Secret Messages

日記 | ニュース | グルメ | ラーメン | ドラマ | 映画 | パソコン | ウェブ
熊木杏里 | 紀行 | 写真 | モノ | こだわり | おすすめソフト | ピックアップ

ドラマ

カテゴリ[ドラマ]を直接読む

ドラマ : 一般
Secret Messages ドラマ大賞 2016
Secret Messages ドラマ大賞 2015
Secret Messages ドラマ大賞 2014
「私の部下は50歳」とNHKドラマ公式サイトに一家言
Secret Messages ドラマ大賞 2013
Secret Messages ドラマ大賞 2012
Secret Messages ドラマ大賞 2011
Secret Messages ドラマ大賞 2010
ドラマという娯楽
ゲゲゲの女房
熱海の捜査官
「熱海の捜査官」失踪バス
Secret Messages ドラマ大賞 2009
Secret Messages ドラマ大賞 2008
結婚できない男
セクシーボイスアンドロボが放送される日
セクシーボイスアンドロボ 放送自粛
プリズン・ブレイク
ドラマ : クール別
2017年夏ドラマ【7月期】
2016年7月~2016年12月の単発ドラマ
2017年春ドラマ【4月期】
2017年冬ドラマ【1月期】
2016年秋ドラマ【10月期】
2016年夏ドラマ【7月期】
2016年1月~2016年6月の単発ドラマ
2016年春ドラマ【4月期】
2016年冬ドラマ【1月期】
2015年7月~2015年12月の単発ドラマ
2015年秋ドラマ【10月期】
2015年夏ドラマ【7月期】
2015年1月~2015年6月の単発ドラマ
2015年春ドラマ【4月期】
2015年冬ドラマ【1月期】
2014年7月~2014年12月の単発ドラマ
2014年秋ドラマ【10月期】
2014年夏ドラマ【7月期】
2014年1月~2014年6月の単発ドラマ
2013年4月~2013年12月の単発ドラマ
2014年春ドラマ【4月期】
2014年冬ドラマ【1月期】
2013年秋ドラマ【10月期】
2013年夏ドラマ【7月期】
2012年10月~2013年3月の単発ドラマ
2013年春ドラマ【4月期】
2013年冬ドラマ【1月期】
2012年4月~2012年9月の単発ドラマ
2012年秋ドラマ【10月期】
2012年夏ドラマ【7月期】
2011年10月~2012年3月の単発ドラマ
2012年春ドラマ【4月期】
2012年冬ドラマ【1月期】
2011年4月~9月の単発ドラマ
2011年秋ドラマ【10月期】
2011年夏ドラマ【7月期】
2011年1月~3月の単発ドラマ
2011年春ドラマ【4月期】
2010年10月~12月の単発ドラマ
2011年冬ドラマ【1月期】
2010年7月~9月に見た単発ドラマ
2010年秋ドラマ【10月期】
2010年夏ドラマ【7月期】
2010年4月~6月に見た単発ドラマ
2010年1月~3月に見た単発ドラマ
2010年春ドラマ【4月期】
2010年冬ドラマ【1月期】
2009年秋ドラマ
2009年夏ドラマ
2009年春ドラマ
2009年冬ドラマ
2008年秋ドラマ
2008年夏ドラマ
2008年春ドラマ 総評
2008年春ドラマ(とアニメ)
2008冬ドラマ 総評
切るに切れない冬ドラマ (注:2008年冬ドラマ)
2007年秋ドラマ 総評
2007年秋ドラマ
2007年夏ドラマ
2007年春ドラマ
ドラマ : クール別 : リストアップ
2017年夏ドラマ【7月期】 リストアップ
2017年春ドラマ【4月期】 リストアップ
2017年冬ドラマ【1月期】 リストアップ
2016年秋ドラマ【10月期】 リストアップ
2016年夏ドラマ【7月期】 リストアップ
2016年春ドラマ【4月期】 リストアップ
2016年冬ドラマ【1月期】 リストアップ
2015年秋ドラマ【10月期】 リストアップ
2015年夏ドラマ【7月期】 リストアップ
2015年春ドラマ【4月期】 リストアップ
2015年冬ドラマ【1月期】 リストアップ
2014年秋ドラマ【10月期】 リストアップ
2014年夏ドラマ【7月期】 リストアップ
2014年春ドラマ【4月期】 リストアップ
2014年冬ドラマ【1月期】 リストアップ
2013年秋ドラマ【10月期】 リストアップ
2013年夏ドラマ【7月期】 リストアップ
2013年春ドラマ【4月期】 リストアップ
2013年冬ドラマ【1月期】 リストアップ
2012年秋ドラマ【10月期】 リストアップ
2012年夏ドラマ【7月期】 リストアップ
2012年春ドラマ【4月期】 リストアップ
2012年冬ドラマ【1月期】 リストアップ
2011年秋ドラマ【10月期】 リストアップ
2011年夏ドラマ【7月期】 リストアップ
2011年春ドラマ【4月期】 リストアップ
2011年冬ドラマ【1月期】 リストアップ
2010年秋ドラマ【10月期】 リストアップ
2010年夏ドラマ【7月期】 リストアップ
2010年春ドラマ【4月期】 リストアップ
2010年冬ドラマ【1月期】 リストアップ
2009年秋ドラマ リストアップ
2009年夏ドラマ リストアップ
2009年春ドラマ リストアップ
2009年冬ドラマ リストアップ
2008年秋ドラマ リストアップ 放送順
2008年秋ドラマ リストアップ

