Secret Messages

日記 | ニュース | グルメ | ラーメン | ドラマ | 映画 | パソコン | ウェブ
熊木杏里 | 紀行 | 写真 | モノ | こだわり | おすすめソフト | ピックアップ

ペンギンのかき氷

1週間ほど前、携帯に届いたメールの中に、「かき氷」という情緒ある言葉を見かけた。
考えてみれば、きちんとしたかき氷をずいぶん食べていない気がする。

「きちんとした」かき氷とは、しぐれのような氷菓子ではなく、注文してからしゃりしゃりと氷を削って作ってくれるような季節感を含んで味わえるものをいう。
いちごやみぞれもいいけれど、いざ食べるとなったらラムネ味を選ぶかな。

頭がキーンとなって、舌に色が着いてこそ夏の風物詩。
でもやっぱりあれは、こどものころに食べてこそおいしいと感じられる味なのだろうか?

そう言えば、昔は家にペンギンの形をしたかき氷器があった。
冷凍庫でつくった氷を背中から入れてハンドルを回すと、ペンギンの足元にアイスマウンテンができあがるというものだ。
家にはそんなにたくさんの種類のシロップは用意できないので、カルピスの原液をかけて食べたりしたものだ。

1通のメールから、久しぶりにてんこ盛りにして食べたいなあと思ったのは、ついこの間のことなのだが……。
本日の室内温度は25℃。
雨がしとしと降っていて、外はきっと寒いくらいだろう。
久しぶりにホットコーヒーを淹れた8月の土曜日でありました。

きたくり家

3月20日以来、今年2度目の「きたくり家」。
久しぶりだが、きょうはちょっと趣向を変えてみる。
連れが一度食べておいしかったというので、特製冷し胡麻しゃぶ麺(800円)を注文。
夏季のみのメニューで、1日限定20食だそうだ。
結構お腹が減っていたので、併せてミニチャーシュー丼(200円)も注文。

先に出てきたミニチャーシュー丼は、麺の到着を待ちきれずにとっとと半分以上は食べてしまった。
値段のわりに量は少なめだが、豚肉の味付けはかなりいい。
セットメニューのミニチャーシュー丼はもっと少ない気がしたので、ミニミニというべきかもしれない。

特製冷し胡麻しゃぶ麺はふつうのラーメンより時間がかかって出てきた。
冷やし中華風の麺にキャベツやにんじんなど野菜をのせ、全体を隠すように豚肉でふたをしたものだ。
胡麻ダレのスープは底の低いところに溜まっている。
たっぷりの野菜とドレッシングのような濃厚スープが、悪くない組み合わせだ。
ラーメン屋のカウンターで食べる豚の冷しゃぶに、思いがけず懐かしさを感じた。
さらに連れからのおすそわけで、餃子を2個頂いた。

みそ・しお・しょうゆに、とんこつしょうゆ。
サンマーメンに冷しゃぶ麺。
つくづくラーメンは奥が深いなと感じるのであった。

元祖札幌や

前回食べたサンマーメン(730円)のあまりのおいしさに、また行ってしまった。
そしてそれが夢ではなかったことを確認。
盛り沢山の野菜をあっという間に炒め、味を付ける。
ちょっと余所見をしていると、できあがってしまうくらいの手際の良さ。

気がつけば、今月はこれしか食べてない。
とんこつを忘れるに足りる味がここにあった。

日清紡績 コットンフィール

突然ではあるが、ティッシュペーパーは生活に欠かせないものである。

鼻をかむ。
メガネを拭く。
汚れを拭き取る。

あまり使わないというひともいるようだが、自分の人生とは切っても切れない深い絆で結ばれている。
幼いころからアレルギー性鼻炎に悩まされてきたので、これまでに使用してきた量も平均よりははるかに多いはずだ。

基本的に自分で銘柄を選んで買うことはほとんどないが、通常購入される価格帯のティッシュのなかでは、クレシアのクリネックスがほどよい質感で安心できる。
ティッシュというのは、やわらかければいいというわけではない。
すぐに破けてしまっては使い物にならないし、かといってかたくては肌に負担がかかる。
薄すぎたり、厚すぎてもいけない。
製品としてこのあたりのバランスがいちばんいいと感じるのがクリネックスというわけだ。

しかし花粉症の時期ともなると話は別だ。
今年こそ花粉の飛散量が極端に少なくて、かなりの軽症で済んだものの、この猛暑で来春はきっと大変なことになるだろう。
1年のうちの数ヶ月の間、破滅的に起こる鼻炎に対しては万全に迎え撃つ態勢を整えていたい。
だから普段から使ってはいないけれども、あまりに使用量が増えるときには、多少高価でも高級ティッシュを使うことになるのである。

各社からさまざまな高級ティッシュが出ている。
最近は保湿タイプのものや、3枚重ね、アロエエキスを配合したものまで出ている。
ただ個人的に保湿タイプはどうもなじめない。
なんとなくベタ付く感じがして、サラッとしたやさしさが感じられない。
メガネなんかを拭くのにも適していないと思う。
銘柄指定でいちばん買いやすいのは、クレシアのスコッティカシミヤだろう。
これはたしかによくできたティッシュで、とくに大きな不満はないのだが、いちばん好きな高級ティッシュといえば日清紡績のコットンフィールだ。

