Secret Messages

日記 | ニュース | グルメ | ラーメン | こだわり
ドラマ | 映画 | 紀行 | IT | ピックアップ

『地図帳日本の島100』

きょうもアマゾンからお届けもの。
本日発売のCDが1枚に、が1冊。

CDは、ファン歴20年を越えてすでに人生の一部と化してしまった感もあるピカソの6枚目となるベストアルバム(新曲入り)。

1984年のデビューからこれまでに発表したオリジナルアルバムが7枚と、かなりマイペースな活動を続けているが、それでもこうしていまでも新曲が聴けるというのは嬉しい限りである。
だからベスト盤の数がオリジナル盤に追いつきそうでもまったく気にしていない。

本は、山と溪谷社刊『地図帳日本の島100』というムック。
日本のおもな島を地図と写真で紹介したもので、旅に出たくなること請け合いである。
というか出たい。

見開きもしくは1ページにひとつの島を掲載しており、島の基本データ(面積・人口など)に加えてアクセス手段も紹介されていて、なかなか親切なつくりだ。
こういった資料的価値の高い本に出会うと思わず欲しくなってしまうのは、読むというよりは蒐集に悦びを感じてしまう悪い癖でもあるのだが。

当たった!

会社の休憩室には伊藤園の自販機が置いてある。
ここで買って飲むものはだいたい決まっていて、頻度の高い順に、

  1. 1日分の野菜
  2. エビアン [参考] ニュースリリース:「エビアン」の販売に関するお知らせ
  3. お~いお茶
という具合である。
「1日分の野菜」は出勤の度に買っていて、車の中で飲んでいる。
おいしくて「1日分」の野菜が摂れた気分になれるので、精神的にとても満たされるのである。

「エビアン」と「お~いお茶」は買わない日もあるが、買う時については、自販機の前に立った瞬間の気分でどちらかを選んで買っている。
ただし途中でコンビニに寄ってきた時は、「コントレックス」を買ってくるのでこの限りではない。

この自販機でちょっと前から「自動販売機限定 スグレ技術(モノ)コレクション」というキャンペーンが始まっている。
対象商品である「お~いお茶」と「Wコーヒー」に貼付されている応募シールを集め、記載されているシリアルIDを専用サイトに登録して応募すると賞品が当たるというものだ。

とくに興味はなかったのだが、日々仕事をしていれば自然とシールを目にする機会も増える。
休憩の時間にでも何となく携帯電話からサイトにアクセスしてシリアルIDを貯めることは、同僚たちと談笑しながらでもできる簡単な作業であった。

気が付けば6ポイント貯まっていた。
10ポイントで「ニンテンドーDS Lite」、25ポイントでデジカメ、30ポイントで「iPod」に応募できるなどなかなか魅力的な賞品群に思えたのだが、あいにくゲームには興味ないし、デジカメもiPod shuffleも持っている。
サラウンドスピーカーも時計も抽選という大きな壁を乗り越えてまで欲しいとは思わなかった。

結局、2ポイントで応募できる「お~いお茶 緑茶 500ml 1ケース(24本)」というのが当たる可能性の高さと無駄になることはないという現実的判断から私にとってもっとも魅力的な賞品に思われた。
さっそく携帯サイトから応募してみることにした。

その場ですぐに抽選結果が分かるシステムのようだ。
ページを進んで行き、最後にクリックして「当たり」が出ればいいらしい。
どういう仕組みになっているのかは分からないが、サイトにアクセスした時点で無作為に抽選されているのかもしれない。

ポチッと押して表示された画面には、「当たり」と出ていた。
あっさりとしたものである。
懸賞ものに当選するのはずいぶん久しぶりな気がした。
3回挑戦したのだが、最初の1回目で当たりが出たので、あとの2回がはずれだったのが以外に思えるほどだった。

2,230名に当たるとはいえ、まあ嬉しくないことはない。
ただ、いつも飲んでいるものが送られてくるだけだから、せっかくのくじ運がもったいなかったかなという気もする。

でもこれ、30ポイントとか55ポイント貯めて、あっさりその場で「はずれ」と分かるのもさみしいなと思った。
抽選日が明確に決まっている昔の懸賞ものにあったような、応募したあとのドキドキ感がまったくないのはどうなのだろうか。

時の流れを忘れさせる時計

時の流れを忘れさせる時計 (pya!) (←音が出ます) [出来事。light]
長ネギを振り回す「Loituma」勝手にプロモがインスパイヤされてすごいことに (にゅーあきばどっとこむ)
Loituma (YouTube) (←音が出ます)
    何ともいえないほのぼのとした気分になります。
    フィンランドのアーティスト、Loitumaが歌う“Leva's polka!”という曲が元になっているそうです。
ポイントカード発祥はヨドバシカメラらしい (Excite ニュース)
「ゴールドポイントカードポイントIC eLIO」ポイント充当サービス開始日が決定しました! (ヨドバシ・ドット・コム)
    7月5日からは、ヨドバシ・ドット・コムでポイントを使っての買い物が可能になります。
    (ただし、「ゴールドポイントカードIC eLIO(クレジットカード)」への入会が必須)
    アマゾンの次に利用機会の多いショッピングサイトですが、送料が無料になる敷居が1万円以上とやや高いのが難点。
    というかアマゾンは桁違いに……毎月のように使っています。
    アマゾン病になってしまうかもしれません。
MDユーザーがiPodを使わない理由 (デザイン家電ガイド) [everything is gone]
    MDユーザーはやっぱりiPodよりウォークマンを選ぶんでしょうか。
    私の場合は、iPod shuffleの前がWM-55なので、それはもう技術の進歩に驚愕だったわけです。

杉田家

チャーシューメン(かため)(800円)と刻みネギ(100円)を注文。

たまには「うすめでない」味で頼んでみたいのに、常連客と認定されてしまったがゆえにいちいち好みを訊かれなくなってしまってにっちもさっちもいかなくなってしまった同僚たちと「杉田家」へ行く。
でも本人は「『うすめ』がいいんだいっ」と負け惜しみを言っている。
そう考えると、ころころ好みを変えてみるというのもひとつのスタイルとしていいのかもしれない。

考えてみれば、味の濃さ、油の量、麺のかたさを客の好みに合わせてくれるというのもすごいことだ。
作る側にかかる手間隙は想像に難くない。
完成された味に当然誇りは持っていようが、客にそれを押し付けずしかも柔軟だ。
それでいて他の追随を許さないおいしいラーメンともなれば、何度でも足を運びたくなるのも当然だろう。

壁に掛けられた書に「一麺一心」とあった。
何年も前から訪れている店だが、いつからあったものかは分からない。

« 新しい記事に行く  | HOME | 

 

PIECE

tokufan

管理者 : tokufan
ウイスキーをちびちびと
プロフィール
過去のトップイメージ
管理者ページ
バナー
© 2002- TOKUFAN

Since 2002/04/10

新着記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

リコメンド

流通ニュース
上野優華 オフィシャルサイト
熊木杏里's Official Website
虚構新聞社
こよなく夜景を愛する人へ
サイエンス チャンネル
全国ロケ地ガイド
ソフトコレクション
ちょっと便利帳
東京アメッシュ
日本映画データベース
日本道路交通情報センター
日本標準時
Creazy!
everything is gone
iタウンページ
OnlineSoft VersionUp.info
PICASSO SITE
sunset terminal

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Template by たけやん