Secret Messages

日記 | ニュース | グルメ | ラーメン | ドラマ | 映画 | パソコン | ウェブ
熊木杏里 | 紀行 | 写真 | モノ | こだわり | おすすめソフト | ピックアップ

Secret Messages ドラマ大賞 2009

今年も1年を振り返るにふさわしい時機となりました。
つきましては2009年中にテレビ放送され最終回まで迎えた国内制作の連続ドラマ(注)のうち、私が視聴した作品の中から、個人的趣味で勝手に選考しました。
あくまで私の主観ですので、その旨ご留意下さい。(以下、敬称略)
(注)おおむね全2回までは単発ドラマの扱いとした。


リスト02 選考対象作品 (放送チャンネル順→最終回放送順)
※早期に脱落したドラマは選考外とした。
NHK
 だんだん ゴーストフレンズ コンカツ・リカツ ふたつのスピカ 派遣のオスカル~少女漫画に愛をこめて リミット-刑事の現場2- 白洲次郎 つばさ 再生の町 ROMES 空港防御システム 行列48時間 チャレンジド 外事警察
日本テレビ
 キイナ ~不可能犯罪捜査官~ 銭ゲバ アイシテル ~海容(かいよう)~ ザ・クイズショウ 赤鼻のセンセイ サムライ・ハイスクール
TBS
 ラブシャッフル ぼくの妹 スマイル ゴッドハンド輝 MR.BRAIN  官僚たちの夏 オルトロスの犬 JIN-仁- おひとりさま 小公女セイラ
毎日放送
 漂流ネットカフェ 深夜食堂
フジテレビ
 ヴォイス~命なき者の声~ ありふれた奇跡 赤い糸 BOSS 魔女裁判 ブザー・ビート~崖っぷちのヒーロー~ 救命病棟24時 東京DOGS
関西テレビ
 トライアングル 白い春 恋して悪魔 ~ヴァンパイア☆ボーイ~
テレビ朝日
 相棒 シーズン7 臨場 夜光の階段 名探偵の掟 ダンディ・ダディ?~恋愛小説家・伊崎龍之介~
朝日放送
 コールセンターの恋人 アンタッチャブル


この中から各賞にノミネートされた作品・キャスト・スタッフは次のとおり。


リスト02 ノミネート (放送チャンネル順→最終回放送順)
作品賞
 再生の町 行列48時間 外事警察 銭ゲバ JIN-仁- 白い春 臨場
主演男優賞
 渡部篤郎(外事警察) 松山ケンイチ(銭ゲバ) 三浦春馬(サムライ・ハイスクール) 小林薫(深夜食堂) 阿部寛(白い春) 内野聖陽(臨場)
主演女優賞
 田中麗奈(派遣のオスカル~少女漫画に愛をこめて) 南沢奈央(赤い糸) 加藤ローサ(恋して悪魔 ~ヴァンパイア☆ボーイ~)
助演男優賞
 原田芳雄(白洲次郎) 岸部一徳(再生の町) 小林すすむ(行列48時間) 北見敏之(スマイル) 椎名桔平(銭ゲバ) 岸谷五朗(サムライ・ハイスクール) 内野聖陽(JIN-仁-) 井川比佐志(ありふれた奇跡)
助演女優賞
 尾野真千子(外事警察) 余貴美子(外事警察) ミムラ(銭ゲバ/コールセンターの恋人) 木南晴夏(銭ゲバ) 室井滋(夜光の階段) 樋口可南子(小公女セイラ)
脚本賞
 樫田正剛(行列48時間) 古沢良太(外事警察) 岡田惠和(銭ゲバ/小公女セイラ) 渡辺千穂、半澤律子(赤い糸) 水橋文美江(トライアングル) 尾崎将也(白い春)
音楽賞
 金子隆博(銭ゲバ) 中塚武(赤鼻のセンセイ) 菅野祐悟(赤い糸/恋して悪魔 ~ヴァンパイア☆ボーイ~) 澤野弘之、林ゆうき、上原ひろみ(トライアングル) 吉川清之(臨場)
主題歌賞
 斉藤和義『愛の灯』(リミット-刑事の現場2-) TOKIO『また朝が来る』(ROMES 空港防御システム) かりゆし58『さよなら』(銭ゲバ) いきものがかり『ふたり』(ぼくの妹) B'z『イチブトゼンブ』(ブザー・ビート~崖っぷちのヒーロー~) 小田和正『さよならは 言わない』(トライアングル)
新人賞
 桜庭ななみ(ふたつのスピカ) 平愛梨(行列48時間) 川島海荷(アイシテル ~海容(かいよう)~) (サムライ・ハイスクール) 波瑠(オルトロスの犬) 岡本杏理(小公女セイラ)


