Secret Messages

日記 | ニュース | グルメ | ラーメン | ドラマ | 映画 | パソコン | ウェブ
熊木杏里 | 紀行 | 写真 | モノ | こだわり | おすすめソフト | ピックアップ

振り逃げ3ランホームラン

“振り逃げ3ランホームラン”で横浜高校がまさかの予選敗退 (痛いニュース(ノ∀`))

 野球のルールは奥が深すぎる。
熊木杏里 「七月の友達」 (YouTube)

 熊木杏里さん、7月25日発売の新曲。
 一風変わったPVです。
みつき 「ひとつだけ」 (YouTube)

 『セクシーボイスアンドロボ』のエンディング曲。
 ドラマに散りばめられた名シーンの数々が思い出されます。

CHUMSの携帯ストラップとWALDIESサンダル

ことしの2月にパク森のカレーで衝撃を受け、ドラマ『セクシーボイスアンドロボ』ではカレーを食べるシーンが印象的に登場したこともあって、カレーライス時代の幕開けを感じ始めている。

そんなとき、同僚のサイボーグ008(仮名)君が新杉田にうまいカレー屋があることを教えてくれた。
カレーの上に、豚しょうが焼きを載せたスタミナカレーだという。
これはなかなか、聞いただけでおいしそうだ。

買い物のついでもあったので、開店時間の午前10半まで時間をつぶすためにみなとみらいへ出た。
最優先で欲しかったのが携帯電話のストラップ。
つけない人も多いが、ポケットから引っ張り出す時と、操作中の落下防止のためには必須のアイテムである。

いままでのものは3年以上使っていたのだが、ここに来て急に紐がほつれボロボロになってしまったので新調した。
CHUMSというブランドのもので、たぶんいままでのものも同じメーカーだと思う。

なぜここのものにこだわるかというと、やわらかいプラスチックと布地で出来ていて携帯本体を傷つけることなく、手首を通すのに十分な広がり幅を持っているからである。
つまりアクセサリーではなく、実用本位ということだ。
案外似たようなものは見当たらないので、いつもモンベルショップで買っているのだ。
もう3代目になるかと思う。

diary070727_01

さらに、先日迷った挙句に買うことを断念したはずの便所サンダルが、なぜだがやっぱりどうしても欲しくなってしまい……。
結局物欲に負けて、買ってしまった。

なによりも履き心地がいい。
脱げそうで脱げない絶妙のホールディング感もいい。
ソールの厚さも通気性も十分。

diary070727_02
WALDIES(ウォルディーズ) モンベル Yahoo!ショッピング 楽天市場 Amazon.co.jp

この前買ったナイキの安いサンダルは、じっさい裸足で履いてみて肌に感じるベタツキ感にがっかりさせられていた。
ものがまったく違うので当然だが。

会社の同僚にひとり履いてきている人を見かけたが、これが後押しになったことも付け加えておく。
彼のようなイケメン君が堂々と履いているのだからきっと、便所サンダルに見えてしまう自分の感性のほうがおかしいのだろう、たぶん。

バーグ

JR新杉田駅前のらびすた新杉田のなかにある「バーグ」でスタミナカレー(720円)を食べた。

生玉子が付いてくるが、希望すれば目玉焼きにもしてもらえるようだ。
事前情報で知らされてはいたが、本当に出てくるのが早かった。
午後1時過ぎでそれなりに混んではいたのだが、注文から1分ほどでカレーは運ばれてきた。

diary070727_03

大げさに言っているわけではなくて、むしろ1分かかっていなかったかもしれないと思えるほどだ。
「ボリューム満点なので注意すべし」とサイボーグ008君にも言われていたが、たしかに見た目以上に食べ応えがある。
最初は余裕だろうと思っていたのだが、結局腹は十分目まで満たされていた。

きちんとした辛さが心地よい。
豚しょうが焼きはピリ辛仕立てで、皿全体にたっぷりと散りばめられている。
そんななか玉子がアクセントになって味をまろやかに中和してくれるから、最後まで飽きはこなかった。