映画

カテゴリ[映画]を直接読む

2016年
最近見た映画 2016/7/7
  • 白ゆき姫殺人事件 ★★
  • 見えないほどの遠くの空を ★★★★
  • 海街diary ★★★
  • ソロモンの偽証 前篇・事件 / 後篇・裁判 ★★★
  • 陽だまりの彼女 ★★★
  • 永遠の0 ★★★★
  • ALWAYS 三丁目の夕日 ★★★
  • カノジョは嘘を愛しすぎてる ★★★
  • 万能鑑定士Q -モナ・リザの瞳- ★★
  • 言の葉の庭 ★★★★
  • エイプリルフールズ ★★★
  • 今日、恋をはじめます ★★
  • 毎日かあさん ★★★★
  • 桐島、部活やめるってよ ★★★★
  • 図書館戦争 LIBRARY WARS テレビ特別編集版 ★★★★
  • 劇場版 SPEC~結~『漸ノ篇』『爻ノ篇』 ★★
2015年
最近見た映画 2015/8/5
  • 薄れゆく記憶のなかで ★★★★
  • リアル鬼ごっこ2 ★★★
  • 色即ぜねれいしょん ★★★
  • 人狼ゲーム ★★★
  • 半分の月がのぼる空 ★★★★
  • ポテチ ★★★★
  • 歩いても 歩いても ★★★★
  • 相棒 -劇場版III- 巨大密室! 特命係 絶海の孤島へ ★★
  • ジャッジ! ★★★
  • 七瀬ふたたび ★★★
  • ツナグ ★★★★★
  • 女の子ものがたり ★★★★
  • 僕達急行 A列車で行こう ★★★
  • 横道世之介 ★★★
  • 遠くでずっとそばにいる ★★★★
  • みなさん、さようなら ★★★
  • 悪の教典 ★★
  • スープ~生まれ変わりの物語~ ★★★★★
  • 空気人形 ★★★
  • 赤々煉恋 ★★★
  • ロボジー ★★★
  • ダイ・ハード/ラスト・デイ ★★★
  • ひみつの花園 ★★★
  • チーム・バチスタFINAL ケルベロスの肖像 ★★★
  • カラスの親指 ★★★
  • 風立ちぬ ★★★★
  • 寄生獣 金曜ロードSHOW!特別版 ★★★
  • キッズ・リターン ★★★
最近見た映画 2015/1/5
  • アウトレイジ ビヨンド ★★★
  • 鈴木先生 ★★★★
  • 誰も守ってくれない ★★★★
  • 映画 ひみつのアッコちゃん ★★
  • しあわせのパン ★★★★
  • 深呼吸の必要 ★★★
  • BRAVE HEARTS 海猿 ★★★
  • ぼくたちと駐在さんの700日戦争 ★★★
  • さまよう刃 ★★★
  • おおかみこどもの雨と雪 ★★★
  • 探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点 ★★★
2014年
最近見た映画 2014/7/6
  • 藁の楯 ★★
  • プラチナデータ ★★
  • インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 ★★★
  • 阪急電車 片道15分の奇跡 ★★★★★
  • 真夏の方程式 ★★★
  • 舟を編む ★★★★
  • 南極料理人 ★★★
  • ストロベリーナイト ★★★
  • 重力ピエロ ★★★★
  • 幸福のスイッチ ★★★
  • ノウイング ★★
  • 相棒シリーズ X DAY ★★
  • モテキ ★★★
  • アンノウン(2011年) ★★★★
  • 鍵泥棒のメソッド ★★★★
  • 赤い糸 ★★★
  • 劇場版 SPEC~天~ ★★★
  • 踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望 ★★★
2013年
最近見た映画 2013/7/15
  • ジェネラル・ルージュの凱旋 ★★★
  • 青い鳥 ★★★
  • サラリーマンNEO 劇場版(笑) ★★
  • 臨場 劇場版 ★★★
  • うた魂♪ ★★★★
  • コクリコ坂から ★★★
  • 君に届け ★★★
  • フィッシュストーリー ★★★★
  • 書道ガールズ!! わたしたちの甲子園 ★★★
  • インファナル・アフェアIII 終極無間 ★★★★
  • インファナル・アフェア 無間序曲 ★★★★
  • インファナル・アフェア ★★★★★
  • 探偵はBARにいる ★★★
  • LIAR GAME -再生- ★★
  • プリンセス トヨトミ ★★★★
  • 白夜行 ★★★★
  • 誰かに見られてる ★★★
  • RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語 ★★★
  • SP THE MOTION PICTURE 革命篇 ★★★★
  • SP THE MOTION PICTURE 野望篇 ★★★★★
  • アウトレイジ ★★★
  • ディア・ドクター ★★★★
  • アンフェア the answer ★★
  • 悪人 ★★★
  • まほろ駅前多田便利軒 ★★★
  • 告白 ★★★★
  • レディ・ジョーカー ★★★
  • ザ・ウォード/監禁病棟 ★★
  • マイ・バック・ページ ★★★
  • 麒麟の翼 ~劇場版・新参者~ ★★★★
  • 12人の優しい日本人 ★★★★
  • 127時間 ★★★
2012年
最近見た映画 2012/11/21
  • 少女たちの羅針盤 ★★★★
  • ターミネーター4 ★★
  • 孤高のメス ★★★
  • THE LAST MESSAGE 海猿 ★★
  • 八日目の蝉 ★★★★
  • 相棒 -劇場版II- 警視庁占拠! 特命係の一番長い夜 ★★★
  • 毎日が夏休み ★★★
  • 借りぐらしのアリエッティ ★★★★
  • GANTZ PERFECT ANSWER ★★
  • GANTZ ★★
  • 君が踊る、夏 ★★★
  • 踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ! ★★★
  • 白い船 ★★★★
  • 転校生 さよなら あなた ★★★
  • インシテミル 7日間のデス・ゲーム ★★★
  • ゴールデンスランバー ★★★★
  • 西の魔女が死んだ ★★★
  • 幼獣マメシバ ★★★
  • のだめカンタービレ 最終楽章 後編 ★★★
  • のだめカンタービレ 最終楽章 前編 ★★★
  • 星を追う子ども ★★★
  • 銀のエンゼル ★★
2011年
最近見た映画 2011/5/1
  • 初恋のきた道 ★★★
  • アフタースクール ★★★★
  • 沈まぬ太陽 ★★★
  • イキガミ ★★★★
  • ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ ★★★
  • 八月の二重奏 ★★
  • カイジ 人生逆転ゲーム  ★★
  • 20世紀少年 最終章 ぼくらの旗  ★★★★
  • 20世紀少年 第2章 最後の希望  ★★★★