厳正なるひとり審査の結果、受賞作は次のように決定いたしました。


作品賞
行列48時間

これはすんなり決まった。第2回を視聴した辺りで、今年いちばんのドラマだなと感じていた。原作は未読だが、隅から隅まで練られた脚本が絶妙。これに役柄にマッチした渋い役者陣が配置され、その時点で傑作となる下地はできあがっていた。宝福喜朗(國村隼)は無事福袋を手にすることができるのか。そんな根本的なドキドキ感すら忘れさせるように、次から次へと湧き上がる謎。誘拐事件を捜査する警察と行列とが、絡み合ってはいるのに噛み合わないさじ加減が、このドラマ最大のエスプリと言えよう。

主演男優賞
阿部寛(白い春)

単純に主演男優の演技として思い返した時、いちばん印象に残っているのは『白い春』の阿部寛だった。過剰なまでの役作りと、のめり込み様は強烈だった。自分の娘に対して腫れ物を触るように接する姿や、パン屋に気をつかって尻込みする所作も自然すぎた。完璧に元囚人にしか見えない阿部寛の役者魂に脱帽である。

主演女優賞
加藤ローサ(恋して悪魔 ~ヴァンパイア☆ボーイ~)

該当なしにしようかとも思ったが、それではあんまりなので彼女を選んだ。リクルート「ゼクシィ」のCMで一躍時の人となり、お人形さんのような容姿で印象を残したが、失礼ながら女優としてここまで成長するとは思わなかった。それはCM女優やモデルとして抱いていた以上のものだったという意味であり、ひいき目もあるかもしれない。さらに昨年公開された映画『天国はまだ遠く』での演技を、私個人が今年になって見ていた印象も引きずっているだろう。期待値を含めての受賞とも言えるが、今後も楽しみな女優のひとりではある。

助演男優賞
岸部一徳(再生の町)

貫禄の演技と言うより他ない。押し殺したような静かさの中で見せる圧倒的な存在感がすごい。これまでに見せてきた様々な役柄も印象深いが、作品ごとの演じ分けに円熟の柔軟性を感じる。『白洲次郎』や『不毛地帯』(放送中)、『火の魚』(単発)の原田芳雄と最後まで悩んだが、今回は『ありふれた奇跡』や『不毛地帯』(放送中)なども含めた岸部一徳の幅広い活躍を評したい。

助演女優賞
ミムラ(銭ゲバ/コールセンターの恋人)

『銭ゲバ』での深淵に迫る鬼気とした社長令嬢役はいまだ記憶に新しい。松山ケンイチ演じる残忍な蒲郡風太郎と渡り合うにふさわしい迫真の演技だった。一方『コールセンターの恋人』での飄々としたアオキョー(青山響子)役。最終回では、それまでの役柄を引きずりつつうまく心情変化を演じていた。

脚本賞
樫田正剛(行列48時間)

ドラマや映画の出来を決める最大の要因は、やっぱり脚本だと思う。監督や役者がどんなに良くても、脚本がダメではどうしようもない。そもそもそんな脚本でドラマや映画を作ろうとは誰も思わないだろうと考えるのがふつうだが、それがそうでもない。企画の段階でボツになっていてもおかしくないと思われるような作品が世に送り出されている現状に、多くのドラマファン・映画ファンは辟易している。それでも見るのをやめないのは、まれに本作のようなすばらしい作品に巡り会えるからだ。原作が未読なので迂闊なことは語れないが、これほどあらゆるキャラを引き立てた、言い換えれば全員が主役と言っても良いくらい登場人物に無駄がなく、淀みなくひとつのエンディングへ向けて練り上げられた脚本には、そうそう巡り会えるものではないということだ。

音楽賞
澤野弘之、林ゆうき、上原ひろみ(トライアングル)

謎が謎を呼び、なかなか真実の見えてこない迷宮のようなドラマを飾るにふさわしい音楽だった。とくに上原ひろみの「Flashback」、林ゆうきの「cocoon」、澤野弘之の「tragedy」などは印象に残る。時にドラマ以上に情緒的であり、ストーリーをよりいっそう盛り上げるに十分だった。

主題歌賞
かりゆし58『さよなら』(銭ゲバ)

主人公蒲郡風太郎(松山ケンイチ)は携帯電話で派遣登録するなど、舞台設定は紛うことなく現代の日本だ。それでも原作が発表された1970年代の風俗を色濃く醸し出す本作の雰囲気に、メロディーから歌詞まで見事にマッチしていた。どろどろとした醜悪な人間ドラマの終わりに、一呼吸間を置いてから始まるイントロが、見る者を現実世界へ引き戻す作用も担っていたような気がする。

新人賞
桜庭ななみ(ふたつのスピカ)