クリネックスよりは若干厚手だが、鼻炎のひどいときにはこれがなんとも頼もしい。
やわらかさ、肌触り、2組重ねても手中に感じるたしかな感触。
春先になると活気付くこの業界の中で、何年も前から変わらない品質を保ち続けているコットンフィールには、小手先の珍しさで次々と現れる無数の高級ティッシュのなかにあって、その存在感はかけがえのないものである。

昔からコットンフィールが好きだったことは紛れもない事実である。
しかし、何で突然こんなことを言い出したのかということと、最近この製品のCMに出ている娘とはなんら関係はないので気にしないでください。

KAERU

LINKS(移転前のサイトのリンクページ)でも紹介させてもらっている旅サイト(?)「KAERU」が、久しぶりに更新されていた。
相変わらず笑える。

旅のお供にぬいぐるみを連れて行き、旅行写真のアクセントにしたウェブサイトはほかにも見かけたことがある。
なかでもカエルのぬいぐるみは人気が高いようだ。

ネット上で公開する写真に自分が写りたくないと思うときは、使えるかもしれないと思った。
顔を出すのは気が引けるけれども、風景だけの写真では物足りないと感じることがある。
そんなとき、自らの分身としてぬいぐるみを登場させるのは面白いかもしれない。
ただし、撮るときは周りの目を気にしなければならないだろうが。

パーソナルに華

先月の携帯電話の通話料、195円。
先月のパケット通信料、10,139円。

予想はしていたが、バカである。
メールの量が増えたわけではない。
iアプリの使いすぎというわけでもない。

理由は分かっている。
5月の末に携帯が修理から戻ってきて以来、待ち受け画面がずっとさみしい感じだった。
調子に乗ってあちこち探し回ってしまったのが原因だ。

PCと一緒で、こういうパーソナルな持ち物には、ちょっとした華が欲しくなるものだ。
タレントやアイドルが嫌いなはずもなく、いろんなサイトを巡りすぎた結果がこれである。
PCで探せばいいのだろうが、携帯以外からのアクセスを制限しているサイトも多いので、面倒だからいいやと腹を括って携帯で探しまくってしまいましたとさ。

もっと手軽に定額制を導入できたらなあ。
遠すぎない未来に思いを馳せるある暑い夏の日の午後。

元祖札幌や

久里浜黒船仲通り商店街の中心に位置する「元祖札幌や」へ。
久しぶりにここのサンマーメンが食べたいと思っていたので、確信を持って店に向かった。
頼むものももちろん確定済み。
サンマーメン(730円)とギョウザ(350円)だ。
ここのサンマーメンは、野菜の量が半端ではないので、これだけでお腹いっぱいになれることは分かっているのだが、どうしても餃子も食べたかったので覚悟を決めての注文だ。

昼時だったので結構混んでいたが、見るとほとんどのひとがサンマーメンを食べている。
チャーハンや冷やし中華もあるというのに、猛暑のさなかでも人気があるというのはなんだかうれしい。

出てきたサンマーメンは大盛りと見紛うばかりにうずたかい。
どんぶりの高さを越えて、もやしを中心にキャベツ、にんじん、ピーマン、きくらげ、豚肉などがまさにてんこ盛り。
これをいまから自分が食べるのだなと思うと、一大事業に取り組まんばかりの心構えだ。
きょうもいい味付だ。
スープ自体はなんてことのない醤油スープなのだろうが、たっぷりのあんかけ野菜が装いを一変させている。
ラーメンという食べ物のひとつの最終形態を思わせる完成度だ。

これに香ばしく焼きあげられた餃子が加わり、序盤は本当に食べきることができるのか不安が渦巻いていた。
食べても食べても減らないように見えるどんぶりの中身も、時間とともにその水位を下げてきた。
時折餃子へ箸を伸ばしていると、いつしかどんぶりにはスープが若干残るのみとなっていた。
食べられるものである。
満足気に店を後にして駅へ向かう。
満腹ではあるが、動きが鈍るほどでもなく、ウィング久里浜をぶらぶらしてから帰途に着いた。

 | HOME | 

 

PIECE

tokufan

管理者 : tokufan
フチ子増殖中。
プロフィール
過去のトップイメージ
管理者ページ
バナー
© 2002- TOKUFAN

Since 2002/04/10

新着記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

リコメンド

熊木杏里 Private
虚構新聞社
こよなく夜景を愛する人へ
さんそな日常
全国ロケ地ガイド
そこからが無限
ソフトコレクション
ちょっと便利帳
東京アメッシュ
日本映画データベース
日本道路交通情報センター
日本標準時
ブタネコのトラウマ
林檎の木
Creazy!
everything is gone
iタウンページ
OnlineSoft VersionUp.info
PROJECT PICASSO
sunset terminal

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2Ad

Template by たけやん