Secret Messages

日記 | ニュース | グルメ | ラーメン | ドラマ | 映画 | パソコン | ウェブ
熊木杏里 | 紀行 | 写真 | モノ | こだわり | おすすめソフト | ピックアップ

とかとんとん

夜中に手ごろなラーメン屋はないものかと探していて、たしかここに1軒あったなと思い出し、行ってみたらまだ開いているようだったので入店。
横浜横須賀道路の日野ICを降りて鎌倉街道を大船方面に行くと、清水橋交差点手前すぐ右手にある店「とかとんとん」。
「花月」だった頃、1度だけ来たことがあるが、店の雰囲気は変わらないのでほとんど居抜きで入っているようだ。

ラーメンは、とんこつ醤油、とんこつ味噌、とんこつ塩、中華そば、油そばとずいぶん手広くラインナップされている。
ふつうのとんこつ醤油でチャーシューメン(800円)を注文。
深めのどんぶりにチャーシューがこれでもかと盛られていて、麺を引っぱり出すのに一苦労。
やや歯ごたえは残るチャーシューだが、濃いめのしっかりとした味がついていて、これは思いのほかおいしい。
ネギ、海苔、わかめ、ほうれん草、味付玉子半欠けらが基本のトッピングのようだ。
麺は、やや縮れた太麺。
悪くはない。
残念なのは、スープだ。
油っぽさが前面に出ていて、こくがない。
チェーン店なのかどうかは分からないが、それっぽく出来合いレベルのスープにしか感じられない。
もう少しメニューをしぼったほうがいいような気がする。
連れに分けてもらった餃子(350円)は、可もなく不可もなく。
営業時間は、どこにも書いておらず不明。

くじら軒(上大岡)

仕事の後、冷蔵庫を買うという同僚に付き合って上大岡のヨドバシへ行った。
そのまま「くじら軒」へ。

チャーシュー麺(1150円)+ミニチャーシュー飯(150円)と味付玉子(100円)を注文。
薄口醤油、濃口醤油、塩と選べるスープ。
きょうは濃口醤油にしてみた。

魚介のだしを始め、しっかりとした味のついたスープは奥深い。
塩もそうだったが、麺との相性もよく、バランスがとれている。
よく考えられたラーメンだと思う。

細めのストレート麺は、こしがあってほどよい茹で加減。
形が残る程度にやわらかく、おいしいチャーシューがたっぷり。
味付玉子は平凡。

営業時間は11:00~22:00。
ただしスープがなくなったら閉店。
年中無休。

空き巣対策

ここのところ町内で、空き巣が多発しているらしい。
これだけだとよくある話で、なんとなく実感が湧かないものだ。
しかし先月になって、すぐ隣の区画の誰それさん宅が被害にあったという。
同時に被害金額までまことしやかに伝わってくると、唐突に現実味を帯びてくる。
よく吠える番犬も1年以上前に死んでしまったし、何となく気もそぞろだ。

自分自身、家にはまったく現金は置いていないし、家族の中に高価なアクセサリーを持っているものもたぶんいない。
液晶テレビやパソコンは値が張るが、泥棒のお眼鏡に叶うかどうかは疑問だ。
お気に入りのCDが盗まれたらショックだが、そうなるとほとんど笑い話だろう。

やっぱりいちばん気になるのは、預金通帳ということになる。
ふだんから通帳と印鑑はまったく別に保管してはいるのだが、最近は偽造された印鑑で現金を引き出される被害が多いという。
今回の話を聞いて、思わず通帳の置き場所を変えている自分がいた。

そんなことはすっかり忘れ、きょうになって通帳の記帳に行こうと思った。
お約束のように以前まで入れていた引き出しを開き、通帳がないことにうろたえる。
一瞬考えて、置き場所を変えたことは思い出したものの、隠し場所までは思い出せない。
軽く捜してみるが、簡単に見つけることはできなかった。
「これなら空き巣に入られても盗られる心配はないな」なんて言っている場合ではない。

さてどこにやったかな?
半日経ったが、いまだに行方不明だ。
差し当たって生活に困ることはない。
それどころか、まったく困らない。
口座を作って20年近くは経っていると思うが、通帳の繰り越し以外で窓口に通帳を預けた覚えがない。

でもやっぱり、見当たらないままは不安だ。
万が一盗られても、すぐにそのことに気づかない可能性がある。
というか、ひょっとしてじつはもう盗られてるとか?
やっぱり捜さなきゃ!!

