Secret Messages

日記 | ニュース | グルメ | ラーメン | ドラマ | 映画 | パソコン | ウェブ
熊木杏里 | 紀行 | 写真 | モノ | こだわり | おすすめソフト | ピックアップ

思い出のラ王

夜、久しぶりに目覚まし時計を気にしない自由睡眠から目覚めた。

けれどもあすはまた正午には起きて仕事に行かなくてはいけない。
休日として残された時間はわずかだ。
一所懸命休まないともったいない気がする。

水曜日の夕刊から溜まっていた新聞に目を通す。
隅から隅まで読もうと思うときりがないので、2時間弱ですべてを消化。

飯でも食べようと深夜、台所を物色するが何もない。
仕方なく自室の食糧庫からラ王みそ(日清食品公式ページ)を蔵出し。

せっかくだからおいしく食べたいと思い、メーカー推奨の調理法に則って完璧に作り上げた。
でも何だかいまいちな気がする。
縮れた生麺は喉越しが悪くて、これならカップヌードルのほうがよさそうだ。
スープはまずまずだが、油で誤魔化されている気がする。
具も、メンマと小さな角煮が1個あるだけ。
値段の割には満足度が低い。
この前食べたスーパーカップみそバター味は当たりだったので残念な気持ちだ。
初めてラ王と出会ったときの衝撃が大きかっただけに、復活を期待したい。

ラ王が発売されたのは1992年。
学生だった当時、アルバイト先の仲間と深夜江の島へドライブに出ていた。
お腹が減ったので何か食べようということになり、いまはもうなくなってしまった腰越海岸の目の前にあったセブン-イレブンに入った。
そこでラ王というおいしいカップ麺があると誰かが言ったのだ。
さっそくポットのお湯を貰って、みんなで寒さに震えながら店の前で食べた。
ちょっと行儀は悪いが立ったまま、波の音を聞きながら食べた。
身に沁みる冬の寒さが、温かい味噌のスープで癒される思いだった。

カップ麺としては値段も高く、袋に入った生麺が印象的だった。
ひとくち食べて、いつかどこかで食べたお店の味を思い出した。
それは決して具体的な名前とともに思い出されたわけではなく、カップ麺の姿かたちをしてはいるがお店で食べるラーメンのようにおいしく感じられたということだ。

あれから13年が経っている。
その間ラ王も幾度となく改良され現在に至っているはずだ。
でも若かったあのとき、自分の胃袋に流し込まれたあの思い出の味は甦らない。
そのあと何度ラ王を食べても何かが違う気がした。
でもそれは、本当はラ王自体が変わってしまったのではなく、自分のなかで内なる変化が訪れただけかもしれなかった。

モンベル製品のリペア

キャンプ中にバーナーの炎で着ていたジャケットの一部が焼けてしまう事故があったことをここに告白いたします。
とはいっても傷はたいしたものではなく、大きいもので長さ1cm幅2mm。
小さいものはほんの数mmでしかない。

ジャケットはモンベル製。
中綿の入った軽めのもので、防水透湿性素材のもの。
綿とは違い、当然化学繊維なので火にかければ燃えてしまう。
だから焼けたというよりは、溶けたといったほうが正しい。
気を付けなければいけないと頭で分かってはいても、こういうことは一瞬の隙に起こってしまうものだ。

しかも調理中には気づかず、あとでテント内で寛いでいるときに友人に指摘されて初めて穴が開いていることを知った。
腕がバーナーに近づきすぎてヒヤッとした瞬間があったことを思い出した。
あの時溶けてしまっていたに違いない。

これが素肌なら、反射的に熱を感じたはずだ。
「熱いっ!!」と腕を引っ込めて済んだかもしれないし、ひょっとしたら火傷を負ったかもしれない。
ジャケットは焼けてしまったが、大事にならなかったことを喜びたいと思う。

穴の奥には白く綿が見えている。
このまま着続けていると、思わぬ拍子に傷が広がる恐れがある。
そこでメーカーに修理を頼むことにした。
メールで送付方法などを尋ねると、即座に返事があった。
宅配便で送付すると、その2日後には修理の見積もりを知らせるメールが届いた。
費用は2,000円しない程度とのことで、思っていたほど安く済みそうだ。

