Secret Messages

日記 | ニュース | グルメ | ラーメン | こだわり
ドラマ | 映画 | 紀行 | IT | ピックアップ

ヒロシの『迷宮グルメ 異郷の駅前食堂』オンエアリスト付き



リスト BS朝日「迷宮グルメ異郷の駅前食堂」
リスト ふらりと降りた駅前の絶品グルメと人情を、
リスト 異郷で探すふれあいの旅


初回から見ているわけではないが、新聞の番組紹介欄がきっかけで見事にはまってしまったグルメ旅番組である。
1時間枠だが2本立てで、毎回アジア圏もしくはヨーロッパ圏の2か国をセットで紹介する。
2か国ともにアジア圏のこともあれば、ともにヨーロッパ圏のこともある。
画面中央を滑りゆく列車の空撮映像から始まる辺りは、シンプルな紀行番組の作りそのもの。
ただし、スタジオパートはないし、もちろんワイプもない。
ナレーションもなければ、ゲストもいない。
列車を降り立った「旅する人ヒロシ」が、市場や路地裏を散策しながら、駅前食堂で地元料理を食すという趣向である。
お笑い番組をほとんど見ないのでヒロシに対する先入観はあまりなかったが、キャンプと気ままな旅は彼の真骨頂なのだろう。

ヒロシは、街並みや人々の生活を見て思いつくままにカメラ(視聴者)に語りかけてくる。
事実誤認も珍しくないが、さして気にした様子もない。
そこはテロップでさり気なく訂正されるし、絶妙のタイミングで挿入される補足情報も有益だ。
訪れる駅の規模も様々で、日本ではとてもポピュラーとは言えない土地も多い。
それがかえってリアルな異国情緒と、市井の暮らしぶりをうかがわせるのだ。

駅名で検索して、Googleマップを開きながら鑑賞するのも乙である。
ヒロシの歩いた街並みをストリートビューで辿るのも一興。

   ◇   ◇

ヒロシの食べっぷりも独特だ。
酒は飲まないし、大食漢でもない。
好き嫌いもそれなりにありそう。
でも現地の言語でしか書かれていないメニューを見て、身振り手振りでオーダーを入れる。
迷ったらその店のナンバーワンを頼むという安全策も忘れない。
出てくる料理が、これまた美味しそうな飯ばかり。
そこはさすがにグルメ番組の面目躍如といったところ。
オンエアされた影ではボツとなった駅(もしくは食堂)もあるのだろうが……。

   ◇   ◇

ちなみに番組表に表記されるサブタイトルには、スペシャル時を除いて「国名&国名」のあとに「2カ国を放浪の旅」もしくは「2つの異郷を放浪の旅」と続く。
タイトルに台湾もしくは香港が含まれるときは、後者が使用されるようである。

またBS放送ゆえの宿命か、毎週新作が放送されるわけではない。
2駅とも新作の回もあれば、前半の1駅は初放送、後半の1駅は再放送というパターンも多い。
2駅とも再放送だった回もあるし、中には二度三度とリピートされる駅もある。
そのため、見始めてから「あれ? これ前にも見たな」ということは珍しくない。

再放送、再々放送やらが入り組んだ編成のおかげで、なかなか複雑な放送パターンが繰り広げられている。
そこで公式サイトの情報をもとにして、放送された駅のリストを作ってみた。
リストを見ると分かる通り、番組開始から2018年末までに放送された分は少なくとも1回はリピート放送されている。
おかげで、番組開始から1、2か月遅れて見始めた筆者もすでに取りこぼしなく視聴できていることが、このリストによって初めて確認できたわけだ。
今後も新作と再放送の組み合わせは続くと思われるため、新参にも古参にもやさしい放送形態と言えるのかもしれない。