  • 音符と昆布  ★★
  • 鑑識・米沢守の事件簿 ★★
  • アマルフィ 女神の報酬 ★★★★★
  • 奈緒子 ★★★
2010年
最近見た映画 2010/12/1
  • The 4th Kind フォース・カインド ★★
  • おっぱいバレー ★★★
  • パプリカ ★★★★
  • アカルイミライ ★★
  • 劒岳 点の記 ★★
  • サマーウォーズ ★★★★
最近見た映画 2010/7/13
  • ハゲタカ ★★★
  • 僕の彼女はサイボーグ ★★
  • ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌 ★
  • 陰日向に咲く ★★★
最近見た映画 2010/5/6
  • 戦国自衛隊1549 ★★★
  • マリと子犬の物語 ★
  • 腑抜けども、悲しみの愛を見せろ ★★★
  • 約三十の嘘 ★★
  • きみの友だち ★★★
  • 崖の上のポニョ ★★
エディー&ザ・クルーザーズ ★★★★ 2010/5/3
時をかける少女(2010) ★★★★ 2010/3/17
最近見た映画 2010/1/27
  • デトロイト・メタル・シティ ★
  • めがね ★★
  • グーグーだって猫である ★★★
  • 容疑者Xの献身 ★★★
2009年
最近見た映画 2009/11/4
  • キサラギ ★★★★
  • ザ・マジックアワー ★★★★
  • ワールド・トレード・センター ★★
最近見た映画 2009/8/30
  • 20世紀少年 ★★★★
  • ブタがいた教室 ★★★
  • 感染列島 ★★★★
最近見た映画 2009/8/18
  • クライマーズ・ハイ ★★★
  • いちばんきれいな水 ★★★
  • ちーちゃんは悠久の向こう ★★★
  • スマイル 聖夜の奇跡 ★★★
天国はまだ遠く ★★★★ 2009/7/4
最近見た映画 2009/6/11
  • ハッピーフライト ★★★★★
  • 赤い文化住宅の初子 ★★★
  • リアル鬼ごっこ ★★
  • ZOO ★★
  • ダ・ヴィンチ・コード ★★★
  • 叫 ★★★
  • シムソンズ ★★★
  • 宇宙戦争(2005) ★★★
最近見た映画 2009/4/6
  • 犬と私の10の約束 ★★
  • ゆれる ★★★★
  • 相棒 -劇場版- 絶体絶命!42.195km 東京ビッグシティマラソン ★★
  • スパイダーマン2 ★★
最近見た映画 2009/3/14
  • 6デイズ/7ナイツ ★★
  • チーム・バチスタの栄光 ★★★
  • 包帯クラブ ★★★
  • ミッドナイトイーグル ★★
  • 銀色のシーズン ★
  • パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト ★★
最近見た映画 2009/2/15
  • 恋空 ★
  • L change the WorLd ★
  • 犯人に告ぐ ★★★
  • HERO ★★★
2008年
最近見た映画 2008/12/26
  • 変身 ★★
  • ダークナイト ★★★★★
  • インビジブル ★★
  • レイクサイド マーダーケース ★★
最近見た映画 2008/11/29
  • 機動警察パトレイバー the Movie ★★★
  • 機動警察パトレイバー2 the Movie ★★★
  • スパイダーマン(2002) ★★★
  • マトリックス・リローデッド ★★★
  • マトリックス・レボリューションズ ★★
最近見た映画 2008/10/4
  • 渋谷区円山町 ★★
  • 男たちの大和/YAMATO ★
  • 着信アリFinal ★
  • ターミナル ★★★
  • ミスト ★★★★★
最近見た映画 2008/9/13
  • ダンテズ・ピーク ★★★
  • ホワット・ライズ・ビニース ★★★
  • バットマン ビギンズ ★★★★
  • 松ヶ根乱射事件 ★★
  • 旅の贈りもの 0:00発 ★★
最近見た映画 2008/7/27
  • ゲゲゲの鬼太郎 ★★
  • デビル ★★
  • ストロベリーショートケイクス ★★
  • 天然コケッコー ★★★★
  • 秒速5センチメートル ★★★★
最近見た映画 2008/6/20
  • 地下鉄(メトロ)に乗って ★★★
  • 花とアリス ★★★★
  • THE 有頂天ホテル ★★★
最近見た映画 2008/6/15
  • 夕凪の街 桜の国 ★★★★
  • サイドカーに犬 ★★★★
  • アヒルと鴨のコインロッカー ★★★★★
  • 28週後... ★★★★
  • 理由 ★★★
最近見た映画 2008/6/1
  • 鮫肌男と桃尻女 ★★★
  • 笑う大天使 ★★
  • 猫の恩返し ★★★
  • グリーンマイル ★★★
  • この胸いっぱいの愛を ★★★
  • ジョゼと虎と魚たち ★★★
  • ソウ3 ★★
  • ダメジン ★★
  • フルメタル・ジャケット ★★★
  • 超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか HDリマスター版 ★★★★
最近見た映画 2008/5/4
  • 幸福な食卓 ★★★
  • ベロニカは死ぬことにした ★★
  • 間宮兄弟 ★★★
  • UDON ★★★
  • EUREKA (ユリイカ) ★★★
  • アンフェア the movie ★★
  • 羅生門 ★★★
  • 日本沈没 ★★
  • サイレン FORBIDDEN SIREN ★★★
最近見た映画 2008/3/2
  • となり町戦争 ★★★
  • バブルへGO!! タイムマシンはドラム式 ★★
  • Dear Friends - ディアフレンズ - ★★
  • それでもボクはやってない ★★★★
  • 7月24日通りのクリスマス ★★
  • 虹の女神 Rainbow Song ★★★
  • 東京ゾンビ ★★★
  • ゴーヤーちゃんぷるー ★★★
  • 北の零年 ★★
  • 天国の本屋~恋火 ★★
  • 恋愛寫眞 Collage of Our Life ★★
  • エスケープ・フロム・LA ★★
2007年
ダイ・ハード4.0 2007/7/3
バッテリー 2007/3/13
前売り券 2007/3/6
リトル・ミス・サンシャイン 2007/2/27
2005年
『宇宙戦争』予告編 2005/6/19
交渉人 真下正義 2005/6/7
2001年宇宙の旅 2005/3/16
ジョン・カーペンター 2005/2/26
深夜映画 『小さな目撃者』と『スティグマータ聖痕』 2005/1/3
2004年
あさってDANCE 2004/1/24
2003年
アトミック・トレイン 2003/8/21
踊る大捜査線 THE MOVIE 2 2003/7/29
映画館 2003/3/16

