Secret Messages

日記 | ニュース | グルメ | ラーメン | ドラマ | 映画 | パソコン | ウェブ
熊木杏里 | 紀行 | 写真 | モノ | こだわり | おすすめソフト | ピックアップ

三和

おそらく今年最後のラーメンになるかな?
仕事の後にねばってねばって、眠いながらも行ってきました。
チャーシューメン(850円)とギョーザ(400円)を注文。
さらに以前から一度食べてみたかったポテトサラダ(400円)も頼む。
この日はいままでになくチャーシューが多くてしあわせな気分。
いちばん端っこのとこがまたおいしいんだよなあ。
ギョーザは冷凍のため出てくるまで時間はかかる。
しかし手作りでボリュームも満点。
もちもちとした皮がまたうまい。
ポテトサラダはラーメンの箸休めに最適。
ただ結構量があるので、きょうのように連れがいるときでないと頼みづらい。
とても満足。

Quizquiz(クイズクイズ)

周りに何人かオンラインゲームにはまっているひとたちがいる。
RPGが主流のようだが、はまりかたが一様にすごい。

仕事が終わると、そそくさと帰っていく。
そのほかの様々な誘惑も受け付けない。
基本的に引きこもる。
時間を忘れる。
食事を忘れる。
チャットで知り合いができる。

彼らはきっと外にいる間もゲームのことばかり考えて、マウスやキーボードをクリクリカタカタしたくてウズウズしているに違いない。
病的ではあるが、そこまでのめり込めるものがあったら、さぞかししあわせなことだろう。

わたしはゲームをほとんどしない。
家庭用テレビゲーム機は、ファミリーコンピュータで卒業してしまった。
スーファミもプレステも家にはなかった。
友人宅で遊ぶことはあっても、自分で買おうとまでは思わなかった。

シューティングは単調だし、シミュレーションやRPGは面倒だ。
アクションやアドベンチャーは面白いとは思うが、それだけ。
長い時間プレイしてこそ醍醐味を味わえるゲームが多く、どうも馴染むことができない。

ゲームセンターなら短時間集中で楽しめるものも多いが、いちいち金はかかるしうるさいし、あまり行こうとも思わない。
たんに歳をとっただけかもしれないが……。

しかしながら、昔からわりと好きだったのが、クイズゲームだ。
○×や択一で単純に楽しめ、何よりも手軽だ。
ひょっとしてと思い探したところ……。
ありました。
オンラインのクイズゲーム、Quizquiz(クイズクイズ)だ。

専用ソフトをインストールして、自分の分身となるキャラクターを生成する。
クイズゲームに勝って獲得した金で服やアクセサリーを買い、キャラクターを着せ替えて楽しむというものだ。
基本的には無料だが、課金システムを採用していた時期もあるようだ。

○×や択一はもちろん、タイピングやビンゴ、パズル、すごろくなどの要素を組み合わせたクイズがあったり、リバーシ(オセロ)や五目並べといったミニゲームも取り揃えている。
当然ながらチャット機能も完備されていて、クイズに答えながら、リアルタイムで会話を楽しむこともできる。

同一の問題を良く見かけるという致命的な欠点もあるが、ゲームのシステムは安定している。
クイズの種類によっては好き嫌いが分かれそうだが、わりと純粋に楽しむことができる。
遊び始めてまだ3、4日というところだが、いい暇つぶしになりそうだ。
でもやっぱり金を出してまでやろうとは思わないな、これは。

毬花一番搾り

きのうは友人宅で酒を飲んだのだが、その中で出た笑い話をひとつ。
キリンから出ている2003年限定醸造ビール『毬花一番搾り』というのがあるのだが……。

これはビールです。
発泡酒ではありません。

http://www.kirin.co.jp/brands/maribana/flash/maribana.html

『一番搾り』の名が付くことからも一目瞭然なのだが、その場にいた4人中2人がこれを発泡酒だと思ってました。
知らずに買ってきた本人も、あとになってそのことを知り、逆ギレ気味。
たしかに同じキリンの発泡酒『淡麗』シリーズと、デザインが被るかなとは思いますが。
もちろんわたしは知ってましたけどね。

しかしなんと言ってもいちばんかわいそうなのは、『毬花一番搾り』本人でしょう。
発泡酒だと思って買われてきて、発泡酒だと思って飲まれていたわけですから……。
れっきとしたビールなのにね。

