Secret Messages

日記 | ニュース | グルメ | ラーメン | こだわり
ドラマ | 映画 | 紀行 | IT | ピックアップ

散文詩

穏やかな日曜日の夕暮れ前、仕事へ向かう駅のホームで電車を待つ。
堪えられないほどではなく、かといって寒くないというでもなく、たしかな冬の空気の流れが顔面をいくつも掠めていった。
マスクなしでいられるいまのうちが、案外寒くてもしあわせなのかもしれない。

のんびりとした田舎の情景に、真っ赤な電車が滑り込んでくる。
いつものようにそれに揺られ、長くも短くもない時を過ごす。
西の窓の遥か奥で、ふたすじの飛行機雲がレールのように平行に走っていた。
ひとつ目のトンネルを抜けた時にはまだあったのに、気がつかないうちに周りの薄雲と同化してしまっていた。

杉田家

行きたくてしょうがなかったので、電車に乗って行ってきた。
連れは逆に飽きるほど行っているので「一蘭」に行きたかったらしいが、結局譲歩してくれた。
でも自分の意に反したラーメンを食べさせられて「涙が止まらなかった」と書いておいてくれと言われたことを、付け加えておきたい。
ありがとう。

先客はいたが午前9時ということもありそれほど混んではいない。
これが食べたくてどうしようもなかったのだから、頼むものももちろんいつもどおりだ。
チャーシューメン(かため・うすめ)(800円)とチャーシューまぶし丼(150円)だ。

ひとくちスープを啜ってまず数日前に切ってしまった唇に沁みた。
結構つらい。
しかし直後に絶妙な味加減のよさが口内に広がった。
おいしい。
ここ一年では最高の出来ではないだろうか。
久しぶりに食べたからそう感じるのではなく、たしかにいつもとは一味違う完成されたラーメンの姿がそこにはあった。

店を後にして、「きょうのはなかなかおいしかったな」という話をしながら帰途に就いた。
そこには、さっきまでとは打って変わって満足そうな連れの横顔があった。

【お悔やみ】勝鹿北星さん

人気コミック『MASTERキートン』(小学館)の原作者であった勝鹿北星さんが、昨年の12月9日に亡くなっていた。
きょうネット上でそのことをはじめて知った。
『MASTERキートン』は私の人生観を変えたともいえる作品である。
とても残念でなりません。
心よりご冥福をお祈り申し上げます。

勝鹿北星(本名菅伸吉)さんは、1946年1月生まれで千葉県出身。
きむらはじめ、ラデック・鯨井といったペンネームでも活躍された。

こどものころ熱中して読んでいた記憶のある『なんか妖かい!?』(小学館)の原作者でもあった。
このことをあとから知って驚かされたのは、そんなに昔のことではない。

「勝鹿北星という名の原作者はいったいどんなひとなのだろうか」
あれこれと空想しながら『MASTERキートン』にどっぷりと浸かっていた高校時代が思い出される。
謎の多い人物であったが、連載終了後にビッグコミックオリジナルに浦沢直樹さんとの対談記事が載ったのが印象的であった。
2色刷りの特集ページには不鮮明ながら写真も掲載された。
これが私が勝鹿北星さん個人に触れる最初で最後の機会であった。

その後は、『SEED』(集英社)のほか、コミック以外の場でも活躍されていたようである。
とりわけ環境問題に尽力し、2004年7月に上梓された『マジンジラ』(ソニー・マガジンズ)などからも分かるように、氏にとってそれはライフワークとなっていたようである。

[参考リンク]
http://www.zuisen.co.jp/whatsnew/2004/08_mazingira/index.html (瑞泉酒造)
http://smallbiz.nikkeibp.co.jp/free/RASHINBAN/20041213/105648/ (日経BP)
http://did.s21.xrea.com/20050110.html (独立思考)
http://slowkind.ameblo.jp/entry-980d521eb4ccdf521dc255a8ae8938e0.html (ゆるやかなるもの)

« 新しい記事に行く  | HOME | 

 

PIECE

tokufan

管理者 : tokufan
ウイスキーをちびちびと
プロフィール
過去のトップイメージ
管理者ページ
バナー
© 2002- TOKUFAN

Since 2002/04/10

新着記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

リコメンド

流通ニュース
上野優華 オフィシャルサイト
熊木杏里's Official Website
虚構新聞社
こよなく夜景を愛する人へ
サイエンス チャンネル
全国ロケ地ガイド
ソフトコレクション
ちょっと便利帳
東京アメッシュ
日本映画データベース
日本道路交通情報センター
日本標準時
Creazy!
everything is gone
iタウンページ
OnlineSoft VersionUp.info
PICASSO SITE
sunset terminal

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Template by たけやん