Secret Messages

日記 | ニュース | グルメ | ラーメン | ドラマ | 映画 | パソコン | ウェブ
熊木杏里 | 紀行 | 写真 | モノ | こだわり | おすすめソフト | ピックアップ

豊野 ★★★

「繁忙期 夜勤明けたら お昼時」なんてことも珍しくはない。
キヨヤマ君(仮名)とイセザキモールを黄金町方向へぶらぶらしながら、何を食べようか考えていた。
カレー、中華、焼肉、ラーメン、そば、うどん。
いろいろなメニューが私たちの前を通り過ぎていった。
午前11時になるかならないかという時間で、すべての店が開店しているというわけではなかった。

気が付くと大通り公園を突っ切ってよこはまばし商店街の入り口に辿り着いていた。
天丼屋が2軒、目に付いたが、キヨヤマ君はそれはすでに知っていたという。

もう少し探してみようと、疲れた体に鞭を打って商店街の中へ足を踏み入れた。
平日だというのに非常に活気のある商店街だ。
シャッターを見せている店はほとんどない。
人通りも激しくて、まっすぐに歩くのは無理だ。
年末のアメ横ほどではないにしても雰囲気はあれに近いものがある。

しかし食べる場所が決まらないまま商店街は終わった。
さらに先へ足を進めると通りの奥の目立たない場所に演芸場を見つけた。
しかし演芸場で飯は食えない。

結局もう一度商店街の来た道を戻った。
疲れ果て、先ほど目にした2軒の天丼屋のうちの狭いんだけど繁盛している豊野という店に入ることにした。
するといきなり威勢のいいおやじさんに、「兄ちゃん、かばん邪魔だろ。後ろにかけるとこあっからよ」と教えられた。
店構えから受ける印象通りの展開にうれしくなった。

キヨヤマ君は天丼(600円)を、私は海鮮丼(600円)とシジミのみそ汁(100円)を頼んだ。
目と鼻の先にある厨房で、豪快に天麩羅を揚げ始めるおやじさん。
年季の入った店内とその慣れた手付きを見ていると、自然と期待感が湧き上がってくるのを感じた。

しかしすでに食べている他の客を見て、キヨヤマ君の目が泳ぎだした
たしかに小食の彼にはちょっと際どいかもしれない。
でもわりと積極的にこの店を推していたのは彼だ。
ここはもう、腹を括ってがんばってもらうしかない。
気のよさそうなおやじさんだが、残したりしたらどうなるかは分からない。

結果として私はとても満足できた。
海鮮丼は海老、穴子、キス、なすの天麩羅などでまさにてんこ盛り。
かといって大味ではなく、ひとつひとつが楽しめる味だった。
天つゆもほどよく染みている。
みそ汁とたくあんで一呼吸置きながら一気に食べられる量とおいしさだった。
私にとっては……。

キヨヤマ君は、案の定苦しそうだった。
「満腹中枢が刺激されてしまう前に食べきるしか方法はねぇー!!」って感じが全身から滲み出ていた。
海老ばかりなのもつらいのかもしれない。
もちろんおいしくないはずはないのだろうが、彼の小学生並みの胃袋にはいささか拷問だったかもしれない。

50円増しで大盛りにできるようだが、それはさすがの私でも足を踏み入れられない世界だと思った。
しかしふつうに食べる分には、600円という値段にあの味と量は非常にリーズナブルで満足度は高いと感じられた。

リスト 横浜橋の大衆天丼店「豊野丼」の心意気! (恰幅の良い彼のHP~横浜B級グルメ~)
リスト 神奈川県横浜市南区真金町2-18 (Google マップ) ※地図上若干ずれているが、じっさいの場所は商店街入り口向かって左。

カレーハウス キッチン ★★★

有隣堂本店の裏、文具館の並びにあって一度訪れてみようと思っていたカレー屋である。
職場の近くにあって「カレーの店」と看板に掲げられていたら、行くしかないに決まっている。

カレーハウス キッチン

ガラス窓には雑誌で紹介された記事が貼ってあり、そこにはカツカレーが一押しとある。
さっそくカツカレー(1,000円)を注文した。

曜日によって出せるカレーが多少入れ替わるようで、メニューはホワイトボードに手書きされたもの。
しかしそのボードには金額が書かれていない。
表の記事で1,000円ということは分かっていたが、やや不安にはなる。
良く見るとテーブルの上にリーフレット式のメニューがあったので不安は消えた。
ビーフ、カツ、メンチ、ハンバーグなど、ほとんどのカレーライスが1,000円のようだ。

カツはその場で揚げ始める(揚げなおす?)ので、多少時間はかかる。
しかしかなり大きめ。
衣はサクサクで、中はジューシーだった。
半欠けらのゆで卵も添えられていた。

カレーはじっくりことこと煮込んだ感じが良く出ている。
とろみが少なく、粉っぽさのないサラサラとしたカレーなのが特徴のようだ。

このままでもボリューム満点で、200円増しという大盛りは自分にもちょっと想像がつかない。
あとで調べてみるとこの店、盛り沢山の野菜に彩られたヤサイカレーというのが有名らしい。

やや割高な印象もあったが、ビーフやハンバーグなどトッピングごとにこだわりがありそうなので、機会があればまた来てみようと思う。

営業時間は、
11:00~19:00(平日・土日祝日)
11:00~17:00(月)

リスト カレーハウス キッチン
リスト 神奈川県横浜市中区末広町2-5-1 (Google マップ)

フリスクがないと繁忙期は乗り切れません!

