Secret Messages

日記 | ニュース | グルメ | ラーメン | ドラマ | 映画 | パソコン | ウェブ
熊木杏里 | 紀行 | 写真 | モノ | こだわり | おすすめソフト | ピックアップ

杉田家

仕事帰りに寄ってみると、結構込んでいた。
食券を買い、壁際でしばらく待ってから着席。
タイミングよく空いたので、連れと並んで座ることができた。

連れはちょっとラーメン食べすぎなので健康面が心配だ。
それなのに自分が食べたかったので、つい連れてきてしまった。
反省せねば。

チャーシューメン(かため・うすめ)(800円)とチャーシューまぶし丼(150円)を注文。
いちどに9杯のラーメンを作っている姿は、圧巻だ。
しかし、9杯すべてがかためというのもすごい。

しょっちゅう食べにきている連れでさえ、「あ~おいしかった」と帰りしなしあわせそうに言うくらいだから、たまに食べにくる自分にとっておいしくないわけがない。

環2家

かなり早めに終わる仕事だったので、ラーメン屋も選り取り見取りだ。
それでもいつか行ってみたいと思っていた「中島家」や「寿々喜家」には間に合わなかった。
それではということで、「環2家」へ。
「吉村家」には一度しか行ったことがないが、「環2家」はこれが二度目だ。
チャーシューメン(700円)とライス(130円)を注文。
あとからネギや玉子を入れればよかったなと思った。

空席があるかないかという状態で、なかなかの盛況ぶり。
「杉田家」に負けず劣らずの濃厚なスープだ。
食べやすいように短めに裁断された麺と、スモーキーなチャーシューはさすが家系ラーメンの直系店だ。
トッピングの値段設定も良心的。

独特のおいしさを誇る家系ラーメン。
午前1時までならここで食べられるし、午前5時からなら「杉田家」で食べられる。
この間の空白の時間帯にこそ、開いている店があったら最強なのだが。

営業時間は、11:00~01:00。
ただし、日曜日は00:00まで。
月曜日は定休。

Googleデスクトップ検索

Googleのデスクトップ検索をインストールしてみた。

パソコン内部のあらゆるファイルを検索するソフトだ。
しかもただ検索するだけならWindowsの[検索]を使えばいいが、デスクトップ検索ではメールやテキスト、HTML、Microsoft Officeファイルなどの全文検索が可能となる。
つまりファイル名だけではなく、文書ファイルならばなかに書かれている文書までが検索の対象になるということだ。

検索はGoogleでウェブを検索するのと同じ要領で行うことができる。
「検索用の窓」をタスクバーに設置すれば、いつでもそこに探したいキーワードを入力すればよい。
もちろん複数キーワードからの絞り込み検索も可能だ。
結果はInternet Explorerなどのブラウザに表示される。

タスクバーではなくフローティングバーにして、デスクトップの好きな位置に配置することもできる。
どちらも表示せず、ブラウザのお気に入りに登録するだけでもよい。
何しろ検索結果を表示するためには、結局ブラウザが立ち上がるからだ。

Sleipnirならば、[検索エンジンリスト]にGoogleデスクトップ検索を追加してしまうこともできる。
これならば、本当にウェブを検索するのと同じ感覚で導入できるだろう。

[参考] Sleipnirの検索窓からデスクトップ検索をする方法

インストールしてからしばらくのあいだは、PC内部のファイルをひととおり巡回してインデックスを生成する。
この作業は完全に内部で行われ、PC上の他の作業を妨げないように配慮されている。
そのため、多少の時間がかかる。
いちばんいいのは、何も作業をしない状態で1、2時間放置することだ(環境により若干異なる)。

使ってみると、これがなかなかおもしろい。
おもな画像や動画ファイルはサムネイル付きで表示されるし、アーティスト名や曲名などのタグ情報からも検索が行える。
ウェブの履歴やお気に入りも対象になるので、意外なファイル同士が一括りに列挙されたりする。
そしてなによりも、検索にかかる時間は一瞬だ。
Windowsの[検索]とは比べ物にならないスピードで結果が表示される。

ファイルの種類に関係なく、必要なキーワードからローカル全体を瞬時に一覧化するこの感覚は、ひょっとしたら思いもかけない新次元へと繋がっていくのかもしれない。

ただし現在のところはベータ版のため、不完全と思われる点も多い。
ワイルドカード検索やアスタリスクを使ったフレーズ検索はできないし、未対応のファイルもまだまだ多い。
外付けドライブにあるデータにまでインデックスを拾いに行くことができない。
またインデックスを拡張するプラグインは、まだ日本語に対応していないなどである。
とりあえずは正式版のリリースを待ちたい。