ところで、以前から欲しいと思っていたのだが、きょう無印に行ってやっぱり欲しいと思ったもの。
ウレタンフォームなどを使った低反発まくら。
まくらはちょっと高いので、クッションでもいいかな?
でも藺草(いぐさ)のまくらにも目移りするなあ。
夏も近いことだし……。

一蘭

珍しく土曜日に出勤した。
明け日曜日は「杉田家」が定休日のため、3ヶ月振りに「一蘭」へ。

ラーメン(750円)と替玉(150円)を注文。
本日のオーダー表。
味の濃さ こい
こってり度 基本
にんにく なし
ねぎ 青ねぎ
チャーシュー あり
秘伝のたれ(辛さ) 1/2
麺のかたさ かため
調べてみると前回とまったく同じ味加減だ。
量、好みともに、自分にとってはどうやらこれがベストのようだ。

帰りの各駅停車は、完全なる熟睡空間。
2、3時間は寝た気分で目覚めた。
(注)じっさいは正味50分。

クリーニングキットでCDのカビをとる

先日、昔はまったCDを久しぶりに聴きたいなと思い、プラスチック製のキャビネットから引っ張り出してきた。
紙ジャケットの製品で、不織布(ふしょくふ)のカバーのなかにCDが入っているのだが、取り出してみると、ディスクの記録面に曇ったような白い汚れがついていた。
ティッシュペーパーで、定石どおりディスク中央から放射状に拭き取ろうとしたが、こびりついて思うようにいかない。
うすうす分かってはいたが、無意識に認めたくない気持ちが働いていた。
ショックではあるが、おそらくカビのようなものなのであろう。

結構お気に入りのCDだったので、このままではまずいと思い、緊急対策本部を設置して救済に乗りだすことにした。
とは言っても、きのうの仕事帰りにヨドバシカメラに寄って、CDクリーニングキットを買ってきただけだ。
ずいぶん昔にも買ったことがあるが、さすがにクリーニング液も古くなっているだろう。
CDに吹きかけるのはためらわれるので、買いなおすことにした。

いろいろなメーカーから出ているようだが、結局以前使っていたのとほとんど同じものを買ってしまった。
ナガオカトレーディングの『CD/LDクリーニングキット(CL-80K)』だ。
クリーニング液を吹きかけ、30秒ほど待ってから、専用のセーム皮クリーナーで拭き取る。
これを3回ほど繰り返したところ、なんとか見た目にはカビを除去できたような気がする。

CDをプレイヤーにセットして聴いてみるが、問題はなさそう。
よかったよかった。
いくらアナログ盤のような音質の劣化がないからといって、ディスク自体が物理的に損傷してしまっては同じことだ。

カビのなかには、CD盤面の穴(記録データ)を食い荒らして破壊してしまうものもあるらしいので、みなさんもお気をつけください。

長谷川家

仕事の後で、疲れと眠さを癒すため各駅停車で熟睡。
寝過ごすこともなく、乗換駅で起床。
ちょっと元気になったので、新大津で降りて「長谷川家」へ。
チャーシューメン(かため)(800円)と餃子(400円)を注文。
やや油っぽいスープだが、不思議とくどさは感じない。
こくのある本当においしいスープだ。
麺もチャーシューもこのスープにはよく合っていると思う。
餃子は、皮から具から、よくできている。
疲れも吹き飛ぶ満足感。

柴犬ライダー

13時前、へとへとに疲れて仕事から帰宅。
きのうの夕方6時からきょうの朝9時まで働きづめだったので、さすがにつらかった。

車を運転して鎌倉の七里ヶ浜まで行ってきたのだが、道すがら見かけたある光景がいまも脳裏に焼きついている。

時間ギリギリだったので、少しでも渋滞する危険の少ないルートを採ろうと、横浜横須賀道路の逗子ICから逗葉新道を通って134号線を江ノ島方面へ向かった。
途中、渋滞らしい渋滞もなく、目的地には時間通りに着きそうだとわかり、車内には安堵感が漂っていた。
前日梅雨入りしたとは思えない好い天気で、寝不足の身には、海面に反射する太陽の光が眩しいくらいだった。

逗子海岸を左に見た後、いくつかトンネルを抜けると、材木座海岸に出た。
左前方にのんびりとしたスピードで走っているバイクが、のどかな雰囲気をかもしだしていた。
車線の幅は狭くないので、前を行く車はとくに無理することもなく、次々とそのバイクを追い抜いていく。
同じように横をすり抜けようとして、思わず目を見張った。

スーパーカブと思しきバイクを運転している中年の男性の背中に、犬がへばりついているのだ。
瞬間的に頭の中では、「ぬいぐるみか何かじゃないのか?」という疑念を抱いたが、そうではなかった。
犬は、飼い主の肩に自分の前足をのせ、後ろ足で直立している。
暴れるでも怖がるでもなく、紐で縛られているわけでもないのに、じつに堂に入ったものだ。

まっすぐに上に伸びた手と、Ω(オメガ)型に開かれたがに股がこっけいだ。
犬も飼い主も、それが至極当然のことのように気にする風でもない。
二ケツ姿で、気持ちよさそうに風を切って、ぼんやりと海を眺めている犬が一匹。
そんなことがあっていいのだろうか?