こだわり

 PICASSO 「Shred Gear Rhapsody」
 モンベルのファクトリー・アウトレット福袋
 ジャズイン2世現わる
 しあわせマスク
 続フリースルームソックス
 フリースルームソックス
 吉岡忍
 ジャズイン-その一瞬の輝き-
 ウイックロンライト
 信頼のBVD
 日清紡績 コットンフィール
 実録!!! ぎっくり腰
 コントレックス
 ポテトチップス
 スーパーダイアリー
 横浜ベイスターズ-さらば二十世紀-

モノ

 ソニー RX100
 コップのフチ子
 コップのフチ子 温泉
 nexus7
 ソニー ウォッチマン [watchman]
 シチズン オルタナ エコ・ドライブ VO10-5992F
 COOLPIX P5100
 パイオニア DVR-RT900D
 BLUEDOT BDP-1930
 オムロン BZ50T
 三洋電機 DXD-N300M
 指紋認証傘
 iPod shuffle 512MB
 ブラウンフレックスXPS5774
 クリーニングキットでCDのカビをとる
 ビクター ハイビジョン液晶テレビ「EXE」
 IXYデジタル200a
 マグライト-いのちの光を宿すもの-

写真

 八丈島 写真集 シーズン2
 神津島 写真集 シーズン2
 札幌・小樽 写真集
 青森・秋田 写真集
 神津島 写真集
 八丈島 写真集

紀行

 藤子・F・不二雄ミュージアム
 【投稿】2007年11月8日~11日 式根島キャンプ
 【投稿】2007年7月8日~12日 青ヶ島キャンプ
 【投稿】2010年12月27日~31日 大島キャンプ
 【投稿】2009年12月29日~2010年1月1日 八丈島キャンプ
 【投稿】2008年12月26日~30日 神津島キャンプ
 【投稿】2007年12月28日~31日 新島キャンプ
 風まわる町-銚子・神栖-
 ライブのち遠足-銀座から浅草へ-
 神津島通信 温泉篇 湾岸篇
 朱雀門
 伏見稲荷大社
 京都に来ています
 あけぼのは北を目指す
 彦根みやげ「ひこにゃん 待ち受け・壁紙・動画」
 ひこにゃんもちもちツアー
 ぐるり一周 紀伊半島
 土浦ぶらりひとり旅
 西日本、転々記-松江・鳥取・神戸・大阪-
 すぐそこの島へ-伊豆大島2004-
 はじめまして北海道-函館旅行記-

1ページ

ひっそりとファイルをアップ。
ページ作りをはじめる。
正式公開はいつの日か……。

スーパーダイアリー

突然ですが、ふだん自分のスケジュール管理に使っているのは、ずっと前から紙の手帳です。

PDA(携帯情報端末)や電子手帳が取って替わりつつあるようでいて、自分にとっても市場にとっても、もうひとつ決定力に欠ける感があります。
予備的な位置付けではありながら、最近メモ帳代わりに使うことの多いのが、携帯電話です。

