Secret Messages

日記 | ニュース | グルメ | ラーメン | ドラマ | 映画 | パソコン | ウェブ
熊木杏里 | 紀行 | 写真 | モノ | こだわり | おすすめソフト | ピックアップ

雪の日

スマホからウエザーニュースに会員登録してみたり、気象予報士のtwitterを監視したりして、きのうの雪はやばそうだと言うことが分かっていたので、前日にはタイヤチェーンを装着して備えていた。

予報通り未明から降り出した雪は朝には積もり始めてしまったので、まず仕事に行く前に雪かきをしなければならなくなった。

50km先の目的地まで、こんな雪の日に一般道で行ったら何時間かかるか分からなかったので、かなり余裕をみて出発した。
慣れない雪道なのに、吹雪で視界は悪くなる一方。
がしかし、さすがに交通量は少ないので、渋滞というほどの渋滞には、運良く遭遇しなかった。

それでも常時時速30kmほどの低速走行と、路面状態を気にしながらの運転で疲れ果てていた。
3時間かけて目的地には着いた。

予定の時間まで待機しつつ車内でお菓子など食べながらくつろいでいたが、外はますます風が強くなっていた。
翌朝家まで帰るのに、いったい何時間かかるのか心配でならなかった。

結局その雪のため、仕事は予定外に早く終わってしまった。
夜のうちに帰路につけたのはラッキーだったが、行き以上に滑りやすくなった道路に神経を使い、やはり3時間かかってしまった。

最大の難所は、最後に待っていた。
自宅のある住宅地は坂の上にあり、これまで通過してきたどんな道よりも雪は深かった。
真夜中だというのに、すでに坂道の途中でハザードを点滅させて立ち往生している車もいる。
あきらめて、夜が明けるまで車は麓に置いておくことにした。

歩いて帰宅し、とりあえず着替えて暖まり、しばし微睡んだ後、コーヒーを一杯飲んでから、またしても雪かきを始めた。
とりあえずわが家の車庫の前は、周囲よりもあきらかに積雪が高い。
まずは車が入れる状態にしてから、下まで車を取りに行った。

途中引っかかりそうなところは、持参したスコップで軽く除雪する。
車はここからほとんどずっと、坂道を登っていかねばならなかった。

何度かスタックしそうになったが、何とか車庫に収めることができた。
やれやれであるが、ここからさらに一仕事。
近所総出で雪かきをしているので、車が戻せたからといってバタンキューが許される雰囲気ではない。
腰を痛めないように気をつけながら、若い男手のような働きぶりを見せなければならない。
近所づきあいも大変である。

やっとの思いで解放されると、風呂に入り、飯を食って落ち着いた。
今度こそ本当にバタンキューしようかと思ったが、これだけの雪はやっぱり横須賀辺りでは珍しいわけで、無性に文章にしたためたくなったので思いつきで日記を更新してみた。

 | HOME | 

 

PIECE

tokufan

管理者 : tokufan
フチ子増殖中。
プロフィール
過去のトップイメージ
管理者ページ
バナー
© 2002- TOKUFAN

Since 2002/04/10

新着記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

リコメンド

熊木杏里 Private
虚構新聞社
こよなく夜景を愛する人へ
さんそな日常
全国ロケ地ガイド
そこからが無限
ソフトコレクション
ちょっと便利帳
東京アメッシュ
日本映画データベース
日本道路交通情報センター
日本標準時
ブタネコのトラウマ
林檎の木
Creazy!
everything is gone
iタウンページ
OnlineSoft VersionUp.info
PROJECT PICASSO
sunset terminal

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2Ad

Template by たけやん