若手の有望株であり、『ふたつのスピカ』で主演を勤め上げたことを大きく評価したい。また連続ドラマではないが、本年3月に放送されたドラマ『ゴーストタウンの花』も印象深いものであった。余談だが、『ふたつのスピカ』は作品賞ノミネートの一歩手前まで行っていたことも付記しておく。


リスト05 Secret Messages ドラマ大賞 2008

熊木杏里 6thアルバム「はなよりほかに」

はなよりほかに

ニュース
リスト02 熊木杏里 news (hotexpress)
リスト02 熊木杏里、話題曲が満載の新作『はなよりほかに』がリリース! (CDJournal.com)
リスト02 熊木杏里、連載「聴こえる書斎~はなよりほかに」がCDJ.comでスタート! (CDJournal.com)
特集
リスト02 熊木杏里 特集 (hotexpress)
リスト02 熊木杏里 特集 (ミュージコ)
リスト02 熊木杏里連載 「聴こえる書斎~はなよりほかに」 (CDJournal.com)
トラック
1.君の名前 (Album Ver.)
2.今日という日の真ん中
3.花言葉
4.センチメンタル
5.未来写真
6.桜見る季節
7.祈り
8.天使
9.Snow
10.一千一秒
11.バイバイ
12.光 (映画「重力ピエロ」イメージソング) [ボーナストラック]
13.ふるさと (2009年5月10日東京グローブ座ライブより) [ボーナストラック]

   ◆

11月6日に発売された熊木杏里6枚目のニューアルバムは、『はなよりほかに』
いつものことではあるが、彼女の曲は聴きこむほどに味わい深くなる。
さらに言えば、50回100回聴いてなお、新たな魅力に引き込まれることさえある。

「君の名前」はシングルバージョンが歌い出しから始まっていたのに対し、イントロが挿入されより洗練された印象。
あわせて一部動画だったPVが、全編静止画に差し替えられている。

アルバムバージョンのPVは、上記のリンクにもあるhotexpressの熊木杏里特集ページ内Track listから完全視聴できる。

「センチメンタル」から「未来写真」「桜見る季節」といった中盤。
アルバムのなかでもとくに耳に残る一群は、全体にしっとりとした仕上がりのアルバムにおいて絶妙のアクセントになっている。

「天使」「Snow」で訥訥と心根に迫った後、ラスト1曲前に聴かせるのが「一千一秒」である。
イントロからして「寿」や「こと」にも通じる壮大な世界観に、一気に引き込まれる。
見た目からは到底窺い知れない彼女の懐の深い精神世界の前には、ただ平伏すのみである。
ラブソングにこだわったというこのアルバムは全体に地味な印象を残すものの、「一千一秒」の存在感にはしてやられた感が強い。

そして「バイバイ」という曲で、このアルバムは終わる。

初回限定盤にはこの後、映画『重力ピエロ』のイメージソングと、今年春のライブ音源から唱歌「ふるさと」がボーナストラックとして収録される。
どちらの曲にも熊木杏里の持ち味は出ているし、貴重な音源だからまさにボーナストラックではあるが、『はなよりほかに』というアルバムのコンセプトからは外して聴いた方がいいのかもしれない。

関連
リスト04 -PRIVATE- 熊木杏里
リスト04 熊木杏里 (Kingrecords)
リスト04 熊木杏里公式blog ~hotexpressで綴る言葉たち~
リスト04 熊木杏里 (Wikipedia)
リスト04 ベストアルバム(グレイテストヒッツ)【CD】-熊木杏里 2枚組 (HMV ONLINE) 詳細不明

ジャズイン2世現わる

キリン 午後の紅茶 ティースパークリング
午後の紅茶 ティースパークリングの存在を知ったきっかけは、本ブログのジャズイン-その一瞬の輝き-という記事に寄せられた、「よく似た商品が最近発売された」というコメントだった。

リスト | 2009-12-15 | じゃずいん

キリンビバレッジの『午後の紅茶』シリーズでは、以前にもレモン風味の炭酸紅茶を発売している。
つまり炭酸と紅茶を掛け合わせることに、一定のコンセンサスを得ていたようだ。
そうした実績を踏まえた上で、新たに発売された炭酸紅茶にはレモンなど柑橘類の風味を加えた形跡が見られない。
これは期待できると思った。
何よりも「ジャズインの味によく似ている」というコメント者のことばが、心強いではないか。

    ◆

さっそく近所のファミリーマートへ行くと、リーチインの中で棚1段すべてにティースパークリングが展開されている姿を見つけた。
何軒かのコンビニをハシゴすることも覚悟していたので、これには驚かされた。

とりあえず2本買い、すぐに飲んでみたが、「たしかにこれはジャズインに近い」と感じた。

炭酸と紅茶のバランス、風味や甘さ加減が、ジャズインに肉薄するほど絶妙だと感じた。
ジャズインよりもやや甘さが強いかとも思ったが、最後に飲んでから15年以上経っているので誤差の範囲内とも言える。