迷宮グルメ 異郷の駅前食堂 放送日程


No 放送日 国名 駅名 リピート 備考
■2018年
#001.1 4月6日(金) トルコ アリフィエ駅 #003.2
#084.01
#001.2 4月6日(金) ハンガリー ブダペスト東駅 #003.3
#083.2
#001.3 4月6日(金) チェコ プラハ駅 #004.2
#026.5
#002.1 4月13日(金) トルコ イズミット駅 #004.3
#058.4
#002.2 4月13日(金) ハンガリー エゲル駅 #058.2
#002.3 4月13日(金) チェコ ベロウン駅 #037.5.12
#003.1 4月20日(金) ベルギー ブリュッセル=シャペル駅 #005.2
#055.2
#003.2 4月20日(金) トルコ アリフィエ駅 #001.1
#084.01
#003.3 4月20日(金) ハンガリー ブダペスト東駅 #001.2
#083.2
#004.1 4月27日(金) オランダ アムステルダム中央駅 #017.2
#037.5.10
#004.2 4月27日(金) チェコ プラハ駅 #001.3
#026.5
#004.3 4月27日(金) トルコ イズミット駅 #002.1
#058.4
#005.1 5月4日(金) フランス ヴェルサイユ・リブ・ドロワット駅 #008.2
#037.5.15
#005.2 5月4日(金) ベルギー ブリュッセル=シャペル駅 #003.1
#055.2
#006.1 5月11日(金) トルコ ゲブゼ駅 #011.2
#063.2
#006.2 5月11日(金) ベルギー アントワープ駅 #012.2
#037.5.08
#007.1 5月18日(金) フランス マルリ・ル・ロワ駅 #015.2
#059.2
(未放送)
#071.2
#007.2 5月18日(金) トルコ ペンディック駅 #016.2
#037.5.11
#008.1 6月1日(金) ハンガリー ミシュコルツ駅 #024.2
#037.5.14
#008.2 6月1日(金) フランス ヴェルサイユ・リブ・ドロワット駅 #005.1
#037.5.15
#009.1 6月8日(金) タイ メークロン駅 #025.2
#064.2
#009.2 6月8日(金) ベルギー ブリュッセル中央駅 #021.2
#069.2
#010.1 6月15日(金) ミャンマー ダニンゴン駅 #020.2
#037.5.13
#010.2 6月15日(金) オランダ アルメーレ駅 #028.2
#085.07
#011.1 6月22日(金) チェコ ピルゼン駅 #029.2
#079.2
#011.2 6月22日(金) トルコ ゲブゼ駅 #006.1
#063.2
#012.1 6月29日(金) タイ ロッブリー駅 #033.2
#085.08
#012.2 6月29日(金) ベルギー アントワープ駅 #006.2
#037.5.08
#013.1 7月6日(金) ミャンマー パヤーラン駅 #026.2
#080.2
#013.2 7月6日(金) ベルギー メッヘレン駅 #030.2
#081.2
#014.1 7月13日(金) イタリア ソレント駅 #031.2
#074.1
#014.2 7月13日(金) タイ マハーチャイ駅 #035.2
#088.2
#015.1 7月20日(金) ミャンマー ランマドー駅 #050.2
#015.2 7月20日(金) フランス マルリ・ル・ロワ駅 #007.1
#059.2
(未放送)
#071.2
#016.1 7月27日(金) クロアチア ザグレブ中央駅 #036.2
#085.03
#016.2 7月27日(金) トルコ ペンディック駅 #007.2
#037.5.11
#017.1 8月3日(金) タイ ウォンエイヤイ駅 #044.2
#017.2 8月3日(金) オランダ アムステルダム中央駅 #004.1
#037.5.10
#018.1 8月10日(金) スロベニア リュブリャナ駅 #032.2
#037.5.16
#018.2 8月10日(金) ミャンマー チミダイン駅 #056.2
#019.1 8月17日(金) 台湾 菁桐(ジントン)駅 #027.2
#085.04
#019.2 8月17日(金) イタリア ポンペイ・スカーヴィ駅 #040.2
#020.1 8月24日(金) フランス ポンカルディネ駅 #034.2
#085.05
#020.2 8月24日(金) ミャンマー ダニンゴン駅 #010.1
#037.5.13
#021.1 8月31日(金) タイ フアランポーン駅 #052.2
#021.2 8月31日(金) ベルギー ブリュッセル中央駅 #009.2
#069.2
#022.1 9月7日(金) フィリピン カリエド駅南口 #037.5.01
#022.2 9月7日(金) クロアチア ヴァラジュディン駅 #037.5.02
#023.1 9月14日(金) スロベニア カムニク駅 #037.2
#087.2
#023.2 9月14日(金) ミャンマー レーダン駅 #058.1
#024.1 9月21日(金) 台湾 雙連(シュアンリェン)駅 #053.2
#024.2 9月21日(金) ハンガリー ミシュコルツ駅 #008.1
#037.5.14
#025.1 9月28日(金) クロアチア シサク駅 #041.2
#025.2 9月28日(金) タイ メークロン駅 #009.1
#064.2
#025.5.1 9月30日(日) フィリピン サンタメサ駅 #037.5.04
#085.06
#025.5.2 9月30日(日) イタリア ナポリ・ポルタ・ノラーナ駅 #037.5.05
#025.5.3 9月30日(日) 台湾 新竹駅 #037.5.06
#025.5.4 9月30日(日) タイ マッカサン駅 #037.5.07
#026.1 10月2日(火) イタリア ヴィーコ・エクエンセ駅 #051.2
#026.2 10月2日(火) ミャンマー パヤーラン駅 #013.1
#080.2
#026.5 10月6日(土) チェコ プラハ本駅 #001.3
#004.2
#027.1 10月16日(火) スロベニア イェセニツェ駅 #045.2
#027.2 10月16日(火) 台湾 菁桐(ジントン)駅 #019.1
#085.04
#028.1 10月23日(火) 台湾 湖口(フーコウ)駅 #057.2
#028.2 10月23日(火) オランダ アルメーレ駅 #010.2
#085.07
#029.1 10月30日(火) マレーシア プドゥ駅 #037.5.9
#086.2
#029.2 10月30日(火) チェコ ピルゼン駅 #011.1
#079.2
#030.1 11月6日(火) 韓国 ピョンテク駅 #049.2
#030.2 11月6日(火) ベルギー メッヘレン駅 #013.2
#081.2
#031.1 11月13日(火) フィリピン エスパニア駅 #054.2
#031.2 11月13日(火) イタリア ソレント駅 #014.1
#074.1
#032.1 11月20日(火) マレーシア スリムリバー駅 #060.2
#032.2 11月20日(火) スロベニア リュブリャナ駅 #018.1
#037.5.16
#033.1 11月27日(火) クロアチア カルロヴァツ駅 #048.2
#033.2 11月27日(火) タイ ロッブリー駅 #012.1
#085.08
#034.1 12月4日(火) フィリピン ビクタン駅 #062.2
#034.2 12月4日(火) フランス ポン・カルディネ駅 #020.1
#085.05
#035.1 12月11日(火) スロベニア レスチェ・ブレッド駅 #061.2
#035.2 12月11日(火) タイ マハチャイ駅 #014.2
#088.2
#036.1 12月18日(火) 台湾 基隆(キールン)駅 #068.2
#036.2 12月18日(火) クロアチア ザグレブ中央駅 #016.1
#085.03
#037.1 12月25日(火) フィリピン バクララン駅 #066.2
#037.2 12月25日(火) スロベニア カムニク駅 #023.1
#087.2
#037.5.01 12月31日(月) フィリピン カリエド駅南口 #022.1
#037.5.02 12月31日(月) クロアチア ヴァラジュディン駅 #022.2
■2019年
#037.5.03 1月1日(火) 韓国 チョンゴク駅 #073.2
#037.5.04 1月1日(火) フィリピン サンタメサ駅 #025.5.1
#085.06
#037.5.05 1月1日(火) イタリア ナポリ・ポルタ・ノラーナ駅 #025.5.2
#037.5.06 1月1日(火) 台湾 新竹駅 #025.5.3
#037.5.07 1月1日(火) タイ マッカサン駅 #025.5.4
#037.5.08 1月1日(火) ベルギー アントワープ駅 #006.2
#012.2
#037.5.09 1月1日(火) マレーシア プドゥ駅 #029.1
#086.2
#037.5.10 1月1日(火) オランダ アムステルダム中央駅 #004.1
#017.2
#037.5.11 1月1日(火) トルコ ペンディック駅 #007.2
#016.2
#037.5.12 1月1日(火) チェコ ベロウン駅 #002.3
#037.5.13 1月1日(火) ミャンマー ダニンゴン駅 #010.1