最近のお気に入り。
ブルボンのプチ チョコ ラングドシャ。
口の中でとろけるおいしさ。

こんなときくらいはタクシー

夜勤明け後、横浜でちょっと遊んでいたら、たちまち昼過ぎに。
午後3時近くに帰宅して、風呂入ってから1時間ほど寝て、ふたたび横浜へ。

職場の歓送迎会。
つまり飲み会だ。

お腹は減っていたので、いつもどおり飲んで食べる。
ジョッキは選べず、瓶ビールであったが、モルツだったので思わずガッツポーズ。
幹事殿、グッドジョブ!!

電車がなくなるので、2次会の途中でおいとました。
土曜日の終電車なんてろくなものではないが、(立ったまま)寝ていたのでもちろんこの間の記憶はない。

駅に着くと、雨が降っていた。
酔いを醒ましながら歩いて帰ろうとも思っていたのだが、こんなときくらいはタクシーに乗ってもいいだろう。

シングルも買うアーティスト

中学生の頃、FM放送から一所懸命エアチェックしてカセットテープに録音したり、レンタルレコード店に通ったり、そうして集めた曲の中から「マイベスト」を選曲して再編集したりしたものだ。
さらにはカセットレーベルにレタリングシートできれいにタイトルを付けたりもした。

いま思えばなんとまめなことだろう。
それが徐々にカラーペンの手書きに変わり、ボールペンになり、いつしかカセットテープは御払い箱になっていた。

すっかり大人になって欲しいCDがある程度自由に手に入るようになると、レコード会社の露骨な商業主義に抗うべくアルバムという作品単位での視聴に偏向するようになった。
以来滅多なことでは、シングルCD、マキシシングルの類は買わなくなった。

しかしきょう熊木杏里のシングルを買って帰ってきた。
きのう発売されたばかりのものだ。
アルバムには短いバージョンしか入っていなかった曲をフルで聴きたいがために。
そして初CD化されるカップリング曲を聴きたいがために。

さらに近々、過去の3枚のシングルも通販で頼んだものが届くはずだ。
やはりアルバム未収録曲を聴きたいがために。

でも負けたとは思わない。
むしろ勝ち負けにこだわり大事な何かを忘れてはいなかっただろうか。
もはや反骨することで自分の存在を見出そうとする幼稚さは捨てた。

いまこのときを大事にして、自分の気持ちに正直に聴きたいものを聴くことこそ、憧憬する音楽への真摯な態度に思えてならない。
だから決してメーカーの戦略にまんまと乗ってしまった……というわけではないはずだ。

長谷川家

新規開拓を基本姿勢とし、既存の中でもできるだけ偏りなく周るようにしているので、どうしても久しぶりに訪れるという傾向は常につきまとっている。
だからこれからは、よっぽどの場合を除いて「久しぶり」という言葉は使わないようにしようと思う。

でもきょうは使おう。
「久しぶり」であると。
昨年の9月7日以来となる「長谷川家」である。

それなりに訪れやすい場所にあり、かなり好きな店であるからこその「久しぶり」である。
やっと来ることができたきょうという日に感謝しよう。

チャーシュウメン(かため)(800円)と餃子(400円)を注文。
餃子はどうしても焼くのに時間がかかるので、あまり込んでいるようならば止めようと思っていたのだが、それほどではなかったので併せて注文。

しかし、しばらく来ないうちにずいぶんトッピングが増えている。
日替わりのものもあるようだが、キャベツ(50円)、ワンタン(150円)、キムチ(100円)など。
基本のラーメンと、チャーシュー、餃子だけでも十分勝負できる店だと思うが、営業努力の表れなのだろう。

若干いつもより酸味を強く感じたが、やっぱりおいしい。
こくとうまみの詰まった透明感のあるとんこつしょうゆだ。
これだけの酸味を以ってしても全体の味を壊さないじつに稀有なスープだ。
やや縮れた麺も合っている。