何よりもこのティースパークリングを飲んでみて、かつて愛飲したジャズインの味が記憶を遡るようにして蘇るのが嬉しかった。

ラベルには「パーティーシーンでの乾杯や、食事と一緒にお楽しみ下さい」というコピーが見られ、かつてのジャズインがやはり食事のお供にも最適だったことを思いだした。
個人的には弁当と一緒によくジャズインを飲んでいたので、ただの紅茶よりもごはん食に合うとすら感じていたものだ。

有益な情報を提供していただいた「じゃずいん」さんに、感謝申し上げます。

リスト05 午後の紅茶 ティースパークリング
リスト05 ニュースリリース

ドッキリじゃないらしい

先日仕事で訪れたあるビルで、シンドラーのエレベーターに乗った。

定員オーバーというほどではなかったが、そこそこの人数で乗っていたと思う。
上昇中のエレベーター内で、「これシンドラー製だぞ」なんて話もしていた。

目的の階に到着したと思った瞬間、いやな間が空いた。
ガクンという大きな音と揺れの後、かごは停止。
開きかけた扉が、何かに引っかかったかのように途中で止まってしまった。

な・に・ご・と!!!???

人ひとり通れるくらいの絶妙な隙間を残し、開閉ボタンにも行き先階ボタンにも無反応を決め込んで、そのエレベーターは役目を終えたかのように動かなくなってしまった。

しかもフロアの床とずれていて、20センチほど段差ができている。

ちょびっとだけ行き過ぎてしまったようだ。
これにはさすがにびくった。

ひとしきりざわついた後、とりあえずその隙間から全員脱出した。
どうも、以前にも止まってしまったことがあるらしい。

その後このエレベーターがどうなったかは知らない。
しかし、階段のすばらしさを再認識したことだけは、たしかだった。


Quetta(クエタ) ★★★

京急日ノ出町駅前にある24時間営業のインド・パキスタン料理店である。
今年の3月以来で、2度目となる。

またしてもランチタイムでないのは残念だが、朝8時から焼きたてのナンが食べられるのは嬉しい限り。

チキンスピナッチカレー(Chicken Spinach Curry)(980円)とナン(250円)を注文。
スピナッチはほうれん草のことで、ご覧の通りの青緑色カレーだ。

チキンスピナッチカレー

前回来た時とはシステムがやや変わっていて、各カレーの辛さを「マイルド・ミディアム・ホット」から自由に選べるようになっていた。
きょうはミディアムにしたのだが、これがあまり辛くないのは誤算だった。

それでも全長40cmのナンはやはりおいしかった。
香ばしさとほのかな甘みと、噛むほどに深まる味わい深さ。
これだけ食べに来るってわけには……行かないよね?

お通し(といっても料金には入ってなかった)にはパパド(煎餅のような前菜)が軽く一皿。
そして生ビールが270円だったことは、特筆すべきかもしれない。

リスト05 神奈川県横浜市中区宮川町3-81 (Google マップ)