#020.2
#037.5.14 1月1日(火) ハンガリー ミシュコルツ駅 #008.1
#024.2
#037.5.15 1月1日(火) フランス ヴェルサイユ・リブ・ドロワット駅 #005.1
#008.2
#037.5.16 1月1日(火) スロベニア リュブリャナ駅 #018.1
#032.2
#038.1 1月8日(火) マレーシア クラン駅 #072.2
#038.2 1月8日(火) クロアチア ベラヴィツィ駅 #065.2
#039.1 1月15日(火) スロベニア クラーニ駅 #067.2
#039.2 1月15日(火) フィリピン カリエド駅北口 #070.2
#040.1 1月22日(火) 韓国 スウォン駅
#040.2 1月22日(火) イタリア ポンペイ・スカーヴィ駅 #019.2
#041.1 1月29日(火) フィリピン リバータッド駅 #076.2
#041.2 1月29日(火) クロアチア シサク駅 #025.1
#042.1 2月5日(火) マレーシア ブキッビンタン駅 #078.2
#042.2 2月5日(火) 韓国 オニャンオンチョン駅
#043.1 2月12日(火) フィリピン キリノ駅
#043.2 2月12日(火) 韓国 カジャ駅
#044.1 2月19日(火) トルコ ゲルメンジッキ駅
#044.2 2月19日(火) タイ ウォンエイヤイ駅 #017.1
#045.1 2月26日(火) フィリピン ラオン・ラアン駅
#045.2 2月26日(火) スロベニア イェセニツェ駅 #027.1
#046.1 3月5日(火) 北マケドニア プリレプ駅 #075.2
#046.2 3月5日(火) マレーシア ポートクラン駅
#047.1 3月12日(火) ブルガリア ペルニク駅 #077.2
#047.2 3月12日(火) マレーシア イポ駅
#048.1 3月19日(火) 香港 油麻地(ヤウマテイ)駅 #082.2
#048.2 3月19日(火) クロアチア カルロヴァツ駅 #033.1
#049.1 3月26日(火) トルコ テペキョイ駅
#049.2 3月26日(火) 韓国 ピョンテク駅 #030.1
#050.1 4月2日(火) ブルガリア ブラゴエヴグラド駅
#050.2 4月2日(火) ミャンマー ランマドー駅 #015.1
#051.1 4月9日(火) 香港 油塘(ヤウトン)駅
#051.2 4月9日(火) イタリア ヴィーコ・エクエンセ駅 #026.1
#052.1 4月16日(火) スペイン フランサ駅
#052.2 4月16日(火) タイ フアランポーン駅 #021.1
#053.1 4月23日(火) 北マケドニア スコピエ駅
#053.2 4月23日(火) 台湾 雙連(シュアンリェン)駅 #024.1
#054.1 4月30日(火) ポルトガル マルヴェイラ駅
#054.2 4月30日(火) フィリピン エスパニア駅 #031.1
#055.1 5月7日(火) 香港 上環(ションワン)駅
#055.2 5月7日(火) ベルギー ブリュッセル=シャペル駅 #003.1
#005.2
#056.1 5月14日(火) ブルガリア ドゥプニツァ駅
#056.2 5月14日(火) ミャンマー チミダイン駅 #018.2
#057.1 5月21日(火) スペイン サン・サドゥルニ・ダノイア駅
#057.2 5月21日(火) 台湾 湖口(フーコウ)駅 #028.1
#058.1 5月28日(火) ミャンマー レーダン駅 #023.2
#058.2 5月28日(火) ハンガリー エゲル駅 #002.2
#058.3 5月28日(火) 香港 藍田(ラムティン)駅
#058.4 5月28日(火) トルコ イズミット駅 #002.1
#004.3
#059.1 6月18日(火) ベトナム ハノイ駅
【地震のため途中休止】
#085.02
#059.2 6月18日(火) フランス マルリ・ル・ロワ駅
【地震のため未放送】
#007.1
#015.2
#071.2
#060.1 6月25日(火) トルコ バスマーネ駅
#060.2 6月25日(火) マレーシア スリムリバー駅 #032.1
#061.1 7月2日(火) 韓国 チャガルチ駅
#061.2 7月2日(火) スロベニア レスチェ・ブレッド駅 #035.1
#062.1 7月9日(火) ポルトガル カイス・ド・ソドレ駅
#062.2 7月9日(火) フィリピン ビクタン駅 #034.1
#063.1 7月16日(火) 香港 上水(ションスイ)駅
#063.2 7月16日(火) トルコ ゲブゼ駅 #006.1
#011.2
#064.1 7月23日(火) スペイン タラゴナ駅
#064.2 7月23日(火) タイ メークロン駅 #009.1
#025.2
#065.1 8月6日(火) ベトナム センホー駅
#065.2 8月6日(火) クロアチア ベラヴィツィ駅 #038.2
#066.1 8月13日(火) 北マケドニア ヴェレス駅
#066.2 8月13日(火) フィリピン バクララン駅 #037.1
#067.1 8月20日(火) タイ パヤタイ駅
#067.2 8月20日(火) スロベニア クラーニ駅 #039.1
#068.1 9月10日(火) ブルガリア プロブディフ駅
#068.2 9月10日(火) 台湾 基隆(キールン)駅 #036.1
#069.1 9月17日(火) 韓国 オンチョンジャン駅
#069.2 9月17日(火) ベルギー ブリュッセル中央駅 #009.2
#021.2
#070.1 9月24日(火) ポルトガル パレーデ駅
#070.2 9月24日(火) フィリピン カリエド駅北口 #039.2
#071.1 10月1日(火) タイ サラデーン駅
#071.2 10月1日(火) フランス マルリ・ル・ロワ駅 #007.1
#015.2
#059.2
(未放送)
#072.1 10月8日(火) スペイン ビック駅
#072.2 10月8日(火) マレーシア クラン駅 #038.1
#073.1 10月15日(火) ポーランド クラクフ・ザブウォチェ駅
#073.2 10月15日(火) 韓国 チョンゴク駅 #037.5.3
#074.1 10月15日(火) イタリア ソレント駅 #014.1
#031.2
#074.2 10月15日(火) ラオス ターナレーン駅
#075.1 10月22日(火) 香港 鍾屋村(チュンオクツェン)駅
#075.2 10月22日(火) 北マケドニア プリレプ駅 #046.1
#076.1 10月29日(火) トルコ セルチュク駅
#076.2 10月29日(火) フィリピン リバータッド駅 #041.1
#077.1 11月5日(火) 韓国 トソン駅
#077.2 11月5日(火) ブルガリア ペルニク駅 #047.1
#078.1 11月12日(火) ラトビア ヴァグアヌ・パークス駅
#078.2 11月12日(火) マレーシア ブキッビンタン駅 #042.1
#079.1 11月19日(火) ベトナム ロンビエン駅
#079.2 11月19日(火) チェコ ピルゼン駅 #011.1
#029.2
#080.1 11月26日(火) ポルトガル サン・ベント駅
#080.2 11月26日(火) ミャンマー パヤーラン駅 #013.1
#026.2
#081.1 12月3日(火) インドネシア スルポン駅
#081.2 12月3日(火) ベルギー メッヘレン駅 #013.2
#030.2
#082.1 12月10日(火) ブルガリア ソフィア中央駅
#082.2 12月10日(火) 香港 油麻地(ヤウマテイ)駅 #048.1
#083.1 12月17日(火) タイ サイロット駅
#083.2 12月17日(火) ハンガリー ブダペスト東駅 #001.2
#003.3
#084.01 12月31日(火) トルコ アリフィエ駅 #001.1
#003.2
#084.02 12月31日(火) 香港 元朗(ユンロン)駅
■2020年
#085.01 1月1日(水) スペイン センテーリャス駅
#085.02 1月1日(水) ベトナム ハノイ駅 #059.1
(途中休止)
#085.03 1月1日(水) クロアチア ザグレブ駅 #016.1
#036.2
#085.04 1月1日(水) 台湾 菁桐駅 #019.1
#027.2
#085.05 1月1日(水) フランス ポン・カルディネ駅 #020.1
#034.2
#085.06 1月1日(水) フィリピン サンタメサ駅 #025.5.1
#037.5.4
#085.07 1月1日(水) オランダ アルメーレ駅 #010.2
#028.2
#085.08 1月1日(水) タイ ロッブリー駅 #012.1
#033.2
#086.1 1月7日(火) ポーランド ザコパネ駅
#086.2 1月7日(火) マレーシア プドゥ駅 #029.1
#037.5.09
#087.1 1月14日(火) 韓国 ナムソンヒョン駅
#087.2 1月14日(火) スロベニア カムニク駅 #023.1
#037.2
#088.1 1月21日(火) ブルガリア ヴェリングラッド駅
#088.2 1月21日(火) タイ マハチャイ駅 #014.2
#035.2
#089.1 1月28日(火)
#089.2 1月28日(火)
※備考は、筆者個人の使用欄であり、番組内容等とは一切関係ありません。