最近の機種には、スケジュール管理からメモ機能、電卓などの機能がついている上、常に持ち歩くことが前提なので、手帳の代わりにはうってつけのように思えます。

話は少し脱線しますが、携帯とPCの間でメールを相互にやりとりする事で、備忘録として使うと結構重宝します。
出掛け先で、思いついたことや、家に帰ったらネットで調べてみようと思ったこと新たに加わった携帯電話の番号やメールアドレスなどを、自分のPCへメールで送ります。
こうしておけば5分後にはすっかり忘れてしまったことでも、家でメールチェックしたときに思い出しますし、携帯の送信履歴とPCのメーラーの受信箱の両方に記録が残りアドレスデータなどの場合はバックアップにもなります。

また逆に、ちょっと覚えておきたい事柄をPCでテキストとして編集して、それをそのまま自分の携帯へ送信すると、受信メールとして携帯内部に残しておけるので、これもメモ替わりになります。

最近の例では、10月23日と24日の函館の日の入時間をネットで調べて、携帯へ送信なんてのがあります。
こんなときはあらかじめ、携帯の受信メールとして表示されるときに見やすいように、テキストを整形しておくのがいいでしょう。

調べ物はネットを使えばわけないですし、文字を打つのもキーボードを使ったほうがはるかに楽です。
携帯へ送ってしまえば、あとは出掛け先でいつでも確認できます。

特定の駅の終電の時間とか、バス停の時刻表なんかも、同じ要領で携帯にメモとして入れてあります。
このため自分の携帯電話の受信フォルダのうちのひとつは、[メモ]と言う名前になって自分からのメールが自動的に振り分けられる設定になってます。

こんな風にして、それなりに携帯電話には重宝しているのですが、いまだスケジュール管理のメインにはできないでいます。
一番のネックは電子機器であることです。
バッテリーを源に動いている以上、電源が落ちたらなにもできなくなる危険性は常につきまといます。
壊れても同じです。
液晶を介してしかその情報を受け取ることができないのも、使い勝手の面では大きなハンデに見えます。

その点で手帳は、紙にペンで書くと言う古臭い手法ではありますが、どことなく恒常的な安心感があります。
もちろん濡れてしまったり、なくしてしまったら同じことなのですが、栞を引いてページを開けばひと目で一週間の予定が視覚的に飛び込んでくる機敏さは、捨て難いものがあります。
デジタルデータとして管理しているわけではないので、検索性はないに等しいですが、自分の書いた文字が何年でも記録として残る紙の手触りは悪くないかなと思います。

しかも自分はここ5年間、まったく同じ手帳を使っています。

こいつです。
superdiary
2003年版 スーパーダイアリー
(2002年10月20日発行)

編集・発行 有限会社リベラル社
発    売  株式会社青雲社
ISBN4-434-02497-3 C0500 \850E

ちなみにバーコードはなしです。
色は3色ありますが、
毎年使っているのはダークグリーンです。
6代目です。

いちばん最初、ある書店で手にして、しっくり手になじむ感じが絶妙で、一年間使いつづけて是非来年も使おうと思わせられた手帳なのです。
ただ扱っている販売店が極端に少なくて、地元の書店チェーンでも確認できたのは最初に買った店舗だけ。
もう一店、やはり地元にある大型の書店でも取り扱っているのですが、この二店でしか見たことがありません。

2冊目になる1999年版を買おうと、あちこち探し回ったときは大変な思いをしました。
都心部へ出たり、ことあるごとに手帳コーナーを回ったりしたのですが、どうしても見つからないのです。
結局なぜかそれまで足を向けていなかった最初に手にした書店で購入できて、ひどく安堵したものです。
それからは闇雲に探し回らず、いつもの書店でいつもの時季になったら買いに行くというのが慣わしになっています。

そんなわけで、もしこの手帳が本当に手に入らなくなってしまったら……。
やばいです。
パニック起こすかもしれません。

横浜ベイスターズ-さらば二十世紀-

  おじいちゃん、おじいちゃん。何かおもしろい話してよー。

老人 うーん、そうだなあ。この辺に大地震が起きたときのことは、この前話したし……。よし、じゃあ野球の話をしよう。日本のプロ野球の話だ。

  へー。いつごろのお話?

老人 うん。あれはいまからちょうど、50年前のことだ。1998年、おじいちゃんにとっては、一生忘れることの出来ない最高の年だった。
 いまでこそプロ野球は1リーグ制の下、8チームで優勝を争っているが、昔はセントラルリーグとパシフィックリーグに分かれ、ペナントレース終了後は、各リーグの優勝チームで日本一を決める日本シリーズが行なわれていた。それぞれ6チームが別々に戦っていたんだけど、人気のセ・リーグ、実力のパ・リーグと言われて何かと対抗意識も強かったんだ。
 いま考えれば、古き良き時代だったのかもしれないなあ。

  へー。それでおじいちゃんは、どこのチームを応援してたの?