それにしてもきのう飲んだ『サントリーモルツ』のなんとうまかったこと。
2003年12月上旬製造の「赤城山水系」は一味違うな。

一蘭

仕事が思いの外、早く終わったので、関内のカラオケへ。
多少の飲み食いはしたのだが、小腹が空いたので「一蘭」に行くことに。

基本のラーメン(750円)と追加ネギ(100円)を注文。
味の濃さ 基本
こってり度 こってり
にんにく なし
ねぎ 青ねぎ
チャーシュー あり
秘伝のたれ(辛さ) 1/2
麺のかたさ かため

さすがに替え玉はなしで適量でした。
スープもあんまり飲めないかなと思ったけど、結局ほとんど完食。
水は席ごとに注ぎ口が設置されているのだが、ちょっと出が悪かったです。

出版社と直接取り引き

紆余曲折ありましたが……。
ついに、いま、わが手中に!

「2004年版スーパーダイアリー(緑)」だ!
2004年版スーパーダイアリー

11月頃になると、書店に手帳コーナーが設けられる。
そこで当然、毎年買っていた書店を物色するのだが、これがなかなか入荷しない。
例年ならとっくに店頭に並んでいるはずなのに……。

12月に入ってこれは本格的にマズイぞと思い、一念発起、出版社に問い合わせのメールを出した。
2004年版が出ていることはショッピングサイトなどで確認済み。
しかしどこのサイトに行っても、色を指定しての購入ができない。
例年、緑・紺・赤と3色のバリエーションを揃えているが、過去6年間ずっと緑色の製品を使いつづけていた。
いまさらほかの色に変える気にはなれない。

何通かメールの遣り取りをして、直接購入させてもらえることになった。
送料は掛かるものの、これがいちばん確実だろう。
そしてきょうの午前、ヤマト運輸の「クロネコメール便」で到着。

それにしても危なかった。
最悪の状況を考えて、ハラハラドキドキの毎日であった。
おそらく毎年何100種類も出版される手帳の中で、たった1冊を指名して使いつづけることのなんと困難なことだろう。
いまから来年が心配になってきたぞ。

後日談だが、書店に注文すれば普通に取り寄せることができたらしい。
もちろん色の指定も可……。

おーくら家

きょうはどこのラーメン食べて帰ろうかと思案しているうちに、京急の横浜駅のホームまで来てしまった。
上りの普通電車が着いたところだったので、反射的に乗車。
そうなのだ。
頭の片隅で、なんとなく「おーくら家」へ行こうかなとは考えていたのだ。
今年の3月15日(土)以来となる。
仲木戸駅を降りて、国道15号に出る。
左折すれば赤い看板がすぐに見えてくる。

中盛ラーメン(かため)(食券700円)と半ライス(現金100円)を注文。
ありがたいことにおしぼりを出してくれるし、味の好みもきちんと訊いてくれる。
たくあん付きの半ライスは小さめの茶碗で、値段相応の量。
家系らしく太い麺は、かためのほうが良さそう。
チャーシューは大きめのものが1枚のるが、平凡。
ほかにネギ、海苔3枚。
ほうれん草はおいしい。
味のバランスのとれたスープは、満足できるおいしさ。
ただ、以前に来たとき感じたインパクトは薄れた。
「吉村家」や「杉田家」よりはマイルドで、万人向き。

営業時間
平日10:00~22:00
祝日11:00~22:00
日曜は定休日のもよう。

横浜駅にきた通路とみなみ通路新設

ところで、あと1ヶ月半もすると横浜駅が大きく変わる。
東急東横線の横浜~桜木町間は、2004年1月30日(金)の終電をもって廃線。
1月31日(土)は、臨時ダイヤで渋谷~横浜間のみ営業。
2月1日(日)からは、みなとみらい線と相互直通運転を開始し、ホームも地下化される。
これに合わせて新設工事中の北部自由通路(きた通路)と南部自由通路(みなみ通路)が供用開始される(一部暫定。つまり工事中の部分が残るということかと思われる)。

参考リンク
http://www.city.yokohama.jp/me/tokei/site/press/shiryo/mm_press.htm

東横線やみなとみらい線はめったに使うことはないと思うが、東西通路が新設されるあたりは注目したい。
既存の東西自由通路の混雑振りには辟易しているので、待ちに待ったという感じだ。
平日の朝、および金土の夜ともなると、いろんな方向へ行こうとする人波は複雑に渦を巻いている。
人の流れの先の先を読みながら、縫うようにして進む。
出勤時に京急の改札から西口方面へ抜けるには、エスカレーターに殺到する人の流れを、いかに避けるかがポイントになる。

人込みが苦手なので、現在は息を止めて走り去らんばかりの状態である。
これで少しは、各通路へ混雑が分散されるだろう。

それにしても、京急がルミネとの間に建設中の下り専用ホームとやらは、いつになったら出来上がるのだろう?