2010年冬ドラマ【1月期】 リストアップ

曜日 開始日 時間 タイトル キャスト 制作局
1/3 20:00 龍馬伝 福山雅治 寺島しのぶ 児玉清 杉本哲太 松原智恵子 島崎和歌子 草刈民代 大鳥れい 香川照之 蟹江敬三 倍賞美津子 須田直樹 野口真緒 大森南朋 奥貫薫 広末涼子 宮迫博之 近藤正臣 田中泯 青木崇高 リリー・フランキー 大泉洋 佐藤健 要潤 ピエール瀧 音尾琢真 本田大輔 山雄介 原田裕章 真木よう子 貫地谷しほり 里見浩太朗 渡辺いっけい 武田鉄矢 高橋克実 生瀬勝久 谷原章介 NHK
1/17 21:00 特上カバチ!! 初回~22:08 櫻井翔 堀北真希 遠藤憲一 渡辺いっけい 田丸麻紀 菊里ひかり 浅野ゆう子 上里亮太 伊郷アクン 高橋克実 中村雅俊 TBS
1/10 23:00 祝女~shukujo~ 注目!! 市川美和子 臼田あさ美 小出早織 佐藤めぐみ ともさかりえ 友近 YOU NHK
月-土 放送中 8:15 ウェルかめ 倉科カナ 石黒賢 羽田美智子 大原光太郎 芦屋小雁 室井滋 益岡徹 坂井真紀 正名僕蔵 大東俊介 岩佐真悠子 田中こなつ 武田航平 星野知子 温水洋一 松尾れい子 嶋大輔 NHK
月-金 1/5 13:30 インディゴの夜 森口瑤子 六角精児 加藤和樹 和田正人 天野浩成 深水元基 加治将樹 森カンナ 玉有洋一郎 高木万平 高木心平 真山明大 田中幸太朗 徳山秀典 我修院達也 升毅 東海テレビ
1/11 20:00 ハンチョウ~神南署安積班~シリーズ2 佐々木蔵之介 中村俊介 塚地武雅 黒谷友香 賀集利樹 山口翔悟 安めぐみ 細川茂樹 田山涼成 TBS
1/11 21:00 コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命- 2nd season 初回20分拡大 山下智久 新垣結衣 戸田恵梨香 比嘉愛未 浅利陽介 児玉清 勝村政信 寺島進 杉本哲太 りょう 椎名桔平 フジテレビ
1/26 21:00 泣かないと決めた日 榮倉奈々 藤木直人 要潤 杏 五十嵐隼士 川口春奈 片瀬那奈 紺野まひる 長谷川純 有坂来瞳 町田マリー 内田滋 田島優成 河井青葉 田中えみ 段田安則 木村佳乃 フジテレビ
1/12 22:00 まっすぐな男 佐藤隆太 深田恭子 貫地谷しほり 遠藤雄弥 佐々木希 宇野実彩子 宇梶剛士 滝沢沙織 さくら 三浦理恵子 渡部篤郎 関西テレビ
1/13 21:00 赤かぶ検事京都篇 初回2時間スペシャル 中村梅雀 菊川怜 原沙知絵 麻木久仁子 中西良太 川俣しのぶ 阿部進之介 安居剣一郎 小野武彦 古手川祐子 TBS
放送中 21:00 相棒 season8 水谷豊 及川光博 川原和久 大谷亮介 山中崇史 六角精児 山西惇 テレビ朝日
1/13 22:00 曲げられない女 菅野美穂 谷原章介 塚本高史 永作博美 日本テレビ
1/20 24:34 新撰組 PEACE MAKER 須賀健太 柳下大 古川雄大 上山竜司 榊原徹士 原幹恵 松川尚瑠輝 伊右典 佐野泰臣 滝澤史 谷内伸也 遠藤章造 ユキリョウイチ 前田健 野村周平 脇智史 中島愛里 大塚シノブ 荒木宏文 毎日放送
1/7 20:00 とめはねっ!鈴里高校書道部 注目!! 全6回 朝倉あき 池松壮亮 中村倫也 赤井沙希 浅野かや 亜希子 奈津子 八嶋智人 葉月里緒奈 ダンカン 山本陽子 高橋英樹 NHK
1/14 20:00 853~刑事・加茂伸之介 寺脇康文 富田靖子 菅原大吉 戸次重幸 林剛史 新谷真弓 小川奈那 有薗芳記 金田明夫 田辺誠一 テレビ朝日
1/14 21:00 エンゼルバンク ~転職代理人 長谷川京子 ウエンツ瑛士 中村蒼 大島優子 君沢ユウキ 奥村佳恵 尾美としのり 村上知子 高知東生 西岡徳馬 生瀬勝久 テレビ朝日
放送中 22:00 不毛地帯 2クール 唐沢寿明 和久井映見 多部未華子 柳葉敏郎 段田安則 古田新太 橋爪功 中丸新将 中村敦夫 佐々木蔵之介 小雪 伊東四朗 阿部サダヲ 天海祐希 遠藤憲一 原田芳雄 岸部一徳 竹野内豊 斉木しげる 松重豊 梶原善 袴田吉彦 フジテレビ
1/14 23:58 木下部長とボク 初回24:28開始 板尾創路 田中直樹 池田一真 津田寛治 遠山景織子 山田麻衣子 高橋ひとみ 宅麻伸 読売テレビ
放送中 25:38 プリズンブレイク ファイナルシーズン ウェントワース・ミラー ドミニク・パーセル アマウリー・ノラスコ ロバート・ネッパー サラ・ウェイン・キャリーズ ウェイド・ウィリアムズ ウィリアム・フィクナー マイケル・ラパポート レオン・ラッサム 日本テレビ
1/15 21:00 宿命 1969-2010 ~ワンス・アポン・ア・タイム・イン・東京~ 北村一輝 小池栄子 上原美佐 細田よしひこ 藤井美菜 松坂慶子 田中健 奥田瑛二 真野響子 朝日放送
1/8 21:00 ねこタクシー 全12回 竹山隆範 鶴田真由 山下リオ 甲本雅裕 高橋長英 山田明郷 東名阪ネット6
1/15 22:00 ヤマトナデシコ七変化 初回75分 亀梨和也 手越祐也 内博貴 宮尾俊太郎 大政絢 TBS
1/8 23:15 サラリーマン金太郎2 永井大 井上和香 青山倫子 細川茂樹 古谷一行 宇津井健 テレビ朝日
1/8 24:12 マジすか学園 AKB48 SKE48 SDN48 テレビ東京
放送中 25:05 0号室の客 2クール 横山裕 フジテレビ
1/9 19:30 咲やこの花 全10回 成海璃子 平岡祐太 余貴美子 寺田農 佐野史郎 松坂慶子 NHK
1/23 19:56 ブラッディ・マンデイ 初回19:00開始2時間スペシャル 三浦春馬 佐藤健 吉瀬美智子 松重豊 芦名星 川島海荷 藤井美菜 成宮寛貴 竜雷太 中原丈雄 黒川智花 高嶋政宏 吉沢悠 TBS
1/16 21:00 君たちに明日はない 全6回 坂口憲二 田中美佐子 堺正章 麻生祐未 村田雄浩 須藤理彩 北村有起哉 前田吟 吉田桂子 越村友一 NHK
1/23 21:00 左目探偵EYE 山田涼介 横山裕 石原さとみ 岡田義徳 片平なぎさ 日本テレビ
1/2 22:00 蒼穹の昴 BShi 全25回 田中裕子 余少群 周一囲 小澤征悦 殷桃 平田満 NHK
放送中 23:10 ターミネーター:サラ・コナー クロニクルズ Warner Bros.制作 レナ・ヘディ トーマス・デッカー サマー・グロー ブライアン・オースティン・グリーン リチャード・T・ジョーンズ フジテレビ
1/9 23:25 やつらは多分宇宙人! 全10回 谷村美月 馬場徹 井之脇海 錦野旦 原千晶 嶋田久作 BSフジ
※放送日時は、地域により異なる。