餃子は、皮の厚み、具のボリュームともに絶妙。
いつか持ち帰り餃子を頼んでみたいものだ。

営業時間は、11:00~20:00。
金曜日は定休。
ただし、4月21日(木)は臨時休業。
4月29日(金)は営業する。

三和

出かけたついでに「三和」の暖簾をくぐって来た。
午後3時をまわったくらいという中途半端な時間だったので、先客は2名だけ。
チャーシューメン(850円)と小ライス(100円)を注文。

本当はポテトサラダも食べたかったのだが、食べ切ることができても帰りがつらそうなのであきらめた。
でもここに誰かと来ることは、もうめったにないんだろうけれども。

他では決して味わえない、やや甘みを持ったかなり独特なスープは健在。
だからこそ、このやわらかいのに適度に歯ごたえを残したチャーシューが合うのだろう。
とろけてしまうのでなく、かといって頑としているでもなく、うまくスープが染み込んでくるこのチャーシューがあるから、麺一辺倒には決してならないこのラーメンの個性が際立つのである。

さくら

昼日中、耳鼻科からの帰り道にある公園を通り抜けると、何本もの桜の木が満開を迎えていた。
考えてみると、こんなに桜の花が美しいと感じるようになったのは、ここ数年のことかもしれない。
こどものころは、おとなたちはなんだか「桜だ桜だ」と騒いでいるなぁくらいにしか感じていなかったはずだ。
ということは、自分もそれなりに年をとったということか。

昨年はデジカメを持って自宅近くの公園へ写真を撮りに行ったが、ことしは静かに桜を楽しもうと思う。
毎年の義務のようになってしまうのは寂しいし、昼間の公園にはこどもが多いから飛び道具と無線機を持った屈強な公務員を呼ばれてしまうような誤解を招きたくなかったからだ。
決して面倒くさかったからではない。

静かに、ゆっくり、散る姿を愛でるだけで十分だろう。

困った時は電源オフ

2、3週間前からADSL回線のスピードが異常に遅くて困っていた。
ブロードバンドスピードテストで計ってみると、なんと通常の10分の1しか出ていない。
モデムのリンクランプが点滅している場合もあるので、またNTTに電話しないとだめかなと思い始めていた。

ふとADSLを使い始めたころにもよくこんなことがあったなと思った。
そんなとき最初に試してみるべきなのは、電源をいったん落としてみるということだった。

初心にかえって足許のタップに付いているスイッチをすべて切ってみた。
数10秒待ってスイッチをふたたび入れる。
さらにしばらく待ってモデムのリンクが確立されたことを確かめてからPCを起動してみた。

あっさり元どおりである。
こんな簡単なことを忘れて、ここ最近悩んでいたのがバカらしく思えた。

それにしてもまったくこのパソコンという道具は、次から次へと悩みの尽きないやつである。
飽き飽きしている暇もない。

しゅん

新規開拓という終わりなき航海に翻弄され、夜の町を行ったり来たりしはじめたときは、引き際が肝心である。
勝負に出なくてはならないときもあろうが、余力のあるうちならば選ぶべき道はひとつではないからだ。

この日は結局、「しゅん」に落ち着くことになった。
となると、頼むのは味噌らーめん(750円)とバター(100円)で決まりだ。
きょうはおまけに小ライス(100円)も注文することにした。
さらには、連れの頼んだ熊笹ギョーザを1個分けてもらった。

やっぱりここの味噌ラーメンは悪くないと思う。
個人的なことではあるが、もやしをはじめとする具の量と、スープや麺の量の配分がじつに理想的である。
そしてバターを入れることによってこくが増し、スープへ適度な「重み」が重なって、はじめて「味噌ラーメン」が完成する。

おいしい味噌ラーメンを食べてみて、じつはようやく冬が遠ざかり始めていることに気がつくのであった。

営業時間は、11:00~05:00。
4月12日~14日は臨時休業だそうだ。

 | HOME | 

 

PIECE

tokufan

管理者 : tokufan
フチ子増殖中。
プロフィール
過去のトップイメージ
管理者ページ
バナー
© 2002- TOKUFAN

Since 2002/04/10

新着記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

リコメンド

熊木杏里 Private
虚構新聞社
こよなく夜景を愛する人へ
さんそな日常
全国ロケ地ガイド
そこからが無限
ソフトコレクション
ちょっと便利帳
東京アメッシュ
日本映画データベース
日本道路交通情報センター
日本標準時
ブタネコのトラウマ
林檎の木
Creazy!
everything is gone
iタウンページ
OnlineSoft VersionUp.info
PROJECT PICASSO
sunset terminal

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2Ad

Template by たけやん