ソニー RX100

RX100


昨年の元日の日記で書いたとおり新しいデジカメを物色していた。
買うまでのワクワク感を長く楽しもうと思ってはいたのだが、じつはもう買ってしまったのである。

記事を書いた頃はFUJIFILM X30が最有力だったが、最終的にはソニーのDSC-RX100に決めた。

X30は、RX100にはない機能(電子ビューファインダー、Wi-Fi)が揃っていたし、レトロなデザインも格好いいし、マクロにも強い点が気に入っていた。
それでもRX100を選んだのは、やはり1.0型と言う大きなCMOSセンサーに惹かれたからだった。

晴れた日中の撮影では液晶画面は見づらいだろうからファインダーは必須だろうと思っていたのだが、事前の情報でRX100の液晶はかなり明るくて見やすいとのことだったので、まずファインダーは諦めた。
Wi-Fiは、どうしても必要になったら「FlashAir」などのWi-Fi内蔵カードを買えばいいやと思ったのだが、結局それほど不便を感じてはいない。

そんなわけで、大型センサーのデジカメで解像感の高い画を撮ってみたいという当初の願望は達成できている。
一眼レフももちろん考えたけど、気軽に持ち運べないと意味がないと思ったので、(いつかはやっぱり欲しいと思うけど)とりあえずいまはこれで満足している。

ここで私が過去に使っていた3台のデジカメのスペックを比較しておきたい。


キヤノン
IXY DIGITAL 200a
ニコン
COOLPIX P5100
ソニー
DSC-RX100
発売日 2002年4月25日 2007年9月21日 2012年6月15日
購入日 2002年10月8日 2007年10月8日 2015年5月5日
有効画素数 約200万画素 約1210万画素 約2020万画素
撮像素子 1/2.7型 CCD 1/1.72型 CCD 1.0型 CMOS
レンズ
(35mmフィルム換算)
35-70mm 35-123 mm 28-100mm
絞り(F値) F2.8-F4.0 F2.7-5.3 F1.8 -4.9


まずこれまでにないほど広角が楽しい。
やっぱり28mmと35mmでは、思った以上に差が出る。

それとこのRX100は、噂どおり高感度に強い。
手ぶれ補正ももちろん効くので、ちょっとした夜景なら手持ちで撮れてしまう。
P5100でも手持ち夜景を撮れないことはなかったが、RX100はもう面白いように撮ることができる。
夕焼け朝焼けマニアとしては、非常に頼もしい存在だ。

そしてふと思った。
このカメラ、しっかり固定してスローシャッターを駆使したらもっとすごい画が撮れるんじゃないかと。
というわけで、三脚も買った。
まだまだ全然使えてないけど、ベルボンのEX-4400である。
これまで持っていたのはかなり簡易的な小型三脚だったので、それなりの高さと強度を兼ね備えたものが欲しかったのだ。
光学ズームはやや物足りないけれど、「全画素超解像ズーム」は思った以上に使えることも分かった。
バリアングルやチルト液晶がないのは確かに不便だし、マクロに弱いのも分かってはいたことなので仕方ない。

そしていまあらためて感じるのは、基礎知識を勉強し、最低限の技術力を体得しなくてはならないということだ。
秘めたるポテンシャルを感じさせるカメラなので、いろいろ楽しみたくてウズウズしている。




       ◇       ◇       ◇




鉄塔
鉄塔 posted by (C)tokufan


ビル窓
ビル窓 posted by (C)tokufan


錨
posted by (C)tokufan


帆先
帆先 posted by (C)tokufan


バス停
バス停 posted by (C)tokufan


鉄路
鉄路 posted by (C)tokufan


黒柴
黒柴 posted by (C)tokufan


朝焼け
朝焼け posted by (C)tokufan


みなとみらい
みなとみらい posted by (C)tokufan


月と外灯
月と外灯 posted by (C)tokufan

フチ子写真集2015


















ジャズイン-その一瞬の輝き-

◆ 炭酸+紅茶の魔力

その昔、ジャズイン(JAZZINN)という炭酸入り紅茶飲料があった。
その発想は奇抜で、どことなくエキゾチックな怪しい雰囲気が漂ってくる。
その洗練された味は奥深く、それでいてサッパリとした爽快感を漂わす逸品であった。

ラベルに記載された「スッキリ飲める紅茶です」というコピーに違わず、炭酸と紅茶のバランスが絶妙で、さまざまなシチュエーションでおいしく飲んだものだ。
渇いた喉を潤したり、メニューを選ばず食事のおともにしたり……。