あとから来た客が大盛を頼んでいたが、あれは半端ではない。
普通盛の倍近い量があるのではないだろうか。
面白半分で頼める代物ではなかった。

食べ終わってしばらくしても、なぜか後を引くので、きっといろいろなスパイスが隠されているのだろう。

ちなみにらびすたの駐車場は30分につき250円かかる。
バーグで2000円以上飲食すれば30分無料になるが、2、3人で来なければ割引サービスは受けられないだろう。
すぐそばのタイムズならば、20分につき100円程度で止めることができる。

セクシーボイスアンドロボDVD-BOX 発売決定

待ちわびていたセクシーボイスアンドロボのDVD-BOXの発売がほぼ決まったようだ。
「ほぼ」と言ったのは、各ショッピングサイトや発売元であるバップのサイトで情報が発表されたのに、日テレの公式サイトだけはいまだ黙して語らないからだ。

放送終了の1週間後にプロデューサー日記が更新されて以来音沙汰なし。
放送が自粛された「第7話問題」やDVD-BOXに関する情報に飢えていたので、毎日のように、日によっては1日に何度も訪れていたのに、最初の情報を公式サイトから得られなかったことが残念でならない。

この分だとDVD-BOX発売前に第7話が放送される可能性は限りなく低そうだが、とりあえずは9月20日の発売日を心待ちにしたい。
何しろ第1話と第2話を見た段階で「これはDVD買うだろ」と感じた作品だから、発売されるだけでもうれしいのだ。
もちろん未放送の第7話も収録される予定である。

以下詳細は、バップの該当ページより引用。

セクシーボイス アンド ロボ DVD-BOX
VPBX-13903/税込¥19,110/本編約520分+特典映像/カラー/ステレオ/ドルビーデジタル/片面1層&2層/16:9/日本語字幕(本編のみ)/本編4枚+特典ディスク/5枚組
●DVD-BOXのみ以下の特典付き(予定)
・特典ディスクにインタビュー、メイキング、他特典映像を収録
・スペシャルブックレット封入

すでにアマゾンや楽天などおもなショッピングサイトで予約を開始しているが、さてどこにしようか。
事前予約の割引率では、27%のNTT-X Storeや26%の楽天(執筆後の現在は、最安値の店舗でも割引率は22%)、25%のアマゾンに分がありそうだ。
しかし今回は値段だけで決めてしまうことに抵抗がある。

楽天には、DVD-BOX本体に配達伝票を貼り付けたり中身を開封して納品書を封入してしまった前歴があるし、アマゾンには入荷分以上に予約を受け付けてしまうkonozamaという悪しき習慣がある。
NTT-X Storeにいたっては安すぎる上に、利用したことがないという理由で敬遠気味である。

1話につき3回も4回も見たり、いまだにサントラや主題歌をリピートしてしまうセクロボ症候群を治すためには、発売日まで不安を抱くことなく、当日は瑕疵のない完全な状態で手に入れたいものだ。

店舗に直接出向いて予約する手もあるが、これだと値引きはあまり期待できなくなる。
個人的には発売日の朝7時にセブンイレブンに取りにいけるセブンドリームを最優先に考えている。
これなら不在時に配達に来て持ち帰られる心配もない。

同系列のセブンアンドワイのほうが若干値段は安いが、こちらは「発売日翌日までの配達」というのが気になるところ。
その点セブンドリームは、あす発売の熊木杏里のニューシングルがきょうの朝にはもう届いていたので、セクシーボイスアンドロボもひょっとしたらフライングで手に入れられるかもしれないという期待感が高まる。

