗り出る外科医の格好良さはやはり普遍的だ。
リスト BRAVE HEARTS 海猿 ★★★
原作者を怒らせたりご都合主義が鼻に付いたりとかはやっぱりあるんだけど、それでも胸が熱くなるシーンが一つや二つはあるもんだ。
リスト ぼくたちと駐在さんの700日戦争 ★★★
悪戯がいいってわけじゃないけど、昔は多少のことはおおらかに許してしまう社会だった気がする。いつの間にか日本て息苦しい世の中になっていたんだなあ。
リスト さまよう刃 ★★★
ちょうど川崎を歩いた直後に見たので、タイムリーだった。
リスト おおかみこどもの雨と雪 ★★★
アニメだからこそ表現できる世界だと思う。こういうアニメに触れると、安易にアニメを実写にしてはいけないんだと思わせられる。
リスト 探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点 ★★★
気のせいか1作目より面白かった。ヒロインの差か? 尾野真千子はどんな役も様になっているからすごい。

2014年7月~2014年12月の単発ドラマ

7/2(水) 21:00 日本テレビ 殺人偏差値70 ★★★
7/5(土) 21:00 テレビ朝日 ママが生きた証 ★★
8/2(土) 21:00 テレビ朝日 白銀ジャック ★★★
8/9(土) 16:00 テレビ朝日 孤独のグルメSeason4 真夏の博多・出張スペシャル ★★★★
8/9(土) 21:00 テレビ朝日 遺留捜査 ★★★
9/28(日) 21:00 フジテレビ マルモのおきてスペシャル2014 ★★
10/1(水) 21:00 日本テレビ なぜ少女は記憶を失わなければならなかったのか?~心の科学者・成海朔の挑戦~ ★★★
10/4(土) 14:00 TBS 月に行く舟 ★★★
10/11(土) 21:00 フジテレビ 東京にオリンピックを呼んだ男 ★★★★
10/18(土) 19:30 日本テレビ 花子とアン スピンオフスペシャル 朝市の嫁さん ★★
10/19(日) 21:00 日本テレビ 遺留捜査 ★★
10/24(金) 21:00 日本テレビ ヒガンバナ~女たちの犯罪ファイル ★★
11/12(水) 22:00 BSプレミアム 鵜飼いに恋した夏 ★★
11/22(土) 21:00 フジテレビ リーガルハイ・スペシャル ★★★★
12/6(土) 21:00 テレビ朝日 坂道の家 ★★
12/7(日) 21:00 テレビ朝日 霧の旗 ★★★
12/21(日) 24:40 フジテレビ 隣のレジの梅木さん ★★
12/25(木) 22:00 NHK 途中下車 ★★★
12/29(木) 21:00 TBS このミステリーがすごい! ★★★

ひとこと

謹賀新年

2015年ですかそうですか。
ちょっと速くないですか。
2014年てホントに365日あったんでしょうかと疑いたくなるレベルで、あっという間に時が過ぎていきます。

ひょっとして自分、6時間で起きなきゃいけないところを6+24時間くらい寝てしまって、1日すっ飛ばしてはいなかったでしょうか?
それが仕事のない日だったら気づかなかった可能性も否定はできません。
もともと目覚ましをセットしなければ12時間くらい平気で寝ていられる人種でしたし、ぐうたらな時代には体調が悪かったわけでもないのに23時間ほど眠り続けたこともあります。
そんな風にしてスキップしてしまった日が月に1日2日あったとしたら、1年を短く感じるのも仕方ないのかもしれません。

ああ。
せっかくの年始の挨拶なのに、こんなくだらない話で行数を稼いでしまいました。
この文章、最後まで読んでくれる人いるんでしょうか?

   ◇

最近は日記らしい日記をあまり書いていないので、近況報告をひとつ。
いま私はあるものに嵌っています。
それはなんでしょうか?

「どうせフチ子だろ」と思ったあなたは惜しいですね。
半分は正解です。
数ヶ月前は、フチ子が100%でしたが、いまは違います。
50%くらいです。
では、残り50%は何を考えているのか?
それは、デジカメのことです。

いまさらデジカメ?
そうデジカメです。

   ◇

いま使っているのはニコンのCOOLPIX P5100というコンデジで、買ってから7年以上経っています。
いまでも十分現役で使えるスペックではあるし、スマホ(Z1f)のカメラもかなり進化しているから事足りると言えばそうなのかもしれません。
それでもやはり、より解像度の高い写真を撮りたいという欲求が湧いてきてしまったのです。

大きなきっかけとなったのは、11月にBS朝日で放送された「The Photographers」というドキュメンタリーを見たからです。
鉄道や飛行機、動物といった各方面のジャンルで活躍するプロのフォトグラファーの活躍に密着する番組でした。

高校時代に家にあったミノルタのα7000を様々な場所へ持ち出して、素人なりに一眼レフを弄っていた頃の魂が呼び戻されてしまったようでした。

いますぐ買わなければいけない理由はないのでまだ情報収集の段階ですが、このリサーチ活動がまた楽しいのです。
ネットで掻き集めた情報によれば、いまは一眼レフのサブ機にもなる高級コンデジが一定の市民権を得ていて、これがなかなかいい画を残してくれるようです。

だから自分の中ではいま、一眼レフVS高級コンデジがせめぎ合っていたりもするのです。
じっさいには予算という強敵が立ちはだかってはいるのですが。

ある程度知識が溜まったら手にとって触ってみたくなるので、何かのついでに家電量販店に行っては、グリップ感やAFスピードを試してみたり、カタログ集めに勤しんでいるところです。

年末にはヨドバシがネットで予約受付した福袋に冷やかし半分で参加してみたけど、もちろん撃沈。
1月1日午前零時からやはりネットで販売されたニコンダイレクトの7万円コース辺りはいまでも残っているようだけど、踏ん切りが付かず。
というかもうしばらくはあれこれ迷って品定めを楽しみたいというのが本音なんですけどね。

いやホント。
なんなら今年1年、もしくは2~3年かけてでもいいから機種選びを楽しみたいと思っています。

それでは今年もよろしくお願いします。

フチ子とふなっしー

 | HOME | 

 

PIECE

tokufan

管理者 : tokufan
フチ子増殖中。
プロフィール
過去のトップイメージ
管理者ページ
バナー
© 2002- TOKUFAN

Since 2002/04/10

新着記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

リコメンド

熊木杏里 Private
虚構新聞社
こよなく夜景を愛する人へ
さんそな日常
全国ロケ地ガイド
そこからが無限
ソフトコレクション
ちょっと便利帳
東京アメッシュ
日本映画データベース
日本道路交通情報センター
日本標準時
ブタネコのトラウマ
林檎の木
Creazy!
everything is gone
iタウンページ
OnlineSoft VersionUp.info
PROJECT PICASSO
sunset terminal

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2Ad

Template by たけやん