ジャズインは、1990年、日本ペプシコーラ(ペプシコ・インク日本支社)から発売された。
発売当初はテレビCMも結構流れていたように記憶している。
内容自体はうろ覚えだが、「大人の飲み物」という触れ込みだったと思う。
[追記] このCMには夏木マリが出演していた気がする。(2009/12/27)

jazzinn_01 jazzinn_02
jazzinn_03 jazzinn_04

◆ はかない運命

自分のまわりでも好評で、それなりに売れているのではと思っていたのだが、わずか2~3年のうちに静かに市場から消えていった。
味に関しては賛否両論あったのだろう。
万人受けしなければ、社会的には認められないも同じ。
ジャズインの持つ独特のおいしさは、その先の運命を暗示していた。

ジャズイン亡きあと紅茶の炭酸飲料を手に入れることは難しかった。
そういったジャンル自体がほとんど存在しなかったからだ。
いくつかのメーカーが時折、思い出したように発売しては消えていく。
しかもジャズインの味を受け継いでいるとは限らない。

「ジャズインはペプシコーラの姉妹品です。」と缶に印刷されているあたりからも、メーカー側の力の入れようが分かる。
それなのにいなくなってしまったジャズイン
自らのはかないいのちを知っていたかのような、一瞬の輝きだった。

◆ 忘れ形見

自分で作ってみたこともある。
炭酸水と紅茶を混ぜれば理論上は近いものができるはずだ。
配分など試行錯誤したが、結局満足のいくものは出来なかった。

発売から10年以上が経った。
いまだにジャズインに代わるもの、ジャズインを越えるものに出逢えていない。
いつの日かあの味と再開できることを願って、ここに知る限りのジャズインに関する情報を残しておきたい。

◆ ジャズインのすべて

品名
炭酸飲料
原材料
果糖ぶとう糖液糖、紅茶、酸味料、香料、着色料(カラメル)、ビタミンC、カフェイン
製造者
株式会社ビバックス(後にキリンビバレッジのグループ会社へ移管)
広島県広島市中区紙屋町2丁目1番22号
1990年4月1日設立。
事業内容は清涼飲料の製造および販売。
缶に記載された英文
JAZZINN:THE NEW SOFT DRINK WITH THE ADULT TASTE.YOU'LL BE SURPRISED AT THE UNIQUE COMBINATION OF BLACK TEA AND CARBONATION.AND,THE LESS SWEET,LONG-LASTING FLAVOR OF CAREFULLY SELECTED INDIAN TEA LEAVES IS IRRESISTIBLY SATISFYING.YOU ALWAYS FIND IT JUST WITH YOU.JAZZINN:IT'S THE WHOLE NEW KIND OF SOFT DRINK.
JANコード
4902570167571 350mlアルミニウム缶
バリエーション
350mlアルミニウム缶、1.5リットルペットボトル、300~350ml位のワンウェイビン等。
商標登録
ジャズインおよびJAZZINNという名は、商標登録されていた。
出願日は「ジャズイン」が1990年4月3日、"JAZZINN"が1990年4月12日。
登録日はともに1992年8月31日だった。
権利者はニューヨークに本社のある"PepsiCo,Inc." 。
ただどちらも2002年8月31日に権利は消滅。
商標更新の出願はとられていない……。
最終生存確認場所
1993年3月末、広島県御調郡向島町(管理人による)。
8本のヒゲをもつ猫のマーク
jazzinn_05初期の缶には猫のマークはないらしい。
懐かしのプルタブ
ステイオンタブへ切り換わる直前の製品だった。
口金(タブ)が缶蓋に残り、環境を汚さない、ケガを防ぐという観点から、1991年頃より急速にステイオンタブへ移行していく。
「あきかんはくずかごに」
現在はリサイクルを奨励しているため、このマークもあまり見かけなくなった。
最後の一本
jazzinn_06管理人の手許に残る未開封の一本。
寿命が尽きるまで、半永久的に現状のまま保存します。
製造年月日は1991年12月11日。
同系統商品1 キリンビバレッジ G.G.Tea ティ・ソーダ
jazzinn_072003年4月1日(火)キリンビバレッジより、G.G.Tea(ゴゴティ)名で「ソプラノ・ピーチ」と「ティ・ソーダ」が発売される。
「ソプラノ・ピーチ」は紅茶飲料だが、「ティ・ソーダ」は炭酸の紅茶飲料。
飲んだ瞬間、確かに懐かしのジャズインの面影を感じた。
悪くはない。
ただオレンジ果汁と柑橘系の香りが加えられている点で、ジャズインとは隔たりがある。
テレビCMにはブリトニー・スピアーズを起用。
同系統商品2 リプトン ティーソーダ スパークル
jazzinn_082003年4月15日(火)リプトンから発売される。
リプトンブランドを持つ日本リーバと、サントリーによる共同開発商品。
2002年6月に静岡県で夏季限定発売されたもの。
期間限定での全国発売。
レモンティーに微炭酸を加えた味は、やはりジャズインを彷彿とさせる。
やや甘味が残り、ジャズインのような飲んだあとの爽快感に欠ける。
同系統商品3 ダイドードリンコ ミスティオ ティーソーダ
jazzinn_132003年3月3日(月)ダイドードリンコより発売される。
レモンティーを、ガスボリューム1.9という微炭酸水で割ったカフェスタイルの炭酸飲料という触れ込み。
世界三大銘茶と称される「ウバ」、「ダージリン」のブレンドを使用。
スパークル同様、レモンの風味が強く、ジャズインとは一線を画す。
同系統商品4 午後の紅茶 Special スパークリングレモン
jazzinn_14キリンビバレッジより“スペシャル”シリーズ第3弾として2006年7月18日(火)発売される。
炭酸紅茶飲料とはいえ、ジャズインとは似ても似つかぬ味。
紅茶の風味は薄くレモンが前面に出ているうえ、甘味が抑えられていてカラッとした口当たりが特徴。
賛否両論の味だが、個人的にはアルコール飲料と割ったら合いそうな気がした。
410mlペットボトルで140円(消費税抜き希望小売価格)。
同系統商品5 キリン 午後の紅茶 ティースパークリング (2009/12/27更新)
キリン 午後の紅茶 ティースパークリングキリンビバレッジより『午後の紅茶』シリーズのひとつとして2009年12月8日(火)に発売される。
ダージリン100%で、微炭酸のスパークリング紅茶というのが特徴。
私にとって、当記事コメント欄の情報が第一報となった。
味は、かなりジャズインに近い
炭酸飲料独特の甘さがいちばんに感じられるが、紅茶の風味が損なわれておらず絶妙。
410mlペットボトルで140円(消費税抜き希望小売価格)。
[参照記事]ジャズイン2世現わる
同系統商品6 伊藤園 TEAS' TEA ティースパークリング (2015/7/29更新)
伊藤園 TEAS'TEA ティースパークリング 伊藤園より『TEAS'TEA(ティーズティー)』シリーズのひとつとして2015年4月6日(月)に発売された。
コピーは、「紅茶の香りを高める炭酸の刺激 / アイスティーに炭酸を加えた、爽やかですっきりと心地よい紅茶のスパークリングです。」となっている。
カフェイン80%OFF。
紅茶の風味を残しつつ炭酸飲料として楽しめる味に仕上がっているが、やや甘みが口内に残る印象。
410mlペットボトルで140円(消費税抜き希望小売価格)。
懐かしいCM PEPSI JAZZ IN ジャズ・イン (2015/7/29更新)