とりあえず早めに予約を入れて、セクロボ症候群の処方箋を手に入れたいところだ。

価格の安い順
セクシーボイス アンド ロボ DVD-BOX (NTT-X Store)
セクシーボイス アンド ロボ DVD-BOX (DMM.com)
セクシーボイス アンド ロボ DVD-BOX (Amazon.co.jp)
セクシーボイス アンド ロボ DVD-BOX (セブンアンドワイ)
セクシーボイス アンド ロボ DVD-BOX (HMV)
セクシーボイス アンド ロボ DVD-BOX (セブンドリーム・ドットコム)
セクシーボイス アンド ロボ DVD-BOX (TSUTAYA online)

価格比較
セクシーボイス アンド ロボ DVD-BOX (Yahoo!ショッピング)
セクシーボイスアンドロボ (楽天市場)

(追記)
7月25日、公式サイトも無事更新。
放送自粛された第7話を含むDVD-BOXの発売が、正式にアナウンスされた。
しかし同時に第7話の放送は現状では考えられていないことも……。

杉田家 ★★★★★

まったく行く気はなかったのに、久しぶりに国道16号を通ったら無性に食べたくなってしまった。
たまにはトッピングにキャベツもいいかなと考えていたのだが、食券機の前に立ったら和風新杉田ラーメン(690円)のボタンを押していた。

午前9時前でがらがらに空いていたので、即座に好みを訊いて作り始めてくれた。
どんぶりから溢れんばかりのかつお節とほんのり香る梅の酸味が、濃厚な家系スープにこれまたよく合うのだ。

セブンイレブンの先にあるリパークが、昼間は60分300円の1時間単位での課金になっていた。
前はもう少し小刻みな料金設定だったような気がするのだが。

失意のまま故郷へ帰る若者を駅で見送る

ことしの春、夢破れて実家のある富山に帰ってしまった元同僚、まえちゃん(仮名)。
彼から、「お中元」が届いた。

私も送っていたので、お返しということなのだろう。

「富山といえばホタルイカ」と私が口癖のように言っていたのを覚えてくれていたのか、中には富山の名産品セットが入っていた。
どれも酒のつまみに良さそうなので、ちびちび頂いていこうと思う。

diary070719

まえちゃんに関してひとつだけ心残りなのは、見送りにいけなかったことである。
失意のままに故郷へ帰っていく若者を、駅のプラットホームで仲間とともに手を振って見送るというのをやってみたかったのだが、気づいたときにはもう帰ってしまっていたのだ。

願わくはふたたび上京してもらいクライマックスシーンからやり直してもらいたいのだが、どうだろうまえちゃん?

さかい

夜勤明け。
仕事休み。
気が付けば昼過ぎ。
お腹ペコペコ。
食べたいもの、焼肉。

でも平日のこの時間に開いている焼肉屋は少ない。
結局横浜駅近くの「さかい」に行った。
安くて、味はそこそこ。

でも久しぶりに来て感動した新メニューがひとつ。

diary070711
てんこ盛りごはん (399円)

「肉→ごはん→ビール」の三位一体は、焼肉の基本である。
しかし、大盛だけではもの足りないが、おかわりするにはちょっと多いというのが悩みどころであった。
そんななかこの「てんこ盛りごはん」は絶妙な量で、まるで私の胃袋を採寸したかのようにジャストフィット。
プラスマイナスゼロ、腹十分目の満腹感を味わわせてくれた。

しかし結局この日は午前様。
なぜ?
焼肉屋に入ったのは、昼過ぎだったのに……。

unknown

きのうPC本体から、またもやカチカチカチという音がした。
どうせまた脅しだろうと思ったら、こんどは本気だった。
再生していた音楽が止まり、マイコンピュータを開いたらセカンダリに接続しているHDDが見えなくなっていた。
マイドキュメントを含むあらゆるデータを格納していたHDDなのにである。