老人 横浜ベイスターズだよ。チームの総合練習場や二軍の本拠地が横須賀にあって、ほとんど地元のチームと言ってもよかった。

  ウンウン、そうだよね。やっぱり応援するなら地元のチームがいいよね。球場にも行きやすいし、友達にもファンは多いしね。

老人 ところがそうでもなかったんだ。いまでもそういう傾向はあるけど、あの頃はプロ野球といえば読売ジャイアンツと言うくらい、巨人のファンが大多数だったんだ。もちろん横浜や、巨人以外のチームを応援しているファンもたくさんいたんだけど、巨人ファンの多さにはとてもかなわなかった。
 おじいちゃんの生まれる前はもっとすごくてね。「プロ野球=巨人」と言う図式は社会全体にしみわたっていたんだ。それに親が巨人ファンだと子供もその影響を受けて同じ巨人ファンになるっていうのが多くて、この図式は簡単には崩れようがなかったんだ。

  て言うことは、おじいちゃんのお父さんは巨人ファンじゃなかったんだね。

老人 いや、じつはひいおじいちゃんもひいおばあちゃんも、大の巨人ファンだったんだよ。

  じゃあ、おじいちゃんはどうして横浜ファンになったの?

老人 うん。きっかけはたいしたことじゃなかったんだ。おじいちゃんがちょうどおまえと同じ年くらいの頃にな、ひいおばあちゃんに連れられて、西友って言うスーパーヘ買物へ行ったときのことだ。
 当時、小学生くらいの男の子の間では好きな球団の野球帽を被っていくのが当たり前みたいになっててね。男の子たちはそれぞれ、巨人や西武ライオンズ、阪神タイガースなんかの帽子を思い思いに被ってた。それで、おじいちゃんはその日、好きな帽子を買ってもらうことになったんだ。
 売場にズラッと並ぶ12球団の帽子を前に、おじいちゃんは迷ったよ。だってそれまでプロ野球にはたいして興味もなくて、好きなチームも何もなかったんだからね。弟はそのとき見た目で阪神の帽子を選んだんだけど、おじいちゃんは子供ながらに、見た目だけで選ぶのはどうも抵抗があったんだ。
 それでひいおばあちゃんに地元のチームのはどれって訊くと、紺地に白でWと描かれた帽子のチームだって教えられたんだ。これがおじいちゃんと、当時は横浜大洋ホエールズって言っていた横浜ベイスターズとの最初の出会いだったんだ。

  じゃあ、おじいちゃんはその時からずっとファンだったの?

老人 そうだよ。もう、70年近くになるかなあ。

  すごいねー。ボクだったら、そんなに長いこと応援していられるか判んないよ。

老人 うん、おじいちゃんも不思議だよ。当時の横浜はとにかく弱かったからなあ。なにせ、おじいちゃんが生まれるよりもずいぶん前に初優勝したっきりで、そのあとは万年Bクラス、相手チームにポンポン勝ち星を献上しちゃうもんだから、横浜大洋銀行なんてあだ名がついちゃうほどだった。
 シーズン開幕直後の4月や5月には、ファンですらびっくりするほど調子のいい年もあったんだけど、結局春の珍事とか言われて、夏前には4位とか5位とかの定位置に落ち着いちゃうんだ。おじいちゃんがファンになってからの十数年の間は、ずっとその繰り返しだったんだよ。

  ふーん。おじいちゃんて我慢強かったんだねー。

老人 まあ、そうかもしれないけど、やっぱり横浜って言うチームが好きだったからなんだよ。きっかけはどうあれ、一度好きになったチームを簡単に見離したくはなかったし、それにもし横浜が優勝出来たとしたら、その喜びは他のチームのファンとは比べものにならないほど大きいはずだろ。

  ウンウン、判るよ。ボクもこの前、テレビゲームでずっと負け続けてた友達にやっと勝ったんだ。メチャクチャ嬉しかったよ。

老人 はははは。そうだろ、そうだろ。おじいちゃんもね、いつかそんな日が来るだろうって信じてたからこそ応援し続けていられたんだ。低迷してるからこそ、ファンの応援が必要だとも言えるしね。
 そして運命の1998年がやってきたんだ――。

  ……。

老人 開幕戦で川村投手が1安打完封勝利を収めたのを皮切りに、横浜はいきなりの3連勝。6月20日には中日ドラゴンズと並んで首位に立つんだ。
 しかし7月7日の試合では、佐々木が登板してのまさかのサヨナラ負け……。当時は大魔神とも呼ばれた絶対的な抑え投手だったから、そりゃあファンとしてはショックだったよ。けど翌日の試合から1引き分けを挟んで、チームは10連勝するんだ。
 とくに7月15日の巨人戦は圧巻だった。終盤に入ってからは、点を取られては取り返すの連続。両チームともに20安打の乱打線をサヨナラゲームで制したんだ。テレビ放送が終わってたんでラジオで聴いてたんだけど、この試合はまさにマシンガン打線の真骨頂を示してくれた。
 いま考えても本当にこの年の横浜は強かったと思うよ。投手陣もそれまで整備されていた中継ぎ、抑えに加え、先発ローテーションに入った投手も自分のすべきことをしっかり自覚していた。打者は打者なりに持ち味を活かして活躍する。じつにバランスの取れたいいチームだった。
 ん……? 寝てるのか?

