Secret Messages

日記 | ニュース | グルメ | ラーメン | ドラマ | 映画 | パソコン | ウェブ
熊木杏里 | 紀行 | 写真 | モノ | こだわり | おすすめソフト | ピックアップ

リトル・ミス・サンシャイン

お腹も満たされたので、いよいよ本日のメインイベント、無料券を使って映画館でお昼寝の時間である。
上映されるのは、『リトル・ミス・サンシャイン(音が出ます)というアメリカ映画である。
これが観たかったわけではなく、たまたまこの日この映画館で上映されていたから観ることになったわけだ。

でもたしかこの映画、きのう発表されたばかりのアカデミー賞で作品賞にノミネートされていたはずだ。
さすがに受賞は逃したようだが、映画館の入り口には、「助演男優賞と脚本賞を獲得」とある。
決して「外れ」ではないようだ。

2時間弱がんばって寝ないで見つづけようとした私と、無料券で映画館に入っただけで満足してしまい観ようという気力ゼロのキヨヤマ君とでは、椅子の座り方でもう差がついていた。

椅子自体はなかなか金をかけているようで、硬すぎず柔らかすぎず、それでいて包み込まれるような安心感がある。
私は途中で痺れたりしないようにと極力足は組まず、椅子全体に身をあずけて真正面のスクリーンに集中していた。
何度か落ちかけてセリフが飛んでしまった場面はあったが、全体の9割以上は高い意欲を持って映画を鑑賞することができた。

ひとことで言えば、家族の絆と再生をかけたコミカルなロードムービーだろうか。
幼い娘が出演するミスコンテストをきっかけに、薬物に依存する祖父や、パイロットを夢見てなぜか誰とも口をきかなくなってしまった兄など、ばらばらだった家族が次第に結束していく姿を描く。
はっきり言って、こんな機会でもなければ自らすすんで観ようとは思わなかったタイプの映画だ。
いかにもアメリカという感じの家族の描かれ方など、ふだん邦画を好んで観る私はほとんど期待を持たず、むしろ斜に構えていたと言ってもいい。

でも決して悪くなかった。
期待していなかった分、面白く感じたのかもしれない。
全体的にセンスが良く、ブラックな面はあっても不愉快に感じることはないし、何よりアメリカ映画にありがちなきな臭さもない。
意外にあっさり結末を迎えるあたりも、アメリカ映画ぽくなくていい。
そういえば家族がカリフォルニアへ向かうために乗っていた車もフォルクスワーゲンだった。

そして一緒に映画を観に来たはずのキヨヤマ君は、もちろん寝ていた。
上映時間の9割以上は椅子と同化して横を向いていた。
しかし不思議なもので、映画館で寝ている人というのは、エンドロールが流れ出すと待ってましたとばかりに目を覚ますのはなぜだろうか。
音声の中に覚醒を促すサブリミナル効果でも埋め込まれているのだろうか。

横濱カレーミュージアム

キヨヤマ君が新聞屋から映画の鑑賞券をもらったという。
横浜ニューテアトルで2月末日まで使えるものらしい。
腰が重くて先延ばしにしていたら、もう2月も残りわずかである。

本人は無駄にするのだけは避けたいようで、長時間労働と夜勤明けで最悪な体調のまま映画館へ行くことになった。
こういう券はだいたいペアでもらうもので、2枚あるというので、彼が映画館の目の前まで来て帰ってしまわないように付いていくことにした。
というのは建て前で、何だか面白い(映画とキヨヤマ君)が見られそうだなと興味本位で付いて来ただけだ。
眠いのは一緒なので、私がどこまで監視の目を光らせていられるか怪しいところだ。



根岸線で関内に出て、とりあえず映画館に向かう。
上映時間を確認すると30分ほど前に始まったばかりで、午後2時からの回を待つことになった。
どんなに眠くても腹は減るもので、近くにある横濱カレーミュージアムに入った。

閉館間近という話は聞いていたが、なにしろ初めて入るので特別に寂しいという感じはしない。
キヨヤマ君はTVチャンピオンに出た有名店というところに惹かれたようで、パク森という店をプッシュ。
じつに彼らしい。
私も見た目においしそうだなと思ったので、とくに異論はなかった。