おもな単発ドラマ

放送日 時間 タイトル キャスト 制作局
11/29(日) 20:00 坂の上の雲 第1部 全5回 本木雅弘 阿部寛 香川照之 菅野美穂 NHK
12/11(金)
18(金)
22:00 シスター 注目!! 全2回 加藤ローサ 小澤征悦 紺野まひる 田中圭 加藤清史郎 NHK
12/14(月) 21:00 松本清張生誕100年記念スペシャルドラマ 『中央流沙』 和央ようか 石黒賢 かたせ梨乃 西岡徳馬 高嶋政宏 平田満 六平直政 小林綾子 でんでん 香山美子 天田俊明 TBS
12/19(土) 21:00 椿山課長の七日間 石原さとみ 船越英一郎 田中美佐子 戸田菜穂 高岡蒼甫 東ちづる 中村俊介 津川雅彦 北大路欣也 テレビ朝日
12/21(月) 21:00 松本清張生誕100年記念スペシャルドラマ 『火と汐』 寺尾聰 山本耕史 遠藤憲一 西田尚美 佐藤仁美 東根作寿英 小木茂光 浅見れいな 萬田久子 清水美沙 渡部篤郎 TBS
12/21(月) 23:00 25分 私が初めて創ったドラマ 「ウラ声ボーイズ」 BShi 松川尚瑠輝 尾野真千子 染谷将太 草野イニ 太賀 NHK
12/22(火) 23:00 25分 私が初めて創ったドラマ 「5Q」 BShi 大倉孝二 浅見れいな 高野志穂 三津谷葉子 松岡璃奈子 NHK
12/23(水) 23:00 25分 私が初めて創ったドラマ 「恐竜とおじいちゃん」 BShi 夏未エレナ ミッキー・カーチス 前田亜季 NHK
12/26(土) 21:00 はぐれ刑事純情派 最終回スペシャル 藤田まこと 池上季実子 村上信五 町田慎吾 大場順 若林哲行 島田順司 梅宮辰夫 小川範子 松岡由美 岡本麗 眞野あずさ 赤座美代子 佐藤アツヒロ 渡辺梓 林泰文 はるな愛 テレビ朝日
12/29(火) 21:00 松本清張ドラマスペシャル「顔」 谷原章介 原田夏希 高橋和也 大地康雄 中本賢 塩野谷正幸 瀬川亮 美保純 NHK
12/30(水) 23:30 40女と90日間で結婚する方法 市原隼人 飯島直子 宮地大介 松川貴弘 宮成竜二 山口景子 上原美優 辰巳裕二 高橋ひとみ 杉田かおる フジテレビ
1/1(金) 19:20 陽炎の辻スペシャル~居眠り磐音江戸双紙~ 山本耕史 中越典子 宇梶剛士 川村陽介 水野美紀 須賀健太 榎木孝明 辰巳琢郎 小松政夫 佐藤B作 北川弘美 近藤正臣 NHK
1/1(金) 23:55 笑う女優 香里奈 国仲涼子 板谷由夏 バナナマン ドランクドラゴン 東京03 日本テレビ
1/2(土) 16:00 新春ワイド時代劇「柳生武芸帳」 反町隆史 速水もこみち 逢沢りな 山本太郎 京本政樹 国分佐智子 青山倫子 徳井優 吹越満 松方弘樹 松平健 宅麻伸 羽田美智子 風間トオル 内田朝陽 篠井英介 斉木しげる 羽場裕一 寺田農 石橋蓮司 菊川怜 高島礼子 高橋英樹 テレビ東京
1/2(土) 23:00 湯けむりスナイパー お正月スペシャル 遠藤憲一 伊藤裕子 大野未来 谷桃子 池谷のぶえ 松田美由紀 でんでん 長門裕之 テレビ東京
1/3(日) 21:15 救命病棟24時 ~2010スペシャル~ 注目!! 江口洋介 松嶋菜々子 北乃きい 石田卓也 夏八木勲 ユースケ・サンタマリア フジテレビ
1/3(日) 26:00 しぇいけんBABY! -Shakespeare Syndrome- new 山本裕典 溝端淳平 佐々木希 大東俊介 杉本有美 フジテレビ
1/4(月) 13:30 新春ドラマスペシャル「福助」 注目!! 大後寿々花 深澤嵐 澁谷武尊 石倉三郎 温水洋一 ゴルゴ松本 梅垣義明 京野ことみ 菊池桃子 笹野高史 東海テレビ
1/4(月) 23:30 フジテレビヤングシナリオ大賞 輪廻の雨 山本裕典 瀬戸康史 貫地谷しほり 青木崇高 手塚理美 永井大 フジテレビ
1/9(土) 21:00 二本の木 new 小沢北太郎 小沢冬平 [朗読]片岡仁左衛門 竹下景子 NHK
1/9(土) 21:00 最後の約束 フジテレビ
1/10(日) 21:00 筆談ホステス ~母と娘、愛と感動の25年。届け!わたしの心~ 北川景子 福士誠治 戸田菜穂 笹野高史 手塚理美 田中好子 TBS
1/11(月) 21:00 夏樹静子・作家40年記念サスペンス特別企画 『Wの悲劇』 菅野美穂 香川照之 真矢みき 中村橋之助 成宮寛貴 谷村美月 津川雅彦 池内淳子 江守徹 小日向文世 武田鉄矢 戸田昌宏 宮藤官九郎 温水洋一 左時枝 風花舞 平野勇樹 TBS
1/16(土) 21:00 神戸新聞の7日間 ~命と向き合った被災記者たちの闘い~ 櫻井翔 吹石一恵 萩原聖人 田中圭 小野武彦 山本圭 高嶋政宏 内藤剛志 フジテレビ
1/17(日) 23:00 阪神・淡路大震災15年 特集ドラマ 「その街のこども」 注目!! 佐藤江梨子 森山未來 NHK