落ち着いて再起動してみるがやっぱり認識しない。
BIOS様もunknownとかいって知らんぷりだ。

とくに大事なデータは買って間もない外付けHDDに同期してある。
最悪の状況はこれで免れるはずだ。

しばらく電源を落として寝かせたあと、祈るような気持ちでみたび起動。
見えた!?
Eドライブが復活している。

いまならデータをサルベージできそうだ。
すかさずあらゆるデータを外付けへコピー。
カチカチHDDは250GB、外付けは500GB。
容量も十分だ。

数時間がかりで無事退避作業終了。
数ヵ月前から不定期に発していた異音の正体はセカンダリに巣くっていたのだった。
HDDの余命診断ソフトで見当をつけて早々とプライマリのHDDを交換したばかりだったが、当ては外れていたようだ。

あしたは早めに出かけて、仕事の前にHDDを買いに行かなければならない。

余談ではあるが、先日ボンカレーの中辛を食べたのだが……。
甘いよ。
怒りを感じるほど、辛さとは縁遠いカレーだった。

PEKING(衣笠) ★★★★

映画館を出て、カレーにしようかラーメンにしようか悩んだが、きのうの日記に書いたベイリーフはもう昼休みに入ってしまっている時間だ。
そこで担担麺を食べることにした。
昔よく行っていた大矢部の北京は最近昼間は営業していないので、たぶん本家にあたると思われる衣笠のPEKING(北京)へ行った。

駅前ロータリーの左奥にあるコインパーキングに車を止め、裏口から衣笠仲通り商店街に入る。
西友の向かいにある店に入ると、午後3時過ぎのわりには結構先客がいた。

特製担担麺(中辛)(750円)を注文。
大矢部や大津の店とは違い、残ったスープにおにぎりを入れて食べる制度はないようだ。
メニューのどこを探してもライス付きとは書いていないし、単品ライスは220円だからこれは相当量ありそうだ。

それでも担担麺はやっぱり他の店とまったく同じだった。
ネギ、ザーサイ、挽き肉の入った醤油スープの辛くてしょっぱい担担麺だ。
熱々でとろとろのあんかけスープと細ストレート麺が、からだの新陳代謝を促してくれるようで気持ちがいい。
辛さは、並・中辛・大辛・超大辛とあるが、中辛でも十分にその辛さを堪能できる。

メニューに店舗一覧が載っていたので、付記しておく。
営業時間は、11:30~21:00(ラストオーダー)。
月曜は、定休日。

ダイ・ハード4.0

地元の映画館で『ダイ・ハード4.0』(←音が出ます)を観た。

1作目の『ダイ・ハード』の製作が1988年、『ダイ・ハード2』が1990年、『ダイ・ハード3』が1995年。
12年の時を経て、ジョン・マクレーンの娘は大学生となり、彼自身のヘアスタイルはほとんどスキンヘッドになった。
舞台はアメリカ全土、敵はサイバー・テロリスト。
でも小難しいことは何にもない。
最初から最後まで飽きさせない、アクション映画にほかならない。
アクションのスケールはCG技術の発達とともにパワーアップしているし、思わぬところから相棒を得るあたりも前作までの流れに通じるものがある。

でも、ビルや空港のような限られた空間のなかで孤軍奮闘してこそ「ダイ・ハード」なのではという気がしないでもない。
クリスマス・ソングが聴こえてこないのも、ちょっと物足りなさを感じさせた。

 | HOME |  古い記事に行く »

 

PIECE

tokufan

管理者 : tokufan
フチ子増殖中。
プロフィール
過去のトップイメージ
管理者ページ
バナー
© 2002- TOKUFAN

Since 2002/04/10

新着記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

リコメンド

熊木杏里 Private
虚構新聞社
こよなく夜景を愛する人へ
さんそな日常
全国ロケ地ガイド
そこからが無限
ソフトコレクション
ちょっと便利帳
東京アメッシュ
日本映画データベース
日本道路交通情報センター
日本標準時
ブタネコのトラウマ
林檎の木
Creazy!
everything is gone
iタウンページ
OnlineSoft VersionUp.info
PROJECT PICASSO
sunset terminal

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2Ad

Template by たけやん