3、4年前に買ったもので、自分にとっては決して安いものではなかった。
だから穴が開いたという事実の前に、当初は結構ショックだった。

きょうジャケットは修理から戻ってきた。
メーカーに送ってから9日目だから、想像していたよりずいぶん早かった。

補修は当て布されたものなので、見た目にはあまりいいものではない。
しかし自分でやってしまったことだから、こればっかりはどうしようもない。
それよりもこうして日記のネタにもなったし、箔が付いたのだからと前向きに考えていくことにした。

渡んど

いつものように仕事後のラーメン屋探し。
しかしすでに午前4時を回ろうとしている。
環状2号を磯子方面に進むが、「本牧家」や「辰巳屋」も閉まっていた。
「杉田家」が開くのにはまだ早い。
もはや「なみのりや」しかないと思われた。

そういえば、国道16号沿いにあるマインマート杉田店の向かいにあった「平松屋」の跡に別の店ができていたはずだ。
通り道だなと思い行ってみると開いていた。
店の名は「渡(わた)んど」とある。

初めての店なので、なるべく無難にかつ見極めも考えて、とんこつチャーシューメン(かため)(800円)と小ライス(100円)を注文。
メニューは多く、

とんこつ
とんこつ味噌
とんこつ塩

と取り揃え、それぞれ麺が異なるらしい。
ふつうのとんこつの場合は太ちぢれ麺だが、塩だと選択の自由が与えられる。
具は、のり3枚、メンマ、ネギ、きくらげ、チャーシュー。
マイルドで癖のないスープは、飲んでいて「きたくり家」を思い出した。
そういえばずいぶん行ってないなあ。
開店してそう長くはないはずだが、洗練された印象を受ける。
チャーシューはいまひとつなので、がんばって欲しいところ。
メンマやきくらげを入れるよりは、ほうれん草が合うスープだと思った。

営業時間は、18:00~5:00。
月曜日は定休。
5時から営業を始める「杉田家」を意識している時間帯だなと思った。

横浜家(南幸)

横浜駅西口にある簡単な「浜」の「横浜家」。
ダイエーの前を通って東急ハンズの角を左に曲がり、しばらく行った先の左側にある店。
仕事の後で午前3時を過ぎていたが、ここは4時までやっているという連れの言葉でやってきた。

おすすめだという角煮ラーメン(かため)(880円)とライス(100円)を注文。
具は、のり3枚、きくらげ、大きくて肉厚な角煮2枚、ほうれん草、ネギ、ごまなど。
角煮は味付けも濃くしっかりとしたでき。
ごはんとも合う感じがする。
スープは思っていたほどくせはないが、あぶらが多めでこちらもなかなか濃厚。
麺は太ストレート麺。

連れ曰く、営業時間は11:00~4:00。
何となく味噌ラーメンに目がいってしまうのは、個人的に味噌ブームが到来する前兆か。

三和

昨年の10月以来のご無沙汰。
土曜日の正午過ぎとあって、雨にもかかわらずほぼ満席状態であった。
チャーシューメン(中盛)(950円)を注文。

久しぶりに啜る「三和」のスープ。
一口目のおいしいことこのうえない。
具は、ネギ、メンマ、ほうれん草、チャーシュー、のり。

トッピングの類はメニューにない。
シンプルに麺とスープでラーメンを味わえる喜びがここにはある。
期待を裏切らない食後の満足感がたまらない。

駅までの道すがら昔ここのラーメンが好きだった同僚にメールを送りたいと思った。
しかし頑に携帯を持たない彼をこのときほど残念に思ったことはない。

しゅん

仕事が終わってすでに時間は午前4時半を過ぎていた。
ふつうならラーメンは難しい時間だ。
せいぜい「一蘭」くらいしか考えられない。
しかし弘明寺ならば、5時まで開いている店があるのを知っていた。
北海道ラーメンの店、「しゅん」である。

迷わず味噌らーめん(700円)(かため)を注文。
トッピングに味付けタマゴ(100円)とバター(100円)も入れてみた。
これが成功。
味噌バターラーメンは久しぶりに食べた気がするが、きょうのような寒い日にはなんともいえないこくと温かさを醸しだしてくれる。
具は、ネギ、もやし、ひき肉、チャーシュー、のり、メンマ。
麺はもちろん西山製麺。
味噌ラーメンを食べると、どこか懐かしく心温まる気がするのはなぜだろう。