チェンジ

横浜ベイスターズのストーブリーグがなかなか熱い。
任期の残っている同一リーグのコーチを監督として引き抜いてきただけあって、動きが慌ただしいのだ。

これまでは、オーナーにもフロントにも本気でチームを強くしようという気概を感じなかった。
それが今年は社長の交代と尾花高夫監督就任を機に、例年になく選手の入れ替え、補強が進んでいるように見える。

●11月9日
那須野巧投手・斉藤俊雄捕手(横浜ベイスターズ)
清水直行投手(千葉ロッテマリーンズ)
2対1交換トレード

●11月12日
杉原洋投手(NOMOベースボールクラブ)
獲得

●11月25日
加藤武治投手・松家卓弘投手・関口雄大外野手(横浜ベイスターズ)
稲田直人内野手・坂元弥太郎投手・松山傑投手(北海道日本ハムファイターズ)
3対3交換トレード

●11月27日
橋本将捕手(千葉ロッテマリーンズ)
FA獲得

●12月10日
篠原貴行投手(福岡ソフトバンクホークス)
獲得

●12月14日
早川大輔外野手(千葉ロッテマリーンズ)
金銭トレード

※公式サイト等より

これにドラフトを経て獲得した7選手(うち育成枠2名)に、台湾球界から王溢正投手(La Newベアーズ)の入団も発表された。

大量に選手を放出することはあっても、これだけ積極的な補強は記憶にない。
各選手の力は未知数ではあるが、いやが上にも期待は高まる。

大きく変わろうという意気込みが、チームから感じられるのが何よりの吉兆である。
そしてできるならば1年2年で結果が出ない時に、監督を替えて策を講じましたとポーズを見せるのではなく、長い目で見てチームの再建を図って欲しいとも思う。