昼時なので多少混雑はしていたが、店の外で列をつくるほどではなかった。
パク森カレー(\950)を大盛り(\200)で注文した。
これが写真で見てもいかにもおいしそう。
ご飯の上に薄く円盤状にのばしたドライカレーが盛られ、さらに上からルーがかけられている。
カレー屋 パク森 (Yahoo! JAPAN カレー特集2006)
パク森(市ヶ谷) (伽哩ばか三級)

ドライカレーにはひき肉が練りこまれているものの、ふつうカレーに入れるようなジャガイモやニンジンといった具はほとんど見当たらない。
でもこれが食べてみると本当においしい。

まろやかな口当たりと深遠で芳潤なこくが、適度な辛さとともにのどをとおり過ぎていくさまは、何ともいえない幸福感を与えてくれる。
濃厚なキーマカレーは、少なくない衝撃を私に与えたと言っても過言ではない。
ただ辛いだけではなく、具材に凝るだけでもない。
2種のカレーとご飯を一緒に食べることだけが、ここでは必要とされているのだ。

食べる前に感じていた期待感は、じっさい食べてみると想像以上のものであった。
食べ終わって店を出たあとに、おいしかったねと言葉を交わすだけで済ますわけにはいかない。
食べながらにして、「おいしい、おいしい」と口にしながらスプーンを掬う興奮を味わったのはここ最近にはなかったことだ。

横濱カレーミュージアムは3月31日に閉館される。
心のなかではすでに、それまでにもう一度食べに来たいという気持ちが膨らみはじめていた。

MAGLITE LED

マグライト「MAGLITE LED」 (家電 Watch)
 LED化するための改造パーツは以前から売ってましたが、本家メーカーの作る製品だけに欲しさは倍増。
Amazon.co.jp、ポイント加算でギフト券が貰えるクレジットカードを発行 (家電 Watch)
Amazonクレジットカード (公式)
 Amazonでの買い物 → 100円で2カードポイント (マーケットプレイス等は除く)
 VISA加盟店での買い物 → 100円で1カードポイント (マーケットプレイス等含む)
 500カードポイント貯まる → 500円分のギフト券
 単純計算すると、Amazonで25,000円分買い物するごとに500円分還元。
 あっという間に貯まりそうな気もするけれど、先日から始まったAmazonポイントと相俟ってポイント地獄に陥りそうで怖くなってきた。
 ちなみにAmazonポイントとAmazonカードポイントは完全独立しているからまた大変。
ヨドバシカメラ、アフターサービス専用のポイント制度を新設 (家電 Watch)
 こちらはあまり使うことはなさそう。
 いざというときのために勝手に貯まってくれるようなので、覚えておくといいかもというレベルでしょうか。
若者にしか聞こえないモスキートーンって? (MSN毎日インタラクティブ) [TBN]
 視聴できるので試しに聞いてみたけど、たぶん聞こえない……。
 ただPCが常に発している音がうるさいので聞き分けられないだけかも、ということにしておきます。

しんの助 ★★★

たまの連休、しかも帰りが車だと、まっすぐ帰るのはもったいなく感じてしまう。
ドライブがてらあてもなく走りながら、何となく家に向かって車を走らせていた。
あてもなくといいつつ、何となく頭のなかでどんなルートを取るかは考えながら走っているもので、何時ごろには何処辺りにいるかなと思いをめぐらせてきょうの昼食は戸塚のしんの助に行くことにした。

何年も前から1度は行こうと思っていた店だ。
国道1号矢沢交差点を右折して100メートルも行かないところ右手にある店だ。
横浜市戸塚区戸塚町4710 (Google マップ)

中華そば(640円)とつけそば(小680円・中780円・大880円)が基本で、あとはのせたいトッピングを選ぶ形態。

メニューの説明も併せて載せるとこんな感じ。
煮玉そば(740円) → 味付玉子入り
ねぎそば(790円) → 白髪ネギ
得そば(900円) → チャーシューと煮玉子入り
肉そば(940円) → 切り落としチャーシュー