麺の硬め、柔め、味の濃く、薄くは好みに合わせて変えてくれる。

食べている間に閉店時間である5時を過ぎていたが、ふたりの店員は片づけ作業を始めるでもなく厨房内に佇んでいた。
最後に残った自分と連れが食べ終え店を出て、はじめて暖簾をしまい始めた。
細かいことだが、この姿勢は大事だと思う。

「ハコ箱プレイヤー」配布終了

SOFTWAREのページにも追記してあるが、おすすめの動画再生ソフト「ハコ箱プレイヤー」の配布元サイトが、2005年1月24日をもって閉鎖されることになった。
当然以後のバージョンアップもなくなり、公式からインストールファイルを落とすこともできなくなるだろう。
取っておきたいというかたは、お早めに。

もともと韓国で生まれたソフトらしいのだが、本国では関連のあるプレイヤーの開発は続いているようだ。
ただ基本的には別物と考えた方がよさそうで、現状では日本語化もされていない。

まあすでにインストールされているソフトが使えなくなるわけではないので、自分はこのまま愛用し続けるつもりだ。
動画再生に関しては、ViX > ハコ箱プレイヤー > Windows Media Player と3つを併用してきたので、これからもこの態勢は変わらないだろう。
ハコ箱プレイヤー自体完成度が高いので、ありがたくこの先も使わせていただこうと思う。

寝袋を洗う

仕事から帰宅後、眠い目をこすりながら重い腰を上げる。
きょうこそは、シュラフ(寝袋)を洗濯するのだ。

5、6年ほど前に購入して以来、じつは一度も洗っていない。
化学繊維とはいえ中綿が入っているので、洗濯機にかけるわけにもいかない。
物が物だけにあまり頻繁に洗うべきではないが、いい加減まずいだろうとは思っていた。
昨年大島へ出発する前、2年振りに引っ張り出してきたとき、帰ってきたら洗おうと心に誓ったのだった。

最初はクリーニング店に出してしまおうかと思っていたのだが、適当な店舗が見つからなかったのとコストとの兼ね合いから、自分で洗うことにした。

風呂桶にぬるま湯を溜めアクロンを溶かす。
そこにシュラフを沈める。
ゆっくり空気を抜くようにして浸す。
しっかり押し込んでから、足で踏んで汚れを出す。

あまりしつこく洗うと中綿を傷めそうで怖い。
適当なところで切り上げ、4、5回すすいだら人間脱水器として自分で浴槽に押し当て絞る。
あとはベランダで陰干し。

自然乾燥だと、場合によっては1週間ほどかかるとのことなので、のんびり待ちますか。

わかんぜ

仕事帰りで時間は午前3時前。
ちょうどお腹は減っているし、連れであるU氏とふたりで身軽だったこともあり、当然ラーメン屋を探すことになる。
車は横浜市内に入り、通りがかりにふらっと訪れるような店の出現も期待できず、「一蘭」でも行こうかという雰囲気が漂いだしたときだった。

国道16号線の和田町に差し掛かると、U氏が突然「あれは!?」と叫び声をあげた。
横浜新道の高架の手前、和田町駅入り口になる交差点の駅側右手にラーメン屋の明かりが目に入った。

隣にいるU氏とは、先月厚木で苦い思いをした記憶が生々しい。
新規開拓の怖さを十分に知ったうえで、それでもふたりは静まり返った街を照らすその新しい光の中へ飛び込んで行かずにはいられなかった。

店の名は「わかんぜ」。
話し言葉に現れた方言のような印象を受ける名前だ。

メニューは思ったより豊富だ。

塩白湯 700円
 半熟味付玉子 100円
 野菜たっぷり 150円
 手作り煮豚 250円
 全部のせ 400円
九州らあめん 700円
 半熟味付玉子 100円
 もやし 100円
 手作り煮豚 250円
 全部のせ 350円
醤油らあめん 700円

替玉 100円
高菜ごはん 200円
明太ごはん 200円
ライス 200円
半ライス 100円
餃子(6個) 300円

太麺あり

1分悩んで、塩白湯(パイタン)を頼む。
トッピングに手作り煮豚(チャーシュー)を付け、高菜ごはんも注文。
好みを訊かれたので、麺かためにしてもらう。
さらにU氏が餃子を頼み、半分分けてくれた。