  クゥゥー……。

老人 ……ま、まあいい。
 そんなこんなで、とうとうその日がやって来たんだ。10月8日、場所は阪神甲子園球場だった。前日2位中日が敗れたため、横浜のマジックは1になっていた。
 1回表、横浜は3番鈴木尚が四球で歩くと、4番ローズのタイムリーで先制。しかしその裏、阪神はすかさず逆転。3回に横浜が追いつくと、4回裏には再び阪神に勝ち越されてしまう。試合は3対2で阪神リードのまま8回表の横浜の攻撃を迎えるんだ。
 一死から四球でランナーが出ると、ひとり凡打のあと再び四球。続く谷繁が死球で歩いて二死満塁。絶好のチャンスで回ってきたバッターは進藤だった。
 堅実な守備カを買われて活躍してた選手だったけど、一発長打のあるバッティングには何とも言えぬ存在感があった。この年の本塁打は14本と決して多くはなかったけど、実にいい場面で打つなあっていう印象が強かった。彼の本塁打を横浜スタジアムで見たことがあるけど、その弾道はいまだに目に焼きついて離れないよ。それがどうしてなのかはよく判らない。けど、彼の本塁打にはスタジアムの観客を一瞬押し黙らせてしまうほどの、胸をすくような魅力があったんだ。
 フルカウントから繰り出した進藤のバットは、投げ込まれた一球を事もなげにライト前へ運んだ。二死ですでにスタートを切っていたランナーがふたり帰り、横浜は逆転。このときにはもう、おじいちゃんも、この試合で優勝が決まるんだって確信していたよ。
 阪神の攻撃は残り2回。佐々木が出てくることは間違いなかった。佐々木が8回裏を三者凡退で仕留めると、横浜ファンのだれもが、優勝の瞬間が刻一刻と近づいてくるのを感じた。9回裏、先頭バッターにヒットを許すも、続くふたりから三振を奪うと、新庄にはカウント0-3とボールが先行する。しかしここからツーストライクを取ってフルカウント。最後はやっぱり得意の決め球、フォークボールだった。三振ゲームセット。横浜は38年振りのリーグ制覇を果たしたんだ。ファンにとっては、まさに悲願としか言いようのない万感の思いが成就した瞬間だった。判るかい?

  スゥー。スゥー……。クェ? エッ?

老人 判るかい?

  えっ? ウンウン。ウンウン。

老人 いいかい? とくにおじいちゃんの世代で、幼い頃から大洋・横浜ファンだった人たちにとって、ひいきチームの優勝を経験するのは初めてだったんだ。それまではずっと、優勝を遂げて喜びを露わにしているライバルチームのファンの姿を、歯噛みする思いで見続けてきたんだ。いつかは自分たちも同じ気持ちを味わってみたいってね。
 横浜はこの年、シーズンの勢いをそのまま持続させて、ついにはパ・リーグの覇者西武を下して日本一に輝くんだ。
 1993年に横浜大洋ホエールズから横浜ベイスターズとして生まれ変わったチームが、ファンとともに勝ちとった日本一。これ以上はない最高の優勝だった。

  ゆ、優勝したんだ。

老人 さっきから言っているだろう。

  あ、ウン。ウンウン。聞いてたよ。ボ、ボク、ちゃんと聞いてたよ。

老人 おじいちゃんはね、横浜のファンであることを誇りに思ってる。それは昔も今も変わることはなかった。若い頃からきっと自分は一生横浜ファンであり続けるだろうと思っていたし、実際その通りになった。おじいちゃんの人生の何パーセントかは、紛れもなく横浜のためにあったと言っていい。そしてあの年、リーグ優勝と日本一を体験させてもらった。これ以上何を望むと言うのか……。

  おじいちゃんは本当に、その横浜って言うチームを愛してたんだね。

老人 まあね。きっかけは些細なことなんだけどね。

  その横浜スタジアムってどこにあったの?

老人 ここさ。このマンションは跡地に建てられたんだよ。


横浜ベイスターズ オフィシャルサイト 

マグライト-いのちの光を宿すもの-

 夜、大地震に襲われて明かりを失ったらどうなるか。台風の影響で停電するほうが身近に起こり得るだろうか。一瞬あなたはその場で凝固し、どうせすぐに点くだろうと高を括るに違いない。しかし、一分待っても二分待っても、一向に回復してくれない。家人は出払っていてあなたひとりだ。いよいよあなたは自力で現状を打破しなくてはならなくなる。
 うちにはロウソクなんてあったかな。懐中電灯は……。階段の下だ。あなたは真っ暗闇のなか、足元に気をつけながら、階下へ降りる。あった! 以前ディスカウントショップで買ったラジオ付きの防水ライト。が……、スイッチを入れても点かない。手に持った重さからして電池は入っているようだが……。
 あなたはさらにそこから居間へ行き、暗がリで替えの電池を探し始めた。ない……。たしかここに予備の電池があったはずなのに。あっ、そうか。予備の電池は姪っ子が遊びにきたとき、「おしゃべりピカチュウ」に使っちまったんだ。
 あなたは突然、何を思ったか冷蔵庫の扉を開ける。庫内ランプが点くのを期待したようだが、元の電力が断たれているのだから、点くはずがない。どうしようもなくなって、部屋に戻って寝てしまうことにした。まだ八時だというのに……。途中で柱の角に足の小指をぶつけ、しばらく無言でその場にうずくまる。やっとの思いでベッドへ辿リつき、頭から布団を被ると、それを待っていたかのように部屋の蛍光灯がチカチカ音をさせて光を放ちはじめた。