ANOTHER STORY >>

フチ子写真集

コップのフチ子

温泉バージョンをすでに記事にしたので後追いになるが、「コップのフチ子」について一言二言。

コップのフチ子

もともと私のアンテナにはまったく引っかかっていなかったのだが、ある人の告白からその存在を知ることになった。
それほど気にもしないまま時は流れたのだが、ほどなくしてネットでこれのことか!?と思わせられる情報に触れたのだ。
コップや湯飲みの縁に乗せられていたのは、なんともとぼけたOL風女子の小さなフィギュアであった。

フチ子と呼ばれるその娘は、あるときはOLの格好をし、またあるときは浴衣姿だった。
たしかにこれは、この上なく癒しを与えてくれるものだった。

コップのフチ子 新色

2012年7月に、200円のガチャガチャ(カプセルトイ)のおもちゃとしてスタートしたフチ子は、その後バリエーションをいくつも増やしていった。
カラーを増やし、ポーズを増やし、ついには耳栓になるタイプやサッカー応援スタイル(300円)にまで手を広げていった。

第一弾の発売からわずか2年の間に、そのラインナップは20近くにまで膨れあがった。
各シリーズにおいて6~7種のフチ子がいるから、全部で100種を超えることになる。
文具やCDなどの関連商品まで含めれば、それはもう結構な数で、いまさら手を出してもコンプリートできるはずもない。

それでも、調べるほどに興味は深まっていくもので……。
この小ささと造形には十分の癒し効果があるし、1個200円だしとそれらしい理由をつけてとうとう禁断の世界へ足を踏み出してしまった。

コップのフチ子2(セカンド)

どうせならいちばんほんわかとしてリラックスモードのフチ子が欲しくなった。
それが、温泉バージョンである。

温泉バージョンはコップ付き箱入りタイプで500円(税抜き)とちょっとお高いが、その分作りが凝っている。
人目を忍んでガチャガチャを回しに行かなくていいというのも、初心者には敷居が低く感じられたのだ。

しかし、そこからは生来のコレクター魂が黙っているはずもなく、ガチャガチャでしか買えないバージョンだって当然欲しくなる。
でも2年間かけて20バージョン発売されてきたものが、いまもすべて残っているわけではないようで。
だからそれ以来、ガチャガチャが置いてある場所に足を運んでは、フチ子はいないか、まだまわしたことのないバージョンじゃないかと気になって仕方ない日々を送ることになった。

コップのフチ子 温泉

では、そもそもガチャガチャはどんなところに置いてあるのか?

子どもの頃、「スーパーカー」や「キン肉マン消しゴム」が欲しくて10円玉2枚を重ねて入れていたあの頃のガチャガチャが懐かしい。
駄菓子屋や商店の軒先に置かれていたこぢんまりとしたあの器械は、高額化に伴って大型なものに置き換わった。 では、いまどんな場所に置かれているのか。
何十年も興味を失っていた世界だ。
世相も変わったし、流通や小売りの形態も様変わりした。

日々の生活を思い出してみる。
家電量販店やゲームセンターならあるだろう。
ショッピングモールやホームセンターなどでも、エレベーターやエスカレーター周りで見た気がする。
スーパーマーケットも忘れてはいけない。
あと思いつくのは、ディスカウントストアとレンタルビデオ店くらいだろうか?

コップのフチ子 ULTRAS

じっさい機会を見つけてはいろいろ探し回ってみた。
エレベーターホールや店頭は、最重要チェックポイントだ。
しかし意外に、ゲームセンターにガチャガチャは少ない。
UFOキャッチャーはたくさんあっても、ガチャガチャはひとつもなかったりする。
それよりも、大型商業施設に子ども向けゲームコーナーを併設しているところでは、高確率で見つけることができた。
カプセルトイは、やはりゲーム関連商品ではなく、おもちゃの流通と関連が深いようだ。

ネットで探すと、バージョンコンプリートしたものをセットにして売っているのを見かける。
しかし、それを買おうとは思わない。
やはり、自ら訪れた先で、コインを入れ、ガチャガチャっとまわしてこそ得られる喜びがあるからだ。
フチ子のために身を粉にしてこその一期一会である。

コップのフチ子3(サード)

いま手元には、18体のフチ子が集まっている。

  • コップのフチ子 ブルー×3種4体
  • コップのフチ子 新色×4種4体
  • コップのフチ子2(セカンド)×3種3体
  • コップのフチ子 温泉×2種2体
  • コップのフチ子 ULTRAS×1種1体
  • コップのフチ子3(サード)×4種4体
 (2014年6月25日現在計18体)

[追加分]
  • コップのフチ子2(セカンド)×1種1体
  • コップのフチ子2(セカンド)ネイビー×3種4体
  • コップのフチ子2(セカンド)新色×2種4体
  • コップのフチ子 温泉×2種2体
 (2014年7月16日現在計29体)

[追加分2]
  • コップのフチ子 ネイビー×3種4体
  • コップのフチ子2(セカンド)ピーチ×3種4体
  • コップのフチ子3(サード)ネイビー×3種4体
 (2014年7月29日現在計41体)

[追加分3]
  • コップのフチ子 グレープ×3種4体
  • コップのフチ子 ULTRAS×3種3体
  • コップのフチ子 ハートのフチ子×1体
 (2014年8月6日現在計49体)