スープは一見して塩とんこつといった塩梅。
しかし思ったよりとんこつは強くない。
たしかなこくを残しつつあっさりとしたスープは、「塩」の名に偽りはない。
博多系の細ストレート麺は、想像以上にかため。
「一蘭」の超かたよりはるかにかたく感じられた。
こういうのをバリかたと言うのだろうか?
なかなかおいしい麺だ。

具は、万能ネギ、チャーシュー、もやし、スライスされたきくらげ。
チャーシューは最近では珍しいくらい肉厚で、味付けもいい。
個人的にはもう少し柔らかいとなおよい。
餃子は小振りで出来合いのようだが、香ばしくて中の具もわりとしっかりとしている。

全体的によくまとまっている。
と言いつつも、もう少しメニューを整理するともっといい店になる予感がする。
こんどは醤油らあめんにも挑戦してみたい。
U氏はいたく気に入ったようだ。

営業時間は19:00~27:00。
日曜日は定休。

深夜映画 『小さな目撃者』と『スティグマータ聖痕』

夜中、大島に行ったときの旅行記でもまとめようかと思っていた。
何気なくテレビのスイッチをつけると、何だか面白そうな映画が始まってしまった。
テレビ東京で3日25:55(4日1:55)から放送した『小さな目撃者』(1999年オランダ・アメリカ合作)である。
これが間違いの始まりであった。
テンポが良く飽きさせない展開で、あっという間に見入ってしまっていた。

両親とともにアムステルダムを訪れていた少女(フランチェスカ・ブラウン)は、口をきくことができない。
少女はひょんなことから殺人事件を目撃してしまい、ちょっと間抜けな殺し屋に追われることになる。
ホテルとアムステルダムの町をうまく使って繰り広げられるサスペンスアクションといった趣き。

状況設定が巧みで、ストーリー展開は計算されつくしている。
父親役のウィリアム・ハートもうまく絡んでくる。
最後には気の利いたオチもつく。

運河と歴史的な街並みが美しいアムステルダム。
もし旅行で行くことになったら、宿泊先は絶対映画にも登場した「ホテル・ド・ヨーロッパ(Hotel del'Europe)」だなと軽く夢を抱いている私はなんて単細胞なのだろう。
もちろん船で行くことになると思うが。

まあ思いのほか面白い映画に出会えたので、これはこれでよしとしよう。
それではあらためて旅行記にかかろうかと思ったら、番組の案内役と思しき我修院達也が出てきて、次は『スティグマータ 聖痕』(1999年アメリカ)をお送りしますとか言い出した。

まずいと思ったが、遅かった。
まんまと見出してしまった。

聖痕とは、キリストが処刑されたときに受けたのと同じ傷が、敬虔なカトリック教徒に現れる現象のこと。
ピッツバーグで働くヘア・ドレッサーの女性(パトリシア・アークエット)が、ある日贈り物としてロザリオを受け取る。
これをきっかけとして、無心論者であったはずの彼女の身には、原因不明の傷と悪夢のような出来事が降りかかる。
ガブリエル・バーン扮する神父がバチカンから派遣され、真相究明に乗り出すことになる。

『エンド・オブ・デイズ』(1999年アメリカ)では悪魔の化身を見事に演じたガブリエル・バーンは、ここでは主人公を救おうとする神父の役柄。
どことなく神秘的な風貌が、神父でも悪魔でもぴたりとはまる。
僧侶を目指して修道院に入っていたこともあるという彼の存在感が際立つ。

結局放送が終わったのは、明け方の6時近くになってからだった。
さて寝るか。

 | HOME |  古い記事に行く »

 

PIECE

tokufan

管理者 : tokufan
フチ子増殖中。
プロフィール
過去のトップイメージ
管理者ページ
バナー
© 2002- TOKUFAN

Since 2002/04/10

新着記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

リコメンド

熊木杏里 Private
虚構新聞社
こよなく夜景を愛する人へ
さんそな日常
全国ロケ地ガイド
そこからが無限
ソフトコレクション
ちょっと便利帳
東京アメッシュ
日本映画データベース
日本道路交通情報センター
日本標準時
ブタネコのトラウマ
林檎の木
Creazy!
everything is gone
iタウンページ
OnlineSoft VersionUp.info
PROJECT PICASSO
sunset terminal

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2Ad

Template by たけやん