Googleマップの「ストリートビュー」機能、日本でも開始 (INTERNET Watch)
 相変わらずGoogleのやることはインパクトがあります。
 幸か不幸か横須賀はまだ圏外のようです。
FRISK (Wikipedia)
 眠気覚ましに欠かせないフリスク。
 発売当初は原産国はベルギーだったよなと思ったら、工場移転のためにオランダに変わったようです。
XPの継続利用はますます面倒に (ITpro) [TBN]
 そろそろデスクトップも買い換えるかな?
 できるだけ静かなやつがいいな。
テーマソング|ショップ99Fan! (ショップ99)
 どうでもいいことだけど、運営会社「九九プラス」は、「くく」ではなくて「きゅうじゅうきゅう」だったんですね。
東京アメッシュ (東京都下水道局)
 天気予報ではなく、雨が降った地域と量を視覚的に確認できます。
 雨雲の動きを見ていると、ミサイル打ち込んでどうにかしようなんてふつうは考えません。

アステカ ★★★★

京急の能見台駅から程近い場所にあるカレーとコーヒーの店である。
もともとはおいしいコーヒーの飲める喫茶店だったが、本格的にカレーライスも出すようになったということのようだ。

常日頃からカレーライスのあとのホットコーヒーは最高であると感じていたので、なんとも御誂え向きではないか。

店は、駅を出たら右へまわり込むようにして横浜方面へ進むとビルの1階にある。
地下駐車場には1台分のスペースが確保されているうえに、すぐ隣がコインパーキングである。

神奈川県横浜市金沢区能見台通2-6 (Google マップ)

間口から想像していたよりも店内は横に奥行きがあり、入り口脇には焙煎室がある。
そして何よりも、一歩足を踏み入れた瞬間からカレーの芳しい匂いが漂ってくる。
窓際の席からは、すぐ下に駅のホームを覗くことができる。

窓際から見下ろすホーム

カレーうどんやワッフルなどもあるが、もちろんメニューの中心はコーヒーとカレーライス。
豊富なメニューのなかから、ビーフカレー(700円)の中盛(100円)と本日の珈琲(ブレンド)(450円)を注文した。
カレーライスとコーヒーを同時に注文すると150円引きになる。
辛さも自由に選べるようだが、きょうは初めてなので標準のまま。
コーヒーはもちろん食後の指定。

しばし待ってやってきたカレーライスは、複雑なスパイスに隠された深いこくがほどよいとろみに包まれている印象。
カレー屋ではなく昔ながらの喫茶店の佇まいのなかで食べるカレーライスには、独特の調味料が効いている気がしてならない。
コーヒーがまたおいしくて、ゆっくりできるならばお代わりしたいぐらいだった。

次回はもうちょっと辛さ増しにするかも  食後の珈琲は至福のとき

なによりも朝8時から夜10時までという営業時間がありがたい。
この時間からカレーライスが食べられることは特筆すべきだろう。

リスト 自家焙煎珈琲&オリジナルカレーの店アステカ

天ノ雲 ★★★

およそ2年振りの天ノ雲。
黒雲、白雲などおなじみのメニューに、超黒雲極黒雲というラインナップが加わっていた。
超黒雲は、黒雲よりもさらに背脂の増したまさに背脂チャッチャ系。
極黒雲は、鶏ガラと豚骨のややマイルド系。
でも、お腹をいたわって黒雲にしておいた。

「お好きならーめん+餃子」の天ノ雲セット(かため)(黒雲)(1000円)を注文。
本当はネギめしを食べたかったのだが、いまやっているNHKの朝ドラで実家が宇都宮の餃子店という設定の登場人物がいてやたらと餃子について熱く語っていたのが脳裏に残っていたという理由でこのセットを頼んだ。
ちょっと自分はバカかもと思った。
小振りだけどおいしかったからいいが……。

黒雲は、超黒雲ができたためか、以前よりも若干マイルドになった印象。
超黒雲を食べた連れたちは、一様に「おいしいんだけど、しょっぱかった」と言っていた。

 | HOME | 

 

PIECE

tokufan

管理者 : tokufan
フチ子増殖中。
プロフィール
過去のトップイメージ
管理者ページ
バナー
© 2002- TOKUFAN

Since 2002/04/10

新着記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

リコメンド

熊木杏里 Private
虚構新聞社
こよなく夜景を愛する人へ
さんそな日常
全国ロケ地ガイド
そこからが無限
ソフトコレクション
ちょっと便利帳
東京アメッシュ
日本映画データベース
日本道路交通情報センター
日本標準時
ブタネコのトラウマ
林檎の木
Creazy!
everything is gone
iタウンページ
OnlineSoft VersionUp.info
PROJECT PICASSO
sunset terminal

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2Ad

Template by たけやん