[追加分4]
  • コップのフチ子 TOWER RECORDS×1体
  • コップのフチ子3 フレッシュ×6種6体
 (2014年8月9日現在計56体)

[追加分5]
  • コップのフチ子 温泉バージョン カラーズ×1種1体
 (2014年9月2日現在計57体)

[追加分6]
  • コップのフチ子 モス×7種7体
 (2014年9月6日現在計64体)

[追加分7]
  • スイパラのフチ子×3種6体
  • コップのフチ子3 新色×3種4体
 (2014年9月22日現在計74体)

[追加分8]
  • コップのフチ子 ULTRAS×3種4体
 (2014年10月5日現在計78体)

[追加分9]
  • コップのフチ子 グレープ×3種4体
 (2014年10月9日現在計82体)

[追加分10]
  • コップのフチ子2×4種8体
  • コップのフチ子3 新色×1種1体
 (2014年10月13日現在計91体)

ひとつのバージョンにつき3~4回まわした。
それ以上まわすとコンプリートしたくなるし、そうするときりがないので自主規制である。

[追記]
自主規制による歯止め効かず、衝動的にフチ子増殖中。
ただしコンプリートを目指しているわけではない。
[ここまで]

[追記2]
きりがないので、これ以降は省略します。
[ここまで]

「An&Min」と「コップのフチのアイツ」バージョンは、まあ利用価値がないしかわいくないという理由で、ないものとした。

コップのフチ子 全員集合

シークレットタイプも当てたし、それなりにバリエーション豊かなフチ子が揃ったと思う。
遅れをとった分、これ以上バージョンを増やすのは正直難しいかもしれない。
数ばかり増やしてないで、いろんなシチュエーションで写真を撮ってみたいとも思う。

これからもしばらくはガチャガチャのありそうなところに吸い寄せられてしまいそうだ。
これがなかなか楽しいので、どうか街で私を見かけても放っておいていただけると幸いです。

リスト05 コップのフチ子
リスト05 コップのフチ子 - 奇譚クラブ

コップのフチ子 温泉 [追記しました]

フチ子 箱

箱を開けた瞬間、やばいものに手を出したと思った。

つい最近までこんなものが流行っているとは知らなかった。
いいわけめいているが、本当だ。

流行っているというのは正しくないかもしれない。
一部の人に受けていて、様々なバージョンが出て、TOKYO MXで実写版の冠番組「温泉のフチ子」が始まったという程度のことだ。

フチ子

実物を手に取ってみるまでは、パソコンラックや液晶モニタの上にちょこんと乗せられるものだと思っていたのだが、これは大きな勘違いだった。
何しろフチ子さんである。
コップの縁のような薄くて跨っていられる場所でないと、安定して置いておけるものではなかった。
まあ、いろんな格好をしたバージョンがあるので、体勢や捉まり方、座り方によって置き方はいろいろのようだ。

コップの縁以外の様々な場所に持ち出して、写真を撮ってはネットにアップロードして楽しむ人も多いらしい。
そうなるともっとたくさんのバージョンが欲しくなるし、ほかのキャラクターものと並べて楽しんだりもしたくなるんだろう。

フチ子 アップ

全国のおもちゃ屋や土産物店で買えるそうな。
ただ店頭で買うにはちょいと覚悟が必要だったので、今回はこれ1個を送料無料のところでネット注文した。

温泉バージョン以外は本来カプセルトイということで、ガチャガチャを回して手に入れるものらしいのだが……。
さてさて、どこに行けばお目にかかれるのだろうか?


リスト05 コップのフチ子、初の冠番組放送スタート
リスト02 コップのフチ子 - 奇譚クラブ
リスト02 コップのフチ子 温泉 - Facebook
リスト02 コップのフチ子 - Wikipedia


リスト 追記

コップのフチ子 ULTRAS

ひとりじゃ寂しかろうと思い、仲間を増やしてあげようと思った。
ショッピングセンターや家電量販店、ホームセンターを回ってやっと見つけ出したのは「コップのフチ子 ULTRAS」というシリーズだけだった。
勇気を出してガチャガチャにコインを投入、ゲットしたのがこれだった。
なんかアフロみたいでかわいくなかった……。

このままだと温泉バージョンをまた買ってしまいそうだなと思った。

PICASSO 「Shred Gear Rhapsody」

Shred Gear Rhapsody - PICASSO

発売1か月前に予約したのに、Amazonに放置されること10日。
ピカソのニューアルバム「Shred Gear Rhapsody」がやっと届いた。

まだ2日しか経っていないのに、何年も前から聴き込んでいるアルバムのようにも感じる。
それだけ聴き込んでいるということでもあるが、ピカソがもたらしてくれるノスタルジックなロックサウンドが健在である証だろう。

「いそしぎ」や「UQ」といった曲も、「Good-Bye」や「Shred Gear Rhapsody」といった新曲とともに1枚のアルバムにまとめられることで、こうも新しい色彩を放つものだろうか。

30年近く前からともに人生を歩んできたピカソが、今もこうして新しい音楽を発信し続けてくれていることに、ただただ感謝である。

リスト02 Shred Gear =PICASSO=
リスト02 PROJECT PICASSO



LIVE TOUR 2013 Close to you ~白い足あと~

昨年末のライブは先行発売に出遅れて行けなかったので、どうしても行きたかったライブ。
しかもなぜかかなり前方の席ということで、期待も大きい。

会場はお台場にあるZepp DiverCity (TOKYO)
出来てから1年しか経っていない施設の中なので、周辺とともに休日はかなり混んでいると聞く。
おまけに春休み中の日曜日である。
ダイバーシティの駐車場に入庫待ちの行列ができていることは、想像に難くない。
お値段もちょっと高めだ。

そこで最初に目を付けたのは、タイムズテレコムセンターだった。
曜日に関係なく最大料金が設定されている上に、パーク&ライドサービスで交通ICカードを併用すると割引が大きい。

潮風公園

しかし結果的には潮風公園の駐車場に停めた。
公営のわりには安くてダイバーシティにも近いので、混んでいて入れないだろうと思ったのだが、がら空きだったのだ。
天気が好くなかったおかげかもしれない。

ガンダム

とりあえず明るいうちにガンダムの写真を撮った。
以前潮風公園に立っていた時は見る機会がなかったので、しばしその迫力に圧倒される。

Zepp DiverCity (TOKYO)