リスト02 横浜ベイスターズ

パク森(市ヶ谷本店) ★★★★★

横浜へ行ったついでに市ヶ谷というのも変な話だが、健康診断の帰りにパク森の市ヶ谷本店へ行ってきた。

あいにくの雨模様だったが、朝から何も食べていなかったのでそれはもう楽しみで仕方なかった。

店は大きな通りに面していたが、ちょうど裏通りを入ったところにタイムズがあったのでするりと入庫。
店を見つけると、通りがかりを装うこともなく即入店した。
ちょっと悩んだ振りをしてパク森カレー(900円)中盛(+100円)を辛口で頼んだ。

何となく薄暗い喫茶店風の造りをイメージしていたが、白を基調としたカウンターのみの瀟洒な雰囲気が意外だった。
もともとあった本店とは場所が異なるらしいので、単なる私の思い込みに過ぎなかったのが。

いや~しかし、うまい。
具だくさんのカレーが好きな人には認められないだろうが、このカレーは私の好みにがっちり合っている。
味わい深いプレーンカレーとうまみとこくのぎっしり詰まったドライカレーのコンビネーションの前には、そりゃ一口食べるごとにうまいという言葉が頭の上を飛び交うわけだ。
食べ終わる頃には、マンガの吹き出しのようないくつもの「うまい」に取り囲まれている自分がいた。

市ヶ谷、渋谷、小田原という店舗展開では、次にパク森カレーが食べられるのはいつになることやら。
レトルトのパク森カレーが結構いい出来なので、買いだめしておいた方がいいのかもしれない。

リスト05 カレー屋パク森 公式サイト
リスト05 東京都千代田区九段南4-8-30 (Google マップ)

何だか無性に行列に並びたくなってきた!!

『行列48時間』 年末全6話一挙再放送!! (NHKブログ)
 12月29日(火) 23:10~25:28
 12月30日(水) 23:55~26:18
 まだ見てないあなた、必見ですよ。
【山田祥平のRe:config.sys】 ほしい→キボンヌ (PC Watch)
 すごく便利そうなGoogle 日本語入力だけど、自分の文章が変えられそうで怖い。
揚げたてのポテトチップスは凄く美味しい (デイリーポータルZ) [Escapism]
 コイケヤに行くところが、にくいねどうも。
ソフマップ、ユーザーの目の前でHDDなどを物理的に破壊してくれるサービスを開始 (GIGAZINE)
 捨てるに捨てられないHDDがいくつかある。
 リスト02 記憶メディア破壊サービス (データ消去) (sofmap.com)
500色の色えんぴつ (フェリシモ) [TBN]
 名前つけるの大変でしたね。
盥回し (アンサイクロペディア)
 身に染みて分かる。
「ツイッター一度も使ってない」 オバマ発言 日本でも衝撃 (エキサイトニュース) [楽画喜堂]
 ネットなんてこんなもの。
 リスト02 第78回 狙われる著名人 Twitterで「なりすまし」相次ぐ (IT-PLUS)
アマゾン 巨大倉庫の全容 (YouTube)
 サッカーコート2面×4階建て。

はじめてのパソコン

1999年12月に初めて買ったパソコンを、きのう処分した。

リスト04 FMV-DESKPOWER C2/507

2004年にいまのパソコンを買ってからは家族が使っていたが、HDDが壊れたようでついに起動しなくなった。
丸々10年だからパソコンにしてはよくがんばったと思う。

HDDだけ取り外し、本体と付属品はパソコンファームに送るつもりだ。
ちなみにHDDはウェスタン・デジタル製だった。

当時としてはなかなかのハイスペックで、27万円くらいした覚えがある。

CPU:PentiumIII 500
メモリ:64MB
HDD:17GB
DVD-ROMドライブ搭載

近くの銀行で金を下ろし、ヨドバシカメラの上大岡店で、ドキドキしながら支払った記憶が蘇る。

メモリを増設したり、PCIスロットにSCSIボードをさしてCD-Rドライブを外付けしたり、ADSL導入時にはLANボードも増設したっけ。
Windows 98SEにはいろいろ鍛えられたし、じつに思い出深い。
ホントにお疲れ様でした。

 | HOME | 

 

PIECE

tokufan

管理者 : tokufan
フチ子増殖中。
プロフィール
過去のトップイメージ
管理者ページ
バナー
© 2002- TOKUFAN

Since 2002/04/10

新着記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

リコメンド

熊木杏里 Private
虚構新聞社
こよなく夜景を愛する人へ
さんそな日常
全国ロケ地ガイド
そこからが無限
ソフトコレクション
ちょっと便利帳
東京アメッシュ
日本映画データベース
日本道路交通情報センター
日本標準時
ブタネコのトラウマ
林檎の木
Creazy!
everything is gone
iタウンページ
OnlineSoft VersionUp.info
PROJECT PICASSO
sunset terminal

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2Ad

Template by たけやん