その姿はほのぼのとして、かわいらしく、思わず目を奪われる。
助手席に座っていた同僚とは、その犬のことで、一日話のネタに尽きることはなかった。

にわかには信じられないというひとたちのために、写真に撮っておきたかったが後の祭り。
またあの海沿いの道に行けば、柴犬ライダーに会えるのだろうか?

OSを入れて最初にインストールする10のアプリは何?

1ヶ月ほど前にBlogを中心に流行ったネタで、「OSを入れて最初にインストールする10のアプリは何?」というのがあった。
ふだんどんなソフトを使っているかを見せあって楽しもうというものだ。
さらに他人がどんなものを使っているのか知ることで、新たな発見があるかもしれない。
やっていることは同じだが、表現はいくつかあって、「OSを入れてまずインストールする10のアプリ」という言い方もあった。

1. WYLauncher
2. Norton AntiVirus
3. Becky!
4. Sleipnir
5. Noah
6. TeraPad
7. TClock
8. IrfanView
9. ViX
10. PicViewSlide

一応、優先度の高い順で、こんな感じだ。

1. WYLauncher
いまはもう配布をやめてしまったランチャーソフト。
クイック起動(スタートボタンのすぐ右隣)にアイコンを作り、そこから一覧を表示してアプリを立ち上げるソフトだ。
常駐しないのと、カスタマイズ性の高さがお気に入りの理由。

2. Norton AntiVirus
やっぱり大事。
他人に迷惑をかけないためにもはずせない。

3. Becky!
かゆいところに手が届くメーラー。

4. Sleipnir
ジプシーのようにさまざまなブラウザを試用していた時期があるが、最終的にこれに落ち着いた。
使用頻度の高さ、起動時間の長さは、自分の中では断トツの1位だろう。

5. Noah
同梱されているcaldixというソフトは、自動で各種DLLを入れてくれる優れもの。
ただし、Noahはアイコンがいまいち好みでないので、各書庫のアイコンはGCAのものに差し替えている。

6. TeraPad
Windowsのメモ帳の代わり。
というかメモ帳はいらないが、「TeraPad」はとても大事。

7. TClock
右下に日にちと時間がないのは困ります。

8. IrfanView
BMP、GIF、JPEG、PNGはまっさきに関連付けます。

9. ViX
起動しない日はないでしょう。
エクスプローラよりもその頻度は高し。

10. PicViewSlide(画像表示付き壁紙チェンジャー)
何の変哲もない壁紙チェンジャーですが、これと同じような動作と操作性を持ったソフトは案外ないもんです。

三和

仕事帰り、結構久しぶりに「三和」へ。
店に近づくにつれて、あの独特のスープの味わいが口内に広がる気がした。
連れがいたので、ここぞとばかりにポテトサラダ(400円)を注文。
ひとりで食べきるのはやっぱり難しい量だ。
マッターホルンのようにそそり立つサラダは、ここのスープによく合う。
チャーシューメン(850円)とともに頂くと、形容し難いほどのしあわせを感じる。
開店時間は11:30からだと思っていたが、11:00だった。

杉田家

家系不足なからだが欲していたので、仕事帰りに「杉田家」へ。
チャーシューメン(800円)(かため)とチャーシューまぶし丼(150円)は揺るぎない。
久しぶりに啜ったスープの味に、一口で満足。
たっぷりスモーキーなチャーシューも変わりない。
ただ食べ進むうち、今日のスープはいつも以上に濃く感じられた。
ちょっと次回は薄めで頼もうかと思わせられるほどの濃さだった。
営業時間が延びて、5:00~23:00になっていた。

 | HOME |  古い記事に行く »

 

PIECE

tokufan

管理者 : tokufan
フチ子増殖中。
プロフィール
過去のトップイメージ
管理者ページ
バナー
© 2002- TOKUFAN

Since 2002/04/10

新着記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

リコメンド

熊木杏里 Private
虚構新聞社
こよなく夜景を愛する人へ
さんそな日常
全国ロケ地ガイド
そこからが無限
ソフトコレクション
ちょっと便利帳
東京アメッシュ
日本映画データベース
日本道路交通情報センター
日本標準時
ブタネコのトラウマ
林檎の木
Creazy!
everything is gone
iタウンページ
OnlineSoft VersionUp.info
PROJECT PICASSO
sunset terminal

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2Ad

Template by たけやん