ライブは、キーボード、バイオリン、ギターのシンプルな構成。
そのためかスタンディングの時間は短く、テンポもゆったりとしていて、聴き応えのあるライブだった。

恒例となった朗読、弾き語りに加えて、わざわざ事前に歌詞カードを配っての合唱も試みられた。
「贈る言葉」や「翼をください」のカバーは意外性もあって、個人的には結構楽しめた。

「春隣」や「春の風」を聴いていて思ったのは、熊木杏里には春をモチーフにした曲が結構あって、しかもどれもが心に染みいる素晴らしいものだ。

思えば初めて足を運んだライブも、春先に催されたタワーレコードでのインストアライブだった。
年末から春の終わり頃までマスクを愛用している身としては、マスク姿で熊木さんを見に行く機会が多くなるので、ひょっとしたら熊木さんにも「また来てるわ。あのマスクさん」とか思われてはいないだろうかと妄想してみる。
というのも、きょうのライブ会場内では、意外とマスクの着用者が少なかったのだ。
MCでもひとしきり話題にあげていたが、せっかくだから今度はマスクに文字でも書いてこようか。

ダブルアンコールまで楽しませてもらったが、何と言っても電撃発表に驚かされた。
いつかこんな日が来るだろうとは思っていたが、何となくタイミングとしては良い時期だったんじゃないだろうか。
入籍と妊娠。
びっくりはしたけど、なんか嬉しいよね。
そのあとに引退って言われたら少なからずショックだったろうし、しばらくは活動も控えめになるんだろうけど、子どもを産んでNEW熊木杏里としてまた戻ってきて欲しいと思う。

何よりも、ブログや公式サイトなんかで知るよりも、直接本人の口から聞けたのも良かった。
でも、いかにもこれから重大発表しますよって雰囲気で緊張している熊木さんを見ていて、こっちも相当ドキドキしたのは言うまでもない。

リスト05 ご報告|Warner Music Japan

nexus7

昨年の暮れにnexus7を買った。

もともとそんなにタブレットが欲しいと思っていたわけではなかったのだが、Googleから出るやつは7インチで2万円を切ると言うのでにわかに魅力を感じてしまったのだ。

nexus7_01 nexus7_02
縦 20センチ × 横 12センチ × 厚さ 1センチ

iPadは大きいし重いと聞く。
タブレットがなくてもスマホがあれば、それなりにパソコンの替わりになるらしい。
そんな風に漠然と考えていたところに、サイズも価格も手頃なタブレットが出ると聞いて、こいつを買った後の自分を想像してみた。

起動の遅いデスクトップのXPパソコンを使わなくても、nexus7なら移動も簡単でどこでも使える。
レコーダーで録画した動画をDLNAで転送できるので、ベッドでドラマが見られる。
Googleマップやストリートビューを、ベッドの中で確認できる。
ちょっとした調べ物や巡回サイトのチェックが、寝る前のベッドでできる。

いつか夢見た未来は、もうすぐそこまで来ていた。
ますます欲しくなった。

   ■

しかしいくら手頃な値段とは言え、衝動買いしてしまうような性格ではない。
事前にリサーチしている時間もまた楽しいものである。
入念に綿密に、どこで買うのが良いのかまで考えていたところに、店頭販売はないと思われていた16GBモデルがヨドバシに入荷したとの情報を得て、即座に買った。

せっかく安いタブレットを買ったので、アクセサリー類にはあまり金をかけないつもりでいたが、まあ液晶保護シートは必要だろう。

リスト PRO GUARD HD Professional Front film (PGAF-GN7) - マイクロソリューション

さらに初めてのAndroidということで、Windowsを初めて触った時のように分からないことだらけなので、ある程度系統立った知識を入れておきたいと思い、解説本も買った。

リスト Nexus 7 Perfect Manual - ソーテック社

これがまた使っているうちに愛着が湧いてくるもので、nexus7いじりながら寝ちゃってベッドから落下なんてことも十分に考えられるので、ケースも買ってしまった。

リスト Nexus7専用ソフトレザーケース PDA-TABNEX1BK - サンワサプライ

nexus7_03
手触り抜群

しかしこれで関連するアクセサリは十分だろう。
当分はこの態勢でいくつもりだ。
テザリングとか馬鹿なことを考えなければ……。

   ■

買ってからしばらくは忙しくてあまりいじれなかったけど、年末になってからOperaやSleipnirを入れてみたり、壁紙変えたり、無料のゲームアプリ入れたりして遊んでいた。
Androidスマホのセキュリティが問題になっている昨今、なぜユーザはいとも簡単に怪しいアプリをインストールしてしまうのだろうかと常日頃から思っていたガラケー使いの私は不思議でならなかったのだが……。
たしかにこれは入れちゃうね。
次から次へと。
無料だし、いざとなったらアンインストール、それでもダメなら初期化すればいいやと自分で自分に言い訳をしながら。

友人知人にこんなゲームがあるよと教えられれば、へーほーと感嘆しつつ深く考えもせずにインストール。
ひとしきり遊び終わると、また新たなアプリを探してはインストールインストールである。

   ■

結果として私のnexus7はいま、パズル端末と化している。
その昔、ペンシルパズルにはまっていたことを思い出してアプリを検索してみると、あるわあるわ。
かつて鉛筆片手に解いていたパズルだが、タッチパネルを備えた液晶端末との親和性が非常に高い。
さらっさらっと軽く指でなぞるだけで、線を引いたり消したりできる。
とくにはまっているのが、スリザーリンク四角に切れだ。

リスト スリザーパズル - Google Play リスト 四角に切れ(Rectangles) - Google Play
nexus7_04 nexus7_05

理詰めで解いていける感覚が、病みつきである。
自分でも意外なものにはまってしまった2013年の始まりであった。

もちろんベッドでドラマの夢も叶ってるけどね。

 | HOME |  古い記事に行く »

 

PIECE

tokufan

管理者 : tokufan
ウイスキーをちびちびと
プロフィール
過去のトップイメージ
管理者ページ
バナー
© 2002- TOKUFAN

Since 2002/04/10

新着記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

リコメンド

流通ニュース
上野優華 オフィシャルサイト
熊木杏里's Official Website
虚構新聞社
こよなく夜景を愛する人へ
サイエンス チャンネル
全国ロケ地ガイド
ソフトコレクション
ちょっと便利帳
東京アメッシュ
日本映画データベース
日本道路交通情報センター
日本標準時
Creazy!
everything is gone
iタウンページ
OnlineSoft VersionUp.info
PICASSO SITE
sunset terminal

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Template by たけやん