煮玉そばを注文。
深型の丼にしっかりと色のついたスープだ。
正直店の詳細はよく覚えていなかったので、しょうゆラーメンが出てくるのかなと思っていた。
しかしこれははっきりとしたとんこつスープだった。
和風だしに焦がしネギがよく合っていて、かなりおいしいスープだ。
濃厚な味付のメンマも良い。
ただ、麺がスープに合っていないような気がした。
チャーシューは肉厚だが、ちょっとぼそぼそしたものだった。

営業時間は、11:30~14:30と18:00~22:00。
火曜と第3月曜(祝日なら翌日)が定休日。

口内炎が複数できていて、食べるのに苦労した。
ひとつは唇のすぐ内側だったので、とくにつらかった。
最近食事がおざなり気味なので、野菜不足かなと思っている。
すぐ近くのマツモトキヨシでビタミンBのサプリメントを買って帰った。

杉田家 ★★★★

車で帰宅途中、のども渇いたし買い物もしたかったのでコンビニに寄ろうと思った。
どうせなら駐車場のある店がいいと思って脳内検索したところ、杉田家隣のセブンイレブンが思い浮かんだ。
この時点で負けは決まっていたように思う。

きょうの仕事に差し支えるから早く帰って寝たかったのだが、当然腹は減っている。
自分のなかで天使と悪魔が囁き始めた。

悪魔 「腹減ってんだろ? 食っていけよ。ずいぶん食べてないだろ?」
天使 「なに言ってるの。睡眠時間は大事よ。ここで30分時間をロスしたら、それだけ明日の仕事に差し障るのよ」
悪魔 「どうせ家に帰ってから何か食うんだろ? だったら同じことじゃないか。どうせならうまいもん食ってこうぜ」
天使 「問題のすり替えよ。あなたはそんな誘惑に簡単に負けてしまうような弱い人間じゃないでしょ。それにキヨヤマ君と激安ラーメンマン君をオフィスに置き去りにしてまで先に帰った意味がないじゃない」
私 「キヨ、安……。ごめん。ひとりでラーメン食べることにしました」


ただし贖罪の意味も込めて、ふだんならチャーシューメンを頼むところを並ラーメン(かため)(590円)と刻みネギ(100円)に留めておきました。

プリズン・ブレイク

繁忙期だけあって今月は忙しいので、1日休みがあっても何もできない。
眠い目を擦りビールを飲みながら巡回サイトをまわって終わり。
1日の半分は寝ている。

それでも毎週見続けているドラマがある。
日本テレビで木曜深夜に放送している『プリズン・ブレイク』だ。

正月の元旦から3日の深夜に、昨年10月から放送していた11話分を一挙に放送して新たな視聴者を獲得しようと目論んだようで、このトラップにまんまとはまってしまったわけだ。
毎週ちまちまと見続けるのは面倒くさいので、DVDを借りて一気に見てしまおうかとも思うのだが、そんな時間もなかなかとれず結局ビデオ予約に頼っている。

死刑判決を受けた兄を助けるために脱獄計画を練り上げ、自ら囚人となって刑務所に入所する弟のお話である。
見たことがなければそれはそれで済みそうだが、1度見だしてしまったら面白くて止められなくなるものだ。
そんなの見る時間は絶対ないという人ははじめから見ないほうがいいし、ちょっとでも興味があるならぜひともお薦めしたいドラマである。

私自身、『24 TWENTY FOUR』シリーズは見たことがない。
見れば面白いんだろうなと思いつつ、シーズン8まで作られることが分かっているといまさら手は出せないのだ。