 夜の闇は恐い。しかも、唐突に視覚を奪われたとき、人間の行動は大きく制限される。しかし現代文明は電気を生んだ。電池も発明された。太陽の沈んだ夜間、火のような危険を伴わない明かりが、いまのわたしたちには容易に手に入れることが出来る。それなのに、本当に明かりを必要としているとき、あなたの手許に光は届くだろうか。
 私たちは、光るもの、光を得られるもの、光がつくリだす幻想的な世界に魅了される。しかし、ここで登場するマグ・インスツルメント社製造のマグライトが魅力的な理由はそれだけではない。

【1】強固で堅牢
 マグライトの最大の特徴は、アルミ合金製の強固なボディにある。航空機に使用されるものと同じ材料から作られたマグライトが、耐久性・耐衝撃性に優れる所以である。また、ボディには耐腐食性強化のための特殊コーティングが施され、各所にOリングを使用して少々の水気や砂挨はものともしない。
 人がライトを必要とするとき、そこには何らかの危険を伴っていることが多い。万が一にも、そのライトが壊れるようなことはあってはならない。強固で堅牢であることは、ライトに求められる最大の条件と言えるだろう。

表1 マグライトのラインナップ
電池の種類
単1形
単2形
単3形
AA
単4形
AAA
電池本数 6セルD 6セルC
5セルD 5セルC
4セルD 4セルC
3セルD 3セルC
2セルD 2セルC AA AAA
ソリテール
*D、C、AA、AAAはアメリカで電池の種類を表す記号。

【2】豊富なバリエーション
 表1にあげたように、マグライトには色違いを除いて十三種類がラインナップされているが、大きくはふたつに分けられる。単一・単二形電池を使用するマグライトと単三・単四形電池二本を使用するミニマグライトである。
 もっとも大型の6セルDは全長495mm(表2)あリ、大光量であると同時に、ライトそのものが護身具ともなる。AAやAAAは、まずまずの明るさがあリ、ペンシルライトのサイズなので、日常持ち歩くのにちょうどよい大きさである。
 マグライト・ミニマグライトとは区別されるソリテール(宝石の意)は、一本の電池で光を発する唯一のモデルである。掌にすっぽり収まるコンパクトさが携帯性に優れるソリテールだが、明るさが50ルクスと心許ないためあまリ実用的ではない。
 キャンプなどのアウトドアで使う場合や、何かの都合で夜警に用いるときは、少なくとも3セルC・3セルD以上をお薦めしたい。これらはいずれも、連続点灯時間約十時間以上、明るさは3000ルクスを越えるため、十二分に効果を発揮するだろう。ただ単一・単二形のセルシリーズには、紐などを取り付ける部分がないので、マグ社のベルトホルダーかアウトドア・グッズのメーカーが販売している関連用品を併せて使用したい。ちなみに「セル」とは電池のことである。

表2 マグライトの諸元
モデル名 全長(mm) 照度(lux) 連続点灯時間(h)
マグライト6セルD 495 9000 12
マグライト5セルD 435 6500 12
マグライト4セルD 375 6000 12
マグライト3セルD 315 3500 12
マグライト2セルD 255 3400 12
マグライト6セルC 425 5500 10
マグライト5セルC 375 5300 10
マグライト4セルC 325 5000 10
マグライト3セルC 275 3000 10
マグライト2セルC 225 1900 10
ミニマグライトAA 145 400 5
ミニマグライトAAA 127 150 5
ソリテールAAA 80 50 4

【3】完成されたデザイン
 みなさんはマグライトの実物を見たことがあるだろうか。マグライトの基本カラーはブラックである(一部モデルには、数種類のカラーバリエーションが用意されている)。しかも単色。光沢のあるいい色である。ソリテール以外は基本デザインも統一されている。ヘッド部分は釣り鐘の尖端をカットした形状。あとはほぼ完全な円筒形。余計な出っ張りや窪みは見当らない。シンプルそのもの。シンプルだからこそ、マグライトの映しだすシルエットには普遍的な美しさが宿る。これ以上は考えられない完成されたデザインである。

 マグライトを購入しようという人は、アウトドアショップや東急ハンズなどへ行かれるといいだろう。あらゆる種類が常備されているはずだ。関連商品も置かれている。そのほか、一部ディスカウントショップやアウトドアグッズを取リ扱う釣具店、電気店などでも手に入れることが出来る。

 マグライトを命綱とするものたちがいる。世界各国の警察、軍隊、消防、各種セキュリティ機関で働くものたちだ。常に危険と隣合わせの世界が認めたマグライトは、警察や消防を舞台とした映画やテレビドラマにも数多く登場している。
 マグライトの唯一の欠点をあげるとするならば、それはまだ世界中のすべての人に行き渡っていないということだろう。

Mag-Lite(R),Mini Maglite(R) and Solitaire(R) flashlights. 
(C)2002 Mag Instrument,inc. All Rights Reserved 

 | HOME |  古い記事に行く »

 

PIECE

tokufan

管理者 : tokufan
フチ子増殖中。
プロフィール
過去のトップイメージ
管理者ページ
バナー
© 2002- TOKUFAN

Since 2002/04/10

新着記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

リコメンド

熊木杏里 Private
虚構新聞社
こよなく夜景を愛する人へ
さんそな日常
全国ロケ地ガイド
そこからが無限
ソフトコレクション
ちょっと便利帳
東京アメッシュ
日本映画データベース
日本道路交通情報センター
日本標準時
ブタネコのトラウマ
林檎の木
Creazy!
everything is gone
iタウンページ
OnlineSoft VersionUp.info
PROJECT PICASSO
sunset terminal

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2Ad

Template by たけやん