新しいパソコンが欲しいかもしれない症候群

風邪の次は、「新しいパソコンが欲しいかもしれない症候群」。
愛用のマシンは看取りたい。
でも欲しくて欲しくて堪らない毎日だ。

デルエプソンダイレクトが現在の有力候補。
しかしNECの水冷システムにも興味津々だ。
いずれにしても、いま買うならPentium4 3.20GHz かな。
HDDはシリアルATAがいいなあ。
液晶ディスプレイは高くつくし、やっぱりCRTでしょう。
でもデルで個人購入の場合はCRTは選択できないから、結構安く買える17型の液晶モニタにしようか?
それともディスプレイはなしにして、別口でナナオのCRT買おうか?

なんて感じで、毎日のようにメーカーサイトに行って見積もりをいじって楽しんでおります。

横浜元祖札幌や

久しぶりに仕事の前にラーメン屋へ行ってみた。
横浜駅西口相鉄ジョイナスの地下1階にある「横浜元祖札幌や」だ。
その名の通り、北海道ラーメンの店。

メニューは、
味噌ラーメン  700円
正油ラーメン  680円
塩ラーメン   680円
バターラーメン 720円
で、その他にメンマやほうれん草、チャーシューなどのトッピングが選べる。

味噌ラーメンを注文。
麺はやや縮れたオーソドックスな麺。
悪くはない。
とろとろとして真っ白いスープは、独特のうまみを感じられてわりとおいしい。
ただ結構油っぽいので、最後のほうは飽きてくる。
味の付いたもやし、ネギ、にんじん、チャーシューなどが入る。
チャーシューはそこそこの味。

すべてカウンター席だが、ちょっとカウンターの位置が高く感じられた。
場所が良いだけあって、ひっきりなしにひとは入っていた。

風邪と抗生物質

まだたまに咳が出ることはあるが、ほぼ風邪は完治したものと思われる。
結局2週間以上患っていたことになる。

2度目に医者にもらった薬が効いたのかと思っていたら、どうもそうではないらしい。

12月8日(月)付け朝日新聞夕刊に、『抗生物質 風邪には効かぬ』という記事が載っていた。
http://www.asahi.com/health/medical/TKY200312080167.html
要約すると、こんなことが書いてあった。



  • 抗生物質は細胞に対して働く。
  • 細菌は細胞組織を持つが、ウイルスはそれ以上に微細で細胞組織を持たない。
  • 風邪の原因の90%はウイルスのため、細菌にしか効果を発揮しない抗生物質は意味がない。
  • 十分に休養を取るなど対症療法が中心となる。
  • 医師は効果がないことが分かっていても、ほかに有効な薬がないため抗生物質を処方してしまう。
  • 抗生物質の乱用が抵抗力の強い耐性菌を生み、深刻な院内感染の原因となる恐れがある。


結局、病は気からってことですかね?
薬で症状が緩和されたのかと思ってたけど、自然に快方に向かっていたということか。

じつはこの間、そしていまに至るまで、意識的に酒を断っていた。
もともと家ではあまり飲まないのだが、たまにはストイックなのも悪くないかなと。
風邪ひいてるんだから当然かもしれないが、解禁したときの喜びも大きいだろうと思ったので。
そういえば巷で今年のはおいしいと噂のボジョレーヌーボーまだ飲んでないな。
飲みたいな。

ちなみに一緒に出されていた鼻水の薬だが、花粉症で処方されていたものと同じだった。
これもあんまり効いてる感じはしなかったなぁ。
来年の春も、同じ薬、出されるんだろうなあ。
こうなったら毎日のように食べているカスピ海ヨーグルトだけが頼りだ!
Come on!! スギ花粉2004!!

 | HOME |  古い記事に行く »

 

PIECE

tokufan

管理者 : tokufan
フチ子増殖中。
プロフィール
過去のトップイメージ
管理者ページ
バナー
© 2002- TOKUFAN

Since 2002/04/10

新着記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

リコメンド

熊木杏里 Private
虚構新聞社
こよなく夜景を愛する人へ
さんそな日常
全国ロケ地ガイド
そこからが無限
ソフトコレクション
ちょっと便利帳
東京アメッシュ
日本映画データベース
日本道路交通情報センター
日本標準時
ブタネコのトラウマ
林檎の木
Creazy!
everything is gone
iタウンページ
OnlineSoft VersionUp.info
PROJECT PICASSO
sunset terminal

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2Ad

Template by たけやん