IE6とWikipedia

最近IE6でWikipedia日本語版の表示が異常に遅いのはKeepAliveのせい (最速インターフェース研究会)
 最近Sleipnirの検索ボタンからウィキペディアに飛ぶと1分間くらい固まるので、バージョンアップしたSleipnirの不具合だと思ってました。
 早く改善されないかな~と思ってたけど、違ったみたい。
 memo070210
シャンプーとリンスと石鹸は使わない方がいい (分裂勘違い君劇場)
 極端な例だが、何だか説得力がある。
「Amazon ポイント」開始。支払い時に利用可能 (AV Watch) [楽画喜堂]
Amazonポイントサービスの10の疑問 (ASCII.jp)
 DVDに付かないのはつらい。
特急電車が キョンはねる (房日新聞サイト) [Escapism]
 かわいそうなキョン。
全国ウォシュレット・データベース
 あの人が洗ってなかったらどうしよう。 (©TOTO)

うめや ★★★

夜勤が明けてきょうあしたと連休だ。
しかもきょうは車だったので軽くドライブしながら家に向かうでもなく彷徨っていた。
家へ向かいだす頃にはラーメン屋も開店しだす。
いろいろ考えて一度行ってみたいと思っていた富岡の将華を目指した。
近くのコインパーキングに車を止め、うろ覚えだった店のある場所に辿り着くと閉まっていた。
夜からの営業だったようだ。

気を取り直してそんなときに行こうと決めていた金沢文庫のうめやへ向かった。
きのう見たニュース番組である店のつけ麺を取り上げていたのが頭に残っていたので、うめやならたしかあったなと思ったからだ。

店近くの月極駐車場内にあるうめやの専用スペースに車を止める。
もう正午を過ぎていたので店内は混んでいたが、御ひとり様なら気楽なものだ。
カウンターのいちばん端っこに座り食券を出す。
頼んだのは、特製うめやつけめん(味付玉子と焼豚3枚入り)(850円)だ。

うめやそばを頼む人が多いなか、ひとりつけ麺だから多少時間がかかるのは仕方ない。
御ひとり様とはそんなものだ。
出てきた麺の上に軽く刻みのりがのっている。
つけ汁には、ネギ、焦がしネギ、メンマ、チャーシュー、白ゴマ、そしてこちらにも刻みのりという塩梅。
うめやそばのスープをより濃厚にした感じなので、思わずそのまま飲んでしまいたくなる。
じっさい飲んでみたりもしたが、焦がしネギも含めてくどさはなく、これはこれでおいしいスープだ。

味付玉子は世界一おいしい浜虎のものには及ばないものの、まずまず。
チャーシューが相変わらずおいしいので、次回は焼豚そばを食べたいと思った。

営業時間は、11:30~14:30と17:30~21:00(スープがなくなるまで)。
水曜は定休日。
横浜市金沢区釜利谷東6-1-18 (Google マップ)

横濱家(すみれが丘) ★★★

仕事で移動中の夜中ラーメン。
横浜市都筑区を中心に展開するチェーン店だが、結構好きな人は多い。
ずいぶん前に食べたきりで、そのときの印象は麺が太いということくらいだった。

連れのおすすめということで味玉ラーメン(かため)(690円)のネギチャーシュー丼セット(280円)を頼んだ。
あらためて食べてみるとなかなかおいしいとんこつスープである。
くどすぎず、それでいてあっさりしすぎということもなく、万人に受け入れられる味だろう。
仕事の合間に食べるにはこれくらいがちょうどいいのかもしれない。

連れはネギ丼なんか食べたらにおうんじゃないかと心配していたので、彼にも食べさせた。
これで問題なし。

営業時間は、11:00~02:00。
横浜市都筑区牛久保3-3-11 (Google マップ)

 | HOME | 

 

PIECE

tokufan

管理者 : tokufan
フチ子増殖中。
プロフィール
過去のトップイメージ
管理者ページ
バナー
© 2002- TOKUFAN

Since 2002/04/10

新着記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

リコメンド

熊木杏里 Private
虚構新聞社
こよなく夜景を愛する人へ
さんそな日常
全国ロケ地ガイド
そこからが無限
ソフトコレクション
ちょっと便利帳
東京アメッシュ
日本映画データベース
日本道路交通情報センター
日本標準時
ブタネコのトラウマ
林檎の木
Creazy!
everything is gone
iタウンページ
OnlineSoft VersionUp.info
PROJECT PICASSO
sunset terminal

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2